ニュース
» 2020年12月28日 11時46分 公開

「ドラクエ3」RTAで見事世界記録が誕生し「ホットプレート」がトレンドに 解説「これがホットプレートの力です」→ そして焼肉へ…

どこから突っ込んでいいのか分からないけどおめでとうございます!

[ねとらぼ]

 2020年12月27日に行われた、RTA in Japan 2020のファミコン版ドラゴンクエスト3 何でもありRTA部門で、走者の一人“ひっしー”さん(@Hitsheegame)が見事22分07秒でゲームクリアに到達し、世界記録を更新しました。2020年に入って新たに発見された「電源ON/OFFバグ」を活用したもので、バグ結果をコントロールするための“ファミコン本体をホットプレートで暖める”という謎の儀式で開催前から注目を集めていた種目でした。



 今回使用された「電源ON/OFFバグ」とは、ゲーム開始後、王様に話しかけてセーブした後、すぐに電源をON/OFFすることで意図的にゲームデータを崩壊させられるというもの。詳しい手順は省略しますが、成功すれば最初からキャラクターのレベルが最大になったり、ゾーマ城への鍵となる「にじのしずく」を持った状態から始めたりすることができ、ゲーム開始直後からいきなりラストダンジョン直行といった大幅なシーケンスブレイクが可能になります。

 問題は「なぜそれでホットプレートが必要になるのか?」という点ですが、どうやらこのバグによって生成されるデータには「ファミコン本体による個体差」があることと、さらに「バグ発生時の温度が密接に関係しているらしい」ということがこれまでに判明しているため(温度によってメモリの揮発速度が変わるためと推測されていますが……すいません僕もよく分かりません。詳しくはピロ彦さんの解説エントリをどうぞ)。このため走者たちはまず「理想的なデータを引ける本体ガチャ」を乗り越え、さらに「理想的なデータを生成するための温度管理方法」をそれぞれ準備したうえで今回のRTAに臨んでいました。

 ちなみに、たまたま世界記録を達成したひっしーさんがホットプレートを使っていたというだけで、中にはネックウォーマーなどを使っていた人も。別にホットプレートが必須というわけではない……というか、そもそも本来の使い方ではないためくれぐれもご注意ください(あと温度管理に使っていただけで、別にファミコンを焼いていたわけではない)。



 今回のRTA in Japan 2020では、ばくぜろさん、ひっしーさん、ピロ彦さん、limeさんの4人がこの「何でもあり」ルールで、ファミコン版「ドラクエ3」のクリアに挑戦。

 上記の通りかなり運に左右されるルールですが、ひっしーさんはさらに特殊な方法を用いて、後期ROMでしか使えない「ノーエンカバグ(2コンのABを押しっぱなしにしていると敵が出現しなくなる)」を併用。最初こそバグの仕込みでやや出遅れましたが、その後は敵が出現しなくなったゾーマ城をスイスイ歩きながら一気にトップに迫っていきます。その一方で、序盤トップだったばくぜろさんは最初こそスムーズでしたが、中ボス戦で必要になる「メガンテ」を覚えていないことが途中で発覚。最終的にはひっしーさんがばくぜろさんを追い抜き、開始から14分30秒ほどで見事ゾーマ撃破に成功しました(タイマーストップはエンディング後なのでもう少し後)。

【追記】※当初ひっしーさんの追い上げについて「エンカウントに恵まれた」と説明していましたが、ノーエンカバグ使用によるもの(もちろんレギュレーションの範囲内)だったため説明を修正いたしました


ドラクエ3RTA 開始2分でいきなりバグりまくる画面

ドラクエ3RTA 13分半でゾーマ戦突入へ(右上がひっしーさん)

ドラクエ3RTA 14分半でゾーマ撃破!

 最大の更新ポイントとなった「電源ON/OFFバグ」が公のRTAイベントで使われたのは恐らく初で、「温度管理」という謎の儀式はもちろん、バグの副作用による画面崩壊、わずか4分半でのゾーマ城突入などなど、これまでのRTAでは見られなかったカオスな光景の数々に、コメント欄では終始困惑やツッコミの声があふれる形に。世界記録達成が確認されると、解説からも「これがホットプレートの力です」という謎発言が飛び出し、一時はTwitterのトレンドに「ホットプレート」が入ったりもしました。

 ちなみに優勝したひっしーさんはその後、使用したホットプレートで配信中にそのまま肉を焼き始め、さらなる視聴者の困惑を誘うという一幕も。これがロトのホットプレートか……。


ドラクエ3RTA 使い終わったホットプレートで肉を焼き始めるひっしーさん

 RTA in Japan 2020は12月27日から12月31日まで開催中で、この後も「ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルド」の30分クリアや、いろんな意味で今年話題になった「ファイナルソード」のバグあり1時間クリアなどが予定されています(開催スケジュールはこちら)。



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2201/24/news081.jpg 「めっちゃ痩せててびっくり」「尊敬しかない」 ガンバレルーヤ、1カ月半で“22キロ減”の別人ショットに反響
  2. /nl/articles/2201/25/news024.jpg 「抱っこされる時のおててが可愛すぎる」 猫ちゃんが両前足をおなかの上でそろえる姿にもだえる人続出
  3. /nl/articles/2201/25/news097.jpg 「かつみ・さゆり」さゆり、美肌極まる“ナチュラルメイク”姿に反響 「本当に奇跡の50代」「めっちゃ綺麗!!」
  4. /nl/articles/2201/25/news036.jpg 【漫画】妻から夫へ「私が100回言っても聞かないのに他人が言うと一発」 夫婦の会話の攻防に「いいね100万回押したい」
  5. /nl/articles/2201/25/news093.jpg 工藤静香、愛犬バブルが腕の中で天国へ 病魔と闘い抜いた家族との別れに「辛過ぎますが愛している証」
  6. /nl/articles/2112/21/news078.jpg 和田アキ子、“美人で有名”なめいっ子と偶然再会 芸能人並の顔立ちにファン沸く「きれい」「かわいい」
  7. /nl/articles/2201/25/news110.jpg トンガに物資を運ぶ自衛隊員の“ステキなアイデア”にジーンとくる…… 「お疲れ様です」「泣けてきました」と称賛の声
  8. /nl/articles/2201/25/news177.jpg 犬の散歩中に野生のコヨーテに遭遇! 米俳優、とっさの行為が「愛犬家の鑑」「スーパーヒーロー」と称賛
  9. /nl/articles/2201/24/news035.jpg 「みんなのパピー時代見せて」 愛犬のかわいい写真を投稿→ぶっこまれたオチが「この破壊力w」と爆笑を巻きおこす
  10. /nl/articles/2201/25/news145.jpg 競泳・池江璃花子、ヘアカットでばっさりショートに 抗がん剤治療後のくるくるヘアにも「可愛い」の声

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」