ニュース
» 2020年12月25日 08時45分 公開

扇子型の仕切りでオシャレに感染対策 随時折りたためて機能性も秀逸な「和扇」に注目

内装設計会社が飲食店のために開発。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 あるフードコートで採用されていた、扇子型の仕切りが秀逸なアイデアだと注目を集めています。必要に応じて開閉できる扇子型で、おしゃれさと機能性を併せ持つ感染対策に。



和扇 モダンな柄がいい感じ

和扇 2人がけしたいときなど、随時折りたたんでスペースにゆとりをとれます

 話題のきっかけとなったのは、keito2号機(@HsgcK2)さんのツイート。心斎橋OPA地下2階にあるフードコートの席間が、約270度まで開く扇子状の仕掛けで仕切られている様子を投稿したものでした。見た目も華やかなうえ、仲間内で座るときなどに折りたたむこともできていい感じ。


 この仕切りは、内装設計会社「船場(せんば)」が、飲食店などの飛沫感染対策用に開発した「和扇」。テーブルの下まで開いて座席までカバーできるほか、印刷次第で店舗の演出やイベント告知に役立てられるといった特長を備えています。開閉時の接触感染が心配との声もありますが、消毒液に耐性があるので対策はできそう。


ディスタンスのれん,紙・アクリル・クリアの、素材が異なる3タイプを用意

ディスタンスのれん JR東京駅の商業施設「グランスタ東京」で試験導入

 和扇は新型コロナウィルス感染症対策支援プロジェクト「SEMBA Innovation w/Corona(SIwCo)」から生まれた、同社初のプロダクト作品の一つ。8月にはJR東京駅「グランスタ東京」内の飲食店でも試験導入されています。ねとらぼ編集部は船場を取材し、詳細を聞きました。


―― 開発の経緯をお聞かせください

船場 当社は店舗内装の設計会社ですが、このコロナ禍で売り上げに苦しむ飲食店舗様に何かお役にたつことができないかを考えて企画しました。また、機能だけの飛沫防止策ではなく、店舗空間になじむデザインということで制作しております。

―― 試験導入した際の利用者の反応はいかがでしたか

船場 お1人でご利用されるお客様、特に女性のお客様からは、衛生面以外にも「パーソナルスペースが守られ、周囲を気にすることなく食事できる」とおほめのお言葉をいただいていると、導入施設である心斎橋OPA様より伺っています。

―― 設置場所は今後増える予定ですか

船場 その予定です。他の施設からも複数問い合わせがあり、全国の当社営業所に試作品を設置し拡散しています。随時場所に合ったデザインで対応する予定です。




 SIwCoでは和扇とともに、のれん型のパーティション「ディスタンスのれん」も選出。こちらも仙台市内の飲食店「うどん酒場 七右衛門」などに設置され、好評を博しているとのことです。


ディスタンスのれん ディスタンスのれん

ディスタンスのれん うどん酒場 七右衛門での導入事例。配された店のロゴなどが演出にも一役かっている

協力・画像提供:keito2号機(@HsgcK2)さん/船場




Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. めちゃくちゃ目立ちそう! 元俳優・成宮寛貴、ほぼ変装なしのディズニーシーに現れた姿がオーラだだ漏れ
  2. 尼崎市が全市民情報流出の会見でUSBのパスワード桁数を言ってしまいネット総ツッコミ 「情報セキュリティの教材か?」「やらかし重ねてるの面白かった」
  3. 1匹の子猫を保護すると……草むらから子猫の群れが! 助けを求める様に寄ってくる姿がいじらしい【米】
  4. 入院中の堀ちえみ、クレーム電話連発する“心ない人物”に苦悩 顔も知らない相手に「人生を阻まれてしまいます」
  5. よそ者には厳しい甲斐犬が、家族と認めた子柴犬を…… 全力で守る姿に「深い愛情に泣ける」「誠実さがかわいい」
  6. パパ、10時間ぶりの帰宅でワンコの感情が…… 大爆発!!→体当たりするゴールデンレトリバーがいとおしい
  7. YOSHIKI、母親の四十九日で生まれ故郷へ 喪服姿で悲しみを吐露「I miss my mother」
  8. 「私はどん底に居ました」 小林麻耶、妹・麻央さんの命日に思い吐露「真実を伝えるしかないと死を考えたことも」
  9. ちょっと窓を閉めただけで、ゴールデンレトリバーの表情が…… この世の終わりのようなお顔が抱きしめたくなる
  10. 柴犬が散歩中、ノラの子猫たちに囲まれて…… 迫力におされて全く進めない姿が応援したくなる

先月の総合アクセスTOP10

  1. 有料スペースに乱入、道具を勝手に持ち出し…… 関電工労組の関係者がキャンプ場でモラルを欠く行為、Twitterでユーザーが被害を投稿
  2. 「皆様のご不満を招く原因だった」栗山千明、“百万石まつり”の撮影禁止騒動を謝罪 観客は「感謝しかありません」
  3. ダルビッシュ有&聖子、14歳息子のピッチングがすでに大物 「球速も相当出てる」「アスリート遺伝子スゴい」
  4. 息子を必死で追いかけてきた子猫を保護→1年後…… 美猫に成長したビフォーアフターに「幸せを運んできましたね」の声
  5. 野口五郎、20歳になったピアニストの娘と乾杯 「娘はカシスソーダ! 僕はハイボール!」
  6. 「めっちゃ恥ずかしい」 平嶋夏海、魅惑の「峰不二子スタイル」で橋本梨菜とお色気ツーリング 「すごいコラボやなぁ」の声
  7. ニコール・キッドマン、ネットで酷評された“54歳の女子高生”スタイルの真相を語る 「何考えてたんだろう?」
  8. 坂口杏里さん、夫の鍛え上げた上腕に抱きつくラブラブ2ショット 「旦那は格闘技もやってるから、ムキムキ」
  9. 大家に「何でもしていい」と言われた結果 → 台所が隠れ家バー風に! DIYでリフォームした部屋の変化に驚きの声
  10. 猫にボールを投げた飼い主さん、“1時間全力謝罪”する事態に!? 顔面直撃した猫の表情に「笑っちゃいました」