ニュース
» 2020年12月30日 09時55分 公開

いちご&大福がとっても密です! 伊豆の新名物「ソーシャルディスタンス大福串」がむしろぎゅうぎゅうでおいしそう

名前の由来は串の長さ。

[関口雄太,ねとらぼ]

 いちご・バウムクーヘン・大福を順々に貫いた豪華なスイーツ串がTwitterで紹介され話題です。その名も「ソーシャルディスタンス大福串」。

いちごや大福を全長45センチの串にセット 「ソーシャルディスタンス大福串」がおいしそう

 独特なネーミングと見た目の全長45センチの食べ歩きスイーツ。5つのいちごに、バウムクーヘンと大福4個を貫いた豪華なセットで、「むしろ密では」と心配になるくらいぎゅうぎゅうな見た目です。

 「長い串でソーシャルディスタンスを保って食べられる」という声が出ているように、名前の由来は串の長さにあるのでしょう。これだけ長ければ距離を保ったまま「あーん」と食べさせられるかも?

いちごや大福を全長45センチの串にセット 「ソーシャルディスタンス大福串」がおいしそう 距離をとって食べさせられる

 商品を販売するのはいちご専門店「いちごBonBonBERRY 伊豆の国factory」。「いちご大福串」「いちごアメ串」など、かわいらしいスイーツが人気のお店です。

いちごや大福を全長45センチの串にセット 「ソーシャルディスタンス大福串」がおいしそう 単品ショートサイズもあります

 紹介ツイートの投稿者は作家の岸田奈美(@namikishida)さん。車椅子のお母さんに贈り物をした経緯を書いた記事「全財産を使って外車買ったら、えらいことになった」が国内外で注目を集めました。

いちごや大福を全長45センチの串にセット 「ソーシャルディスタンス大福串」がおいしそう 画像提供:岸田奈美(@namikishida)さん

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.