ニュース
» 2020年12月29日 17時30分 公開

2020年最後の大作から感じる「ウィッチャー3」からの進化と“苦い伝統” 「サイバーパンク2077」プレイレビュー (1/3)

あっ! これウィッチャー3でやったやつだ! を感じてほしい。

[コンタケ,ねとらぼ]

 2020年12月10日、年の瀬に1本の大作ゲームソフトが発売されました。その名は、「サイバーパンク2077(以下「サイパン)」。ゲームメディアに限らずさまざまな場所で語られているこのタイトルは、興味がなくても名前ぐらいは目にしたという人も多いでしょう。


サイバーパンク2077 ウィッチャー3 V ゲラルト プレイレビュー 何かとお騒がせな「サイバーパンク2077」(画像はPlayStation Storeから)

 サイパンがいかに大きな期待の中発売されたのかや、何がすごいのかなどについてはすでに各所で散々に語り尽くされローチ(同開発社の前作「ウィッチャー3」の馬)の重量袋が破裂しそうな勢いなのでここでは多くを語りません。今回は、プレイしていて感じた“ウィッチャー3を思い出す感じ”について語っていきたいと思います。


サイバーパンク2077 ウィッチャー3 V ゲラルト プレイレビュー 前作「ウィッチャー3」。名作である(画像はAmazon.co.jpから)

 なお、筆者は前情報ほぼ0でプレイを開始し、トチ狂って最初から難易度ベリーハードを選んだ上にかなりじっくりねっとりプレイしているため、ストーリーはあまり進んでいません。プレイ環境はPC版でGTX1080、i7-6800K、メモリ16GB。フルHDのグラフィック「高」設定でFPS30弱〜60弱程度。ざっくり言って、PS4ProとPS5の間ぐらいの環境のはずです。

サイパンとは何者なのか

 レビューの前に、軽くソフトの概要を。サイパンはポーランドのゲーム開発会社CD Projekt REDが開発したアクションRPG。タイトル通りサイボーグ手術などが一般化した2077年のサイバーパンクな世界を舞台に、さまざまな仕事をこなし生きる通称「V」の生き様を描きます。

 最大の特徴は広大なオープンワールドマップで、近未来のハイテクな街「ナイトシティ」を極めてリアルかつ美麗なグラフィックスで表現し自由に歩き回れる点。ゲーム中はほぼ一人称視点で進むのですが、未来の街を歩いているような気分に浸れます。


サイバーパンク2077 ウィッチャー3 V ゲラルト プレイレビュー 自宅から出たところ。すごい臨場感である

 また、とある事情から、ナイトシティの荒廃ぶりはかなりのもの。最悪としか表現のしようのない治安の悪さとなっているため、未来の都市でありながら撃ち合いは日常茶飯事となっており戦闘には事欠きません。その荒廃ぶりたるや、「ファイナルファイト」のメトロシティと同程度、もしくは「北斗の拳」3歩手前レベルです。マジで「火炎放射器持ったモヒカン」的なやつがゴロゴロ街を歩いておりその手のマニアは歓喜に打ち震えることでしょう。


サイバーパンク2077 ウィッチャー3 V ゲラルト プレイレビュー 愉快なナイトシティの住人たち。YouはShock!

サイバーパンク2077 ウィッチャー3 V ゲラルト プレイレビュー どういう髪形だ

サイバーパンク2077 ウィッチャー3 V ゲラルト プレイレビュー ムッキムキ

アイテム回収という“業(ごう)”

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 嫌がらせ急ブレーキで追突 トラクターの進路を妨害した「あおり運転」ベンツ、ぶつけられたと運転手がブチギレ
  3. 猫「雪なんてへっちゃらニャー!」 雪の中を豪快に突き進む猫ちゃんに「ラッセル車みたい」「ワイルドかわいい」の声
  4. 「Lチキひとつ」 → 買った物をよくみると? コンビニで犯したありがちな間違いを描いた4コマに「あるある」「逆もある」
  5. 柴犬「きゃほほーーい!!」 初めての雪に“喜びが限界突破した”ワンコの駆け回る姿がかわいい
  6. 「ホント太るのって簡単!」「あっという間に70キロ」 内山信二の妻、夫に生活リズムを合わせた“ふとっちょ時代”公開
  7. ルーフから赤色灯がひょっこり 埼玉県警、スバル「WRX S4」覆面パトカー3台を追加導入!? Twitterにアップされた目撃情報が話題に
  8. 益若つばさ、YouTubeで12歳息子と共演 礼儀正しい振る舞いに「教育がちゃんとされてる」
  9. トップの座を奪われ……美大生が天才の編入生を刺し“殺す”漫画に「泣きそう」「同じ経験した」の声
  10. タイからバズーカ砲をかかかえたようなミニバイク「GUNNER50」が日本上陸 思わずキュンと来ちゃうやばいデザイン