ニュース
» 2021年01月07日 17時35分 公開

ワンカップでおなじみの日本酒「大関」がミニチュアフィギュアに! 酒盛り気分が味わえる本格仕様に注目

船まで作っているあたりに本気を感じる。

[織部弓槻,ねとらぼ]

 青いラベルのワンカップでおなじみの日本酒「大関」が、ミニチュアフィギュアになりました。カプセルトイなどの製造を手掛けるケンエレファントが、酒造メーカーの大関とコラボして、「SAKE ミニチュアコレクション 兵庫 灘五郷(なだごごう) 大関編」を製造。2020年12月下旬から、全国のカプセルトイ売場やホビーショップなどで販売しています。販売形態はカプセルトイとブラインドボックス型の2種類です。


大関

 大関は、兵庫県屈指の酒造エリア「灘五郷」(なだごごう)で、300年以上酒を造り続けてきた酒造。その正式な許諾を得て本商品が誕生しました。なお、ケンエレファントは以前に月桂冠とコラボした「SAKE ミニチュアコレクション」を販売しており、今回はシリーズ第2弾となります。


大関

 ラインアップは、大関の代名詞ともいえる「上撰 金冠ワンカップ」をはじめ、とっくり、一升瓶、樽に、大関の発展に大きく貢献した樽廻船を加えた全5種類。価格は400円で、カプセルトイは税込、ブラインドボックスは税別価格となります。ミニチュア好きはもちろん、日本酒好きにもたまらない逸品です。


大関

 日本酒に「いつでも、どこでも」という携帯性を持たせたカップ酒のパイオニア「上撰 金冠ワンカップ」は、1964年の発売以来、愛され続けるロングセラー商品。そのミニチュアである「上撰 金冠ワンカップ/ホテイフーズ やきとりたれ味」は、ロゴをはじめ、特徴的なラベルや、キャップに書かれた注意書きも忠実に再現しています。さらにおつまみとして、ホテイフーズコーポレーションの缶詰「やきとり たれ味」が付属。ボールチェーン付きなので、本物のワンカップ同様にどこへでも持ち歩くことができます。


大関

 「徳利/猪口/佃煮」は、日本の伝統文様である矢羽根をデザインしたとっくりとちょこのセット。ちょこの底面には、実物同様に大関のロゴが入っています。付属の「カキのつくだ煮」と組み合わせることで、晩酌気分を楽しめます。


大関

 「上撰 金冠一升瓶」は、清酒大関の特徴である、香り高く、切れ味が良く、飲み飽きしない「旨酒」が味わえる定番酒。「上撰 金冠一升瓶/グラス」はミニサイズでありながら、キャップ部分に「大関」のロゴを再現しています。ラベルにデザインされている大関の企業ロゴ・通称「綱マーク」はもちろん、ラベルに印字された細かい文字のプリントにも注目です。付属のグラスと並べて飾りましょう。


大関

 「上撰 金冠菰冠木樽詰/枡」は、祝いの席や、祭事などで振る舞われる菰(こも)の酒樽とますのセット。酒樽の上部のフタの部分を木づちでたたいて取り外し、酒を酌み交わす「鏡開き」をイメージしたアイテムです。樽の香りがすがすがしく、贈答品としても人気の一品を、細部までこだわって再現しています。お正月飾りに追加したくなりますね。


大関

 「樽廻船」は、江戸時代、灘五郷から江戸に酒を運んだ船をミニチュアフィギュア化したもの。当時は酒銘「万両」として親しまれていた大関の酒は、今津の港から樽廻船で江戸まで運ばれていました。その上質な味に加え、陸路よりもはるかに良い鮮度が保たれることから、「灘の下り酒」として大人気に。高級なお酒として重宝されていたそうです。江戸時代に大関ブランドを広く知らしめた、同社の長い歴史を感じさせるアイテムです。


大関

大関

※「ワンカップ」は大関株式会社の登録商標です。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2110/21/news155.jpg 伊藤かずえ、13年間ともにした愛車とお別れ 総走行距離は14万キロ超で「今まで本当に有り難う」と感謝
  2. /nl/articles/2110/21/news173.jpg だって安室ちゃんがついてる! 中川翔子「この写真を見れば生きていける」1枚が100人力どころじゃない頼もしさ
  3. /nl/articles/2110/22/news092.jpg ROLAND、“両サイドの巻き髪”が強い新ヘアに賛否 称賛の一方で「あぁ金髪ローランドが恋しい」との声も
  4. /nl/articles/2110/22/news077.jpg つるの剛士、10年前の家族ショットに時の流れ実感 “このころ影も形もない次男”にしみじみ「今年は七五三」
  5. /nl/articles/2110/20/news095.jpg 「これはガチ長所」 採血で発覚した思わぬ長所を描いた漫画が「うらやましい」と話題に
  6. /nl/articles/2110/21/news013.jpg カリスマ美容師が子猫をスタイリングした結果…… 笑撃の仕上がりが電車の中で見てはいけないやつ
  7. /nl/articles/2110/22/news028.jpg 「あなた一日中家にいるの? はー…シンドイ」→妻が不機嫌になった意外な理由 “ちょっと怖い妻”の漫画がおそろしくかわいい
  8. /nl/articles/2110/21/news050.jpg 「攻殻機動隊」タチコマの“コスプレ”がすごい完成度 人が乗れて走ってアームも動く!
  9. /nl/articles/2110/21/news010.jpg “新人猫の受け入れに精魂尽き果てた管理職の猫です” あおむけで脱力寝する姿に「おつかれさま」「昇給してあげて」と励ましが集まる
  10. /nl/articles/2110/22/news094.jpg ガンダム作中の食事を再現したメニューがガンダムカフェに登場 「連邦軍の配給食」「アーガマ艦内食」など

先週の総合アクセスTOP10

  1. 葉月里緒奈、美人な元マネジャーと“再会2ショット” 「共演した俳優さん達は私ではなく彼女を口説いてました」
  2. docomo×進撃の巨人キャンペーンの商品「リヴァイ兵長フィギュア」が悲惨な出来だと話題に → 公式が謝罪「対応方法を検討しております」
  3. 有吉弘行、妻・夏目三久との“イラストショット”を公開 蛭子能収からのプレゼントに「下書きも消さずにうれしい!!」
  4. 「印象が全然違う!」「ほんとに同じ人なの!?」 会社の女性に勧められてヘアカットした男性のビフォーアフター動画に反響
  5. 梅宮アンナ、父・辰夫さんの看板が黒塗りされ悲しみ 敬意感じられない対応に「残酷で、余りにも酷い行為」
  6. 子猫が、生まれたての“人間の妹”と初対面して…… 見守るように寄り添う姿がキュン死するほどかわいい
  7. 工藤静香、バブルの香り漂う33年前の“イケイケショット” ファンからは「娘さんそっくり」「ココちゃん似てる」
  8. 板野友美、エコー写真とそっくりな娘の顔出しショットを公開 ぱっちり目の美形な姿に「こんな美人な赤ちゃん初めて見た」
  9. 後藤晴菜アナ、三竿健斗との2ショット写真で結婚を報告 フジ木村拓也アナ、鷲見玲奈アナからも祝福のコメント
  10. 「とりあえず1000個買います」 水嶋ヒロ、妻・絢香仕様の“白い恋人”に財布の紐が緩みまくる