ニュース
» 2020年12月30日 17時55分 公開

カラー、「エヴァ」二次創作ガイドラインの補足文を公開 「規制・禁止するものではない」「ファン同士の取締りは最も望まない」

一人一人にガイドライン【本文】を読んでほしいと呼びかけ。

[福田瑠千代,ねとらぼ]

 カラーは12月30日、同社が28日に公開した「『エヴァンゲリオン』シリーズのファン創作物の公開に関するガイドライン」について、「一部分だけが切り取られ、意図が歪んで伝わってしまっている」として、補足文を公開しました。

※ねとらぼで12月28日12時31分に掲載した記事において当初、ガイドラインが厳格な禁止事項を含むかのように誤解を与える表現がありました。記事は同日14時10分に修正済みです。あらためてファンおよび作品関係者の皆様にお詫び申し上げます(ねとらぼ編集部)


 補足文では前提として、ガイドラインがファン活動やその内容を含め【規制・禁止】するものではないと強調。

 あくまで安心してファン活動を楽しんでもらうため公開したものであり、あえて解釈に曖昧な部分を残しているのは、自由な活動をなるべく阻害したくないからだと説明。その上で、「少し難しいことですが、一人一人で【本文】を読んでいただき、しっかり考えていただいた上で、ご自身の責任をもって活動を続けていただきたいと思います」と伝えています。


 また締めくくりとして、「ファン同士のコミュニティの中で相互の取締りをされることは、私たちが最も望まないこと」であるとも。「エヴァ」シリーズが25年間、ファンコミュニティの盛り上がりと共にあっただけに、カラーとしてもファン活動に自粛ムードが広がるのが本意ではないことが伝わってきます。

 なお、28日に公開されたガイドラインは、基本的に個人が無償で作品を公開するためのもの。既報の通り、カラーでは「ファンアートの販売・製品化に関するルール」についても検討中です。そちらは同人誌や同人グッズなどもフォローしたルールになると見られ、続報が待たれます。


カラーが公開した補足文

先日発表した『エヴァンゲリオン』のファン創作物についてのガイドラインについて、その一部分だけが切り取られ意図が歪んで伝わってしまっていると感じるので、少し補足したいと思います。

まず、このガイドラインはファン活動をその内容含め【規制・禁止】するものではありません。

私たちは、ファン活動は作品への好意や支援の気持ちから発生するものだと信じていますし、長い間ファンの皆さんに支えていただきました。

過去に遡っても、私たちは既存のファン活動を【規制・禁止】をしたことは一度もありません。

そして、これからもその姿勢や考えは変わりません。

ファン活動をしている皆さんに、安心して楽しんで頂くための基本方針が必要と考え、公開したものです。

解釈にあえて曖昧な部分を残しているのは、ファンの皆さんの自由な活動をなるべく阻害したくないという思いからです。

少し難しいことですが、一人一人で【本文】を読んでいただき、しっかり考えていただいた上で、ご自身の責任をもって活動を続けていただきたいと思います。

いくつかお問合わせもいただいていますが、原則としてこのガイドラインの解釈運用について個別にお返事することはありません。

ファン同士のコミュニティの中で相互の取締りをされることは、私たちが最も望まないことです。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 嫌がらせ急ブレーキで追突 トラクターの進路を妨害した「あおり運転」ベンツ、ぶつけられたと運転手がブチギレ
  3. 猫「雪なんてへっちゃらニャー!」 雪の中を豪快に突き進む猫ちゃんに「ラッセル車みたい」「ワイルドかわいい」の声
  4. 「Lチキひとつ」 → 買った物をよくみると? コンビニで犯したありがちな間違いを描いた4コマに「あるある」「逆もある」
  5. 柴犬「きゃほほーーい!!」 初めての雪に“喜びが限界突破した”ワンコの駆け回る姿がかわいい
  6. 「ホント太るのって簡単!」「あっという間に70キロ」 内山信二の妻、夫に生活リズムを合わせた“ふとっちょ時代”公開
  7. ルーフから赤色灯がひょっこり 埼玉県警、スバル「WRX S4」覆面パトカー3台を追加導入!? Twitterにアップされた目撃情報が話題に
  8. 益若つばさ、YouTubeで12歳息子と共演 礼儀正しい振る舞いに「教育がちゃんとされてる」
  9. トップの座を奪われ……美大生が天才の編入生を刺し“殺す”漫画に「泣きそう」「同じ経験した」の声
  10. タイからバズーカ砲をかかかえたようなミニバイク「GUNNER50」が日本上陸 思わずキュンと来ちゃうやばいデザイン