ニュース
» 2021年01月03日 11時00分 公開

現実の「将棋電王戦FINAL」に着想を得た映画「AWAKE」 モヤモヤが残る対局に付けたもう1つの“決着”(2/4 ページ)

[ヒナタカ,ねとらぼ]

 山田監督は予算のことなどはまったく考えず、実際の電王戦FINAL・第5局をベースに、将棋ソフトウェアAWAKEを開発した巨瀬亮一氏のバックグラウンドを参考にしつつも、その他はほぼ全てフィクションとして自由に台本を書いていったという。そのため、取材をすることもほとんどなく、登場人物は名前も含め架空のものとなり、その性格や環境も空想のままに作っていたのだそうだ。

「将棋電王戦FINAL」に着想を得た映画「AWAKE」が、あのモヤモヤに決着をつけた理由 (C)2019「AWAKE」フィルムパートナーズ

 こう書くと、実際の出来事や人物へのリスペクトに欠いているように思われるかもしれないが、そんなことはない。山田篤宏監督は、棋電王戦FINAL・第5局について、「AIのAWAKEが勝ったら、人間の棋士の存在理由がないという危機感があった」「阿久津八段の葛藤などが見え隠れしたので、その濃密なドラマを映画にしたいと思った」と語っており、その複雑な感情を、とある“想い”が濃密に表れた物語へと、見事に昇華しているからだ。

 実際の電王戦FINAL・第5局がどういう決着をしたのかについては、知らない方にも先入観なく見てほしいので、ここではあえて書かない。だが、その対局は当時のネットユーザーや将棋ファンの間で物議を醸しており、非常に「モヤモヤ」の残るものであった、ということだけは告げておこう。

 そんなモヤモヤに対して、この映画は見事な“決着”をつけており、そこには思いもよらない感動があったのだ。

 実際にはモヤモヤが残ってしまった対局である電王戦FINAL・第5局について「こういう解釈があったのか」「こういう想いがあったのか」と、さらに熟考することで、本作がさらに奥深い、素晴らしい“意味”を持たせた物語であることが、きっと分かるだろうから。ぜひ、結末を見届けた後はじっくりと反すうしたり、一緒に見た人と「どういう意味を持つか」話し合ったりしてみてほしい。


3:将棋が分からなくても楽しめるメリハリのある演出

 本作は、「将棋のルールが全く分からなくても楽しめる」映画である、ということも強調しておきたい。

 前述した通り、本作は「夢を諦めた後にかつてのライバルと対決する」というドラマの側面が大きいため、将棋を知らなくても物語は問題なく理解できる。それでいて厳しい“奨励会”の世界や、関係者たちの心情も説明的になりすぎない程度に盛り込まれているという、親切設計がされていた。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  2. 「チコちゃん」マナー講師が炎上で、エガちゃんの株が上がってしまう 「エンタメの見本」「エガちゃんはやっぱり偉大」
  3. 「だめだお腹痛い」「大爆笑しました」 榎並大二郎アナ、加藤綾子に贈った“ガチャピン人形”が悲惨な姿になってしまう
  4. ジャガー横田、愛車・BMWが高速手前でエンスト 九死に一生も原因不明の故障に「新車でまだ一年半なのに…」
  5. 「志摩スペイン村」微塵も人がいないのに突如トレンド入り 「にじさんじ」周央サンゴの“正直すぎるレポ”で話題に
  6. キンコン西野、“勝手に出された婚姻届”にまさかの展開 証人欄にはお世話になっている「森田一義って名前が」
  7. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の所属コミュニティーが声明 商標権の完全放棄を要求
  8. 中村江里子、174センチの長女&181センチの中学生長男に驚く声 「足ながっ!!」「モデルになれそう」
  9. 「志摩スペイン村」がトレンド入り→公式ホテルの予約が急増とさらなる展開へ 広報「すごいことが起こっているぞと思った」
  10. 華原朋美、デザイン手掛けた黒ミニドレスを披露 「本当に痩せて綺麗になって」「全てが可愛すぎました」と反響