ニュース
» 2021年01月09日 13時00分 公開

レスポからほっこり「クラシック・プー」デザインが登場! 落ち着いたカラーと機能性が魅力のディズニーコレクションです

用途によって選べる多彩なバリエーション。

[谷町邦子,ねとらぼ]

 米国のバッグブランドLeSportsac(レスポートサック)が、ディズニーの「クラシック・プー」との共同企画アイテムを発表。1月13日から、公式オンラインストア全国レスポートサックストアで販売予定です。


レスポートサックコラボ 機能的なバッグに、クラシカルなプーと仲間たちがデザインされています

 コレクションのテーマは「フレンドシップ」。プーさんや、ロバのぬいぐるみイーヨーなど、100エーカーの森の仲間たちとクリストファー・ロビンが、原作の挿絵を描いたE.H.シェパード氏によるクラシカルなタッチで描かれています。


レスポートサックコラボ テーマは「フレンドシップ」。ひとつ、ひとつのデザインから物語が感じられそうです

 デザインは数多くのシーンの挿絵を額縁に収めた「クラシック・プー デニム」、プーや仲間たちの日常をセリフとともに散りばめた「クラシック・プー フォレスト」、手紙を書くシーンを集めた「クラシック・プー レターズ」、物語の一場面を大胆に描く「Special Item」の4種類。


レスポートサックコラボ 生地の風合いがブルーデニムのような「クラシック・プー デニム」は、左から「キャリアー バックパック」(2万4000円)、「ヨーク サッチェル」(1万6500円)、「デラックス ミディアム ウィークエンダー」(2万3500円)など全19展開


レスポートサックコラボ 「クラシック・プー フォレスト」は、左から「クラシック ホーボー」(1万7500円)、「クイン バッグ」(1万円)、「ダブル トラブル バックパック」(2万4000円)など全17展開。「Nobody could be uncheered by a balloon」(風船をもらってよろこばない人はいないよ)など物語の名ゼリフも散りばめられています


レスポートサックコラボ 「クラシック・プー レターズ」は「コスメティック クラッチ」(4200円)、「ダニエラ クロスボディ」(9000円)、「エリーゼ ホーボー」1万8000円の全13展開。背景にはヴィンテージ風の便箋がデザインされています


レスポートサックコラボ Special Itemの「エメラルド トート」(1万円)は、(左)「You ‘re a real friend」、(右)「‐Winnie the Pooh‐」の全2種


レスポートサックコラボ Special Itemのポーチ「スクエアー コスメティック」は、(左)「‐Classic Pooh‐ Friends」(3700円)、「‐Don‘t Worry Pooh‐」(3500円)の全2種

 アイテムラインアップは、旅行などにも便利な定番のボストンバッグ・ウィークエンダーのほか、日常使いしやすいポーチなどの小物までさまざま。

 軽く機能的なLeSportsacのアイテムと、プーさんのやさしい雰囲気のデザインが合わさったアイテムは、日本限定発売のコレクションとなっています。

※価格は全て税別

(谷町邦子 FacebookTwitter

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2105/08/news030.jpg 「子猫がとうとうトイレまでついてくるようになった」 甘えん坊な子猫ちゃんが“絵画のように美しい”と話題に
  2. /nl/articles/2105/09/news005.jpg まだ生後5カ月の子犬が……人間サイズでデカモフ! ホワイトシェパードの成長っぷりが想像を超えてくる
  3. /nl/articles/2105/09/news021.jpg 「シュール笑いの構成が完璧」 滑り台を撮影した5秒の動画に50万“いいね”、「違う、お前じゃない」のツッコミ続出
  4. /nl/articles/2105/09/news006.jpg 「秋葉原駅で降りると思われた屈辱!」 オタクな殺人犯の動機が繊細過ぎる漫画が一部の人の心に刺さる
  5. /nl/articles/2105/08/news035.jpg 「良い味出してる」「すんごい欲しい」 目を離したら「うわぁっ!」っとなるカップ麺の蓋ストッパーが話題に
  6. /nl/articles/2105/09/news020.jpg 在宅勤務中、玄関から物音が→まさかの犯ニャンに驚愕! 必死にドアを開けようとする近所の猫ちゃんが目撃される
  7. /nl/articles/2105/08/news012.jpg 猫「おこたしまったんすか……(悲)」 こたつ大好き猫ちゃんと片付けたい母の駆け引きを描いた漫画に笑ってしまう
  8. /nl/articles/2105/07/news100.jpg スタバやドトールの「コーヒー1杯の値段に対する気持ち」を表した図に共感の声 味にこだわらない人はこう思ってる?
  9. /nl/articles/2105/09/news023.jpg オリラジ藤森、“笑顔のかわいいマネジャー”とびちゃんに高級車を購入 ファンは「絶対彼女より大切になってる」
  10. /nl/articles/2105/08/news001.jpg イジメられっ子がトラックにはねられ転生、かと思いきや…… 幽霊となって逆襲する漫画『死んでから本気出す』