ニュース
» 2020年12月28日 20時00分 公開

推しが突然兄になった! 毎日が“ファンサービスの過剰摂取”な漫画に主人公の命が心配になる (1/2)

1回ファンサもらっただけでもヤバいのに、それが毎日だなんて……。

[きんじょうめぐ,ねとらぼ]

 母親の再婚によって推しが家族になった女の子の漫画が、うらやましいを通り越して生命の危機を感じます。自宅に帰るとファンサが待ってるのは、けっこう大変かもしれない。

推し活 ファンサ アイドル 大好きな推しが突然家族になった……!?

 主人公の春ちゃんは母子家庭でも寂しいと思ったことはありませんでした。それは、推しである大人気DKモデルのノアくんのおかげ。ファンに笑顔を向けないし素っ気ない、塩対応で有名なノアくんですが、春ちゃんにとっては元気の源です。そんなノアくんが、突然の母の再婚により兄になりました。

推し活 ファンサ アイドル
推し活 ファンサ アイドル
推し活 ファンサ アイドル

 朝起きても推しが食卓にいる現実を飲み込めていないない状況で、食事の席は隣に。妹が自分のファンと知ったら嫌だろうし、女嫌いのウワサもあるノアくんにとってこの状況は苦痛なのではないかと、もんもんと考えていたら、ノアくんが席を立ちました。

推し活 ファンサ アイドル

 「おはよう」と椅子の背もたれ越しにバックハグ……! お父さん曰く「すまない。妹ができたから可愛くて仕方ないみたいだ」とのこと。塩対応のノアくんしか知らないので、神対応のノアくんに衝撃を受けてしまう春ちゃんでした。

 続く2話では家でもクールな推しの意外な一面を見せられ、3話では推しが眩しすぎて目を合わせられないのに推しの方から目を合わせようとされ、4話では兄らしく心配してくれる推しに直面することになります。兄のように振る舞おうとしてちょっとズレてる推しからの供給過多な日々に、春ちゃんの命が心配になってしまいます。

 読者からは多くの続編を望む声と共に、「この家の壁になりたい」「生きててくれてるだけで神対応」「我が家にもお願いしますっ」など、推しから間近でファンサを受けたい人たちからの声が届いています。

 作者は漫画家の隈浪さえ(@KMNM_S)さん。人の恋路を見守ることが趣味の殺し屋を描いた『殺し屋だって見守りたい』の第3巻が販売中です。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 嫌がらせ急ブレーキで追突 トラクターの進路を妨害した「あおり運転」ベンツ、ぶつけられたと運転手がブチギレ
  3. 猫「雪なんてへっちゃらニャー!」 雪の中を豪快に突き進む猫ちゃんに「ラッセル車みたい」「ワイルドかわいい」の声
  4. 「Lチキひとつ」 → 買った物をよくみると? コンビニで犯したありがちな間違いを描いた4コマに「あるある」「逆もある」
  5. 柴犬「きゃほほーーい!!」 初めての雪に“喜びが限界突破した”ワンコの駆け回る姿がかわいい
  6. 「ホント太るのって簡単!」「あっという間に70キロ」 内山信二の妻、夫に生活リズムを合わせた“ふとっちょ時代”公開
  7. ルーフから赤色灯がひょっこり 埼玉県警、スバル「WRX S4」覆面パトカー3台を追加導入!? Twitterにアップされた目撃情報が話題に
  8. 益若つばさ、YouTubeで12歳息子と共演 礼儀正しい振る舞いに「教育がちゃんとされてる」
  9. トップの座を奪われ……美大生が天才の編入生を刺し“殺す”漫画に「泣きそう」「同じ経験した」の声
  10. タイからバズーカ砲をかかかえたようなミニバイク「GUNNER50」が日本上陸 思わずキュンと来ちゃうやばいデザイン