ニュース
» 2021年01月07日 07時30分 公開

仕事が忙しくて趣味の時間がなくなった結果…… 大人になっても「好きなこと」を持ち続ける大事さ描いた漫画に共感(1/2 ページ)

好きなものの楽しみ方を忘れないようにしたい。

[林美由紀,ねとらぼ]

 忙しくて余裕がなくなり、「好き」なことが分からなくなってしまった体験談を描いた漫画が心に刺さります。作者は漫画家でイラストレーターの竹内絢香(@ayakatakeuchi56)さんです。


好きを好きであるために04 趣味を楽しめなくなってしまった体験談

 昔から本や映画が好きだった竹内さんですが、就職後、平日は残業に追われ、休みの日は何もせず体力を温存する生活が続いてしまい、好きなことに没頭する時間がほとんど取れませんでした。


好きを好きであるために01


好きを好きであるために02

 その結果、少し時間ができた頃には、映画を見に行こうと思ってもどの映画を見たいのか分からなくなっていました。読書も目が滑るばかりで、活字を読む力の衰えを感じたといいます。好きなことでも長く離れていると「楽しむ力」が弱まってしまうのかなと思った、と竹内さんは振り返っています。


好きを好きであるために03

 その後、好きなことを続けることで「楽しむ力」が戻ってきたという竹内さん。趣味や好きなことおろそかにせず、意識して大切にしようと思うようになったといいます。忙しくても好きなものを諦めないためには心身の健康が大切だともつづっています。

 忙しいときや心に余裕がないときには、好きなことすらできなくなってしまう……。誰しも経験したことがあるのではないでしょうか。好きなことをしていれば、気力ややる気も湧いてくるので、忙しさにかまけておざなりにせず、「好き」を大切にしていきたいものですね! あらためて心が満たされることの大切さを感じました。

 読者からは「仕事に追われたりして忙しいと、気がつくと趣味や好きだったことが何かわからなくなって、空いた時間とかにどうしていいか分からなくなります」「すんごいわかります!!!!いま、改めて、楽しむ力を培おうとしてたので、背中押されました!」など共感するコメントが寄せられています。

 竹内さんはTwitterでイギリスや心身の健康をテーマにしたコミックエッセイを投稿。「無理してがんばる自分」を諦めることで生きるのが楽になった経験を描いたエッセイ漫画『がんばらなくても死なない』が販売中です。

画像提供:竹内絢香(@ayakatakeuchi56)さん


       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」