ニュース
» 2021年01月05日 19時00分 公開

数学テストの難敵「動く点P」が具現化 線分ABの呪縛を逃れ自由に走る姿が愛おしい (1/2)

試験であんなに苦しめられたアイツが、なぜかかわいい。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 数学の図形問題で受験生に立ちふさがるおなじみの概念「動く点P」が、有志の手で具現化されてしまいました。いつもの線分ABから脱走し、鯉をながめたり「R」のフリをしたり、自由を満喫しています。


動く点P いつもの線分ABを動いていると思ったら……

動く点P 点P「俺は自由だ!」

動く点P 物思いにふける点P

動く点P うまくオーダーできるかな……とちゅうちょしていそうな点P

動く点P 横断幕の「FUTURE」にまぎれて「R」に偽装する点P

 投稿主はTwitterユーザーのアルゴンらんぷ(@Argon_halide)さん。お掃除ロボをラジコンに改造し、スチレンボード製の「P」と、ポールの引き出し線を加えて「点P」に仕上げています。

 自由奔放に動く点Pの姿には、「世の中高生のために、もう動かないで」といった声が上がる一方、「愛着がわいた」という人も。概念のままでは「難問」のイメージでしかない点Pも、実体を持つとかわいらしく見えるのかもしれません。

動画提供:アルゴンらんぷ(@Argon_halide)さん

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.