ニュース
» 2021年01月03日 11時00分 公開

現実の「将棋電王戦FINAL」に着想を得た映画「AWAKE」 モヤモヤが残る対局に付けたもう1つの“決着”(3/4 ページ)

[ヒナタカ,ねとらぼ]

 さらに、山田篤宏監督は劇中に大きく登場する3回の対局の描き方に、明確なバリエーションをつけている。具体的には、最初の子ども同士の対局は「役者の顔と盤面を交互に映す」という従来の将棋の映画と同様の演出をしている。これにより、盤面の状況を映しながらも役者の表情を捉えることで、二重に勝負の優劣を示すことができている。

 2つ目のタイトル戦(棋神戦)では、そのプロ棋士の対局と並列するように、AIと大学の将棋サークルとの対局もカットバックしながら描写している。さらに、そこに大盤解説場での棋士の解説の映像を挿入するという、テクニカルな編集がなされている。

 そして、クライマックスの対局では、途中から「主人公であるはずの吉沢亮の顔がほとんど映らない」という演出をしている。これは、山田監督の「『顔勝負』にはしたくなかった」「最後の1手に見ている人たちの意識が向かうように計算していたから」という意向によるもの。役者の表情を映さなかったことで、むしろ最後の一手がどちらに転ぶのかが分からなくなる、緊張感のある演出になっているのだ。

「将棋電王戦FINAL」に着想を得た映画「AWAKE」が、あのモヤモヤに決着をつけた理由 (C)2019「AWAKE」フィルムパートナーズ

 このように、それぞれの対局でメリハリのある、工夫に工夫が凝らされた演出がされているため、全く飽きることがなく、将棋を知らなくても画(え)の力でも存分に楽しめるという、エンターテインメントとしての間口をさらに広げることに成功している。

 クライマックスの対局は「将棋指しロボット」が1日しかレンタルできなかったこともあり、スケジュールがギチギチの中で急ピッチで撮影していたらしい。将棋中継の映像、天井からの画も必要だったため、そのカット数は膨大。撮影後にスタッフと役者たちはヘトヘトに疲れ果てていたのだとか。その苦労のかいのある白熱の対決の様子は、ぜひスクリーンで見届けてほしい。

4:吉沢亮の笑顔に注目!

 本作は若手俳優陣の演技も実に素晴らしい。吉沢亮は自ら体重を増量し、姿勢や歩き方、夢中になると眼孔を大きく見開くなど、孤独だった元・棋士でありプログラマーの“変人”ぶりを見事に表現している。彼が時折見せる豊かな表情と、繊細なしぐさを見れば、その変人ぶりも含めて彼のことが大好きになれるはずだ。

 対して、そのライバルとなる若葉竜也は、吉沢以上にセリフが少ないにもかかわらず、わずかな表情の変化、静かな佇まいなどで、天才としての孤独と葛藤を体現していた。彼は「指し手(駒を置くときの手つき)を完璧にする」という個人的な目標を掲げていたそうで、その努力は「本物のプロ棋士に見える」という形で結実していた。

 その他、2人の主人公よりもクセの強い大学の先輩を、落合モトキが楽しそうに演じているのも見逃せない。「ムチャクチャな性格に見えるが、どこか憎めない」という彼の度が超えた変人っぷりが、より映画を豊かにしている。

「将棋電王戦FINAL」に着想を得た映画「AWAKE」が、あのモヤモヤに決着をつけた理由 (C)2019「AWAKE」フィルムパートナーズ

 さらなる注目は、主演の吉沢が「心からの笑顔を見せる瞬間」だ。というのも、山田監督は本作を「主人公が執着を捨てていく、徐々に人間になっていく物語でもある」と考え、最初のシーンからずっと吉沢に「笑わないで」という注文をしていたそうだ。そのため、大学生活のシーンなどで、吉沢は笑ったとしても、それは少し歪んだ笑顔になっている。

 そんな吉沢演じる主人公が、どのような時に心からの笑顔を見せるのか……に注目してほしい。そこには、さらなる感動が、間違いなくある。

ヒナタカ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2205/09/news144.jpg 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  2. /nl/articles/2205/23/news131.jpg ジャガー横田、愛車・BMWが高速手前でエンスト 九死に一生も原因不明の故障に「新車でまだ一年半なのに…」
  3. /nl/articles/2205/23/news105.jpg キンコン西野、“勝手に出された婚姻届”にまさかの展開 証人欄にはお世話になっている「森田一義って名前が」
  4. /nl/articles/2205/23/news025.jpg モッフモフの大型犬と娘が「すやぁ……」 大きなワンコに包まれ、添い寝する光景に「幸せな時間」の声
  5. /nl/articles/2205/22/news047.jpg Blenderで作ったパンケーキがなんかおかしい 作者も「なぜ…」と困惑するナゾ挙動に「電車で吹いた」「一生笑ってる」の声
  6. /nl/articles/2205/23/news128.jpg ドワンゴ、「ゆっくり茶番劇」商標問題への対応策発表 商標権の放棄交渉や独占防止のための「ゆっくり」関連用語の商標出願
  7. /nl/articles/2205/23/news119.jpg 神田うの、元『プチセブン』モデルたちと“同窓会”ショット ほしのあき、SHIHOらが集合「豪華な顔触れ」
  8. /nl/articles/2110/24/news050.jpg 庄司智春、愛車ダッジ・チャレンジャーが廃車に ガソリンスタンドで炎上、ボンネットから発煙し「やばい」
  9. /nl/articles/2205/22/news043.jpg まるで神隠し 「じいちゃん家の近くに捨てられてる」と道路脇で無造作に放置された名車がTwitterで話題
  10. /nl/articles/2012/15/news104.jpg ポーランド警察、子猫さんを逮捕 許可なくパトカーに乗り込み、警察業務をスリスリで妨害した疑い 飼い主に名乗り出るようFacebookで呼びかけ

先週の総合アクセスTOP10

  1. 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  2. 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  3. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  4. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の代理人が謝罪 「皆様に愛されている商標であることを存じておらず」「爆破予告については直ちに通報致しました」
  5. YOSHIKI、最愛の母が永眠 受けた喪失感の大きさに「まだ心の整理ができず」「涙が枯れるまで泣かせて」
  6. 「ディ、ディープすぎません?」「北斗担、間違いなく命日」 “恋マジ”広瀬アリス&松村北斗、ラストの“濃厚キスシーン”に視聴者あ然
  7. 有吉弘行、上島竜兵さんへ「本当にありがとうございますしかなかった」 涙ながらの追悼に「有吉さんが声を詰まらせるとは」
  8. 岩隈久志、高校卒業式でドレスをまとった長女との2ショットが美男美女すぎた 「恋人みたい」「親子には見えません」
  9. キンコン西野、勝手に婚姻届を出される 「絶対コイツなんすよ」“妻になりかけた女性”の目星も
  10. 子猫のときは白かったのに→「思った3倍柄と色出た」 猫のビフォーアフターに「どっちもかわいい!」の声