ニュース
» 2020年12月29日 17時30分 公開

2020年最後の大作から感じる「ウィッチャー3」からの進化と“苦い伝統” 「サイバーパンク2077」プレイレビュー(1/3 ページ)

あっ! これウィッチャー3でやったやつだ! を感じてほしい。

[コンタケ,ねとらぼ]

 2020年12月10日、年の瀬に1本の大作ゲームソフトが発売されました。その名は、「サイバーパンク2077(以下「サイパン)」。ゲームメディアに限らずさまざまな場所で語られているこのタイトルは、興味がなくても名前ぐらいは目にしたという人も多いでしょう。


サイバーパンク2077 ウィッチャー3 V ゲラルト プレイレビュー 何かとお騒がせな「サイバーパンク2077」(画像はPlayStation Storeから)

 サイパンがいかに大きな期待の中発売されたのかや、何がすごいのかなどについてはすでに各所で散々に語り尽くされローチ(同開発社の前作「ウィッチャー3」の馬)の重量袋が破裂しそうな勢いなのでここでは多くを語りません。今回は、プレイしていて感じた“ウィッチャー3を思い出す感じ”について語っていきたいと思います。


サイバーパンク2077 ウィッチャー3 V ゲラルト プレイレビュー 前作「ウィッチャー3」。名作である(画像はAmazon.co.jpから)

 なお、筆者は前情報ほぼ0でプレイを開始し、トチ狂って最初から難易度ベリーハードを選んだ上にかなりじっくりねっとりプレイしているため、ストーリーはあまり進んでいません。プレイ環境はPC版でGTX1080、i7-6800K、メモリ16GB。フルHDのグラフィック「高」設定でFPS30弱〜60弱程度。ざっくり言って、PS4ProとPS5の間ぐらいの環境のはずです。

サイパンとは何者なのか

 レビューの前に、軽くソフトの概要を。サイパンはポーランドのゲーム開発会社CD Projekt REDが開発したアクションRPG。タイトル通りサイボーグ手術などが一般化した2077年のサイバーパンクな世界を舞台に、さまざまな仕事をこなし生きる通称「V」の生き様を描きます。

 最大の特徴は広大なオープンワールドマップで、近未来のハイテクな街「ナイトシティ」を極めてリアルかつ美麗なグラフィックスで表現し自由に歩き回れる点。ゲーム中はほぼ一人称視点で進むのですが、未来の街を歩いているような気分に浸れます。


サイバーパンク2077 ウィッチャー3 V ゲラルト プレイレビュー 自宅から出たところ。すごい臨場感である

 また、とある事情から、ナイトシティの荒廃ぶりはかなりのもの。最悪としか表現のしようのない治安の悪さとなっているため、未来の都市でありながら撃ち合いは日常茶飯事となっており戦闘には事欠きません。その荒廃ぶりたるや、「ファイナルファイト」のメトロシティと同程度、もしくは「北斗の拳」3歩手前レベルです。マジで「火炎放射器持ったモヒカン」的なやつがゴロゴロ街を歩いておりその手のマニアは歓喜に打ち震えることでしょう。


サイバーパンク2077 ウィッチャー3 V ゲラルト プレイレビュー 愉快なナイトシティの住人たち。YouはShock!

サイバーパンク2077 ウィッチャー3 V ゲラルト プレイレビュー どういう髪形だ

サイバーパンク2077 ウィッチャー3 V ゲラルト プレイレビュー ムッキムキ

アイテム回収という“業(ごう)”

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2104/15/news108.jpg 【まさかアレルギーじゃないと思ってた】先生に言われるまで気付かなかった、午後の体育の授業で現れる“食べ物のアレルギー”
  2. /nl/articles/1807/15/news002.jpg キングオブ深夜バス「はかた号」に乗ってきた! 所要14時間、日本一長い距離を走る高速バスは「何がいい」のか
  3. /nl/articles/2105/17/news035.jpg 猫ちゃんが必死に飼い主の腕をハグ! 猫のヤマダくんのかわいすぎる動画に心が自動回復する
  4. /nl/articles/2105/17/news123.jpg 【お仕事楽しい】入社まもない新入社員に「私には同じこと何回聞いてもいいからね」と耳打ちしてまわる“悪い先輩”が現れる
  5. /nl/articles/2105/18/news026.jpg 子猫がホカホカな枕にしがみついてすやぁ…… 動物病院で教えてもらった“子猫の保温術”が簡単で役立ちそう
  6. /nl/articles/2105/13/news122.jpg 小学生テンバイヤーのモラル皆無なお仕事漫画が悔しいけど面白い 「転売を憎む作者」が描く転売の本質
  7. /nl/articles/2105/18/news109.jpg 「本当、表情豊かで可愛い」 元あいのり桃、息子の“きれいな一重まぶた”に愛情あふれる
  8. /nl/articles/2105/17/news032.jpg 【漫画】「スカートって女しか履いちゃいけないの?」 性別不詳の教頭先生、興味津々の子どもたちに問いかけた一言が考えさせる
  9. /nl/articles/2105/18/news038.jpg 【お仕事楽しい】父に「仕事やばみンゴwww」って相談したら的確すぎるアドバイスが返ってきた
  10. /nl/articles/2105/17/news132.jpg たったの7000円!? 激安「モトコンポ」を買ったらミイラが届いた 衝撃的な写真がTwitterで話題に