ニュース
» 2021年01月10日 20時00分 公開

「キアヌ投げ飛ばした」「火だるまは得意」などパワーワード連発のドキュメンタリー 女性スタントの活躍描く映画「スタントウーマン」レビュー(1/3 ページ)

公開中のドキュメンタリー映画「スタントウーマン ハリウッドの知られざるヒーローたち」はパワーワード連発だった。

[ヒナタカ,ねとらぼ]

 1月8日より、「スタントウーマン ハリウッドの知られざるヒーローたち」が公開されている。

「火だるまは得意」「キアヌを投げ飛ばしたわ」などパワーワード連発なドキュメンタリー映画「スタントウーマン」の魅力 (C)STUNTWOMEN THE DOCUMENTARY LLC 2020

 本作はその名の通り、アクション映画を支えてきた女性スタント、「スタントウーマン」の活躍にスポットライトを当てたドキュメンタリーだ。その評価はすこぶる高く、米映画批評サービスのRotten Tomatoesでは驚異の100%の支持率を達成している。実際の中身も、まずは「映画ファン必見」の、とんでもなく面白い内容であるということを告げておこう。さらなる具体的な魅力を、以下よりお伝えしていく。

「スタントウーマン」予告編

1:撮影裏で連発する名言や武勇伝

 本作は、予告編の時点で強烈なワードがめじろ押しだ。「車に撥(は)ねられる練習は…実際にはねられるしかない」「火だるまは得意」「キアヌ(・リーブス)を投げ飛ばしたわ」……実際の本編では少し字幕の表現は変わっていたりもするが、ニュアンスはほぼそのままである。

 その他にも有名な映画の撮影裏、というか「一歩間違えば大ケガか、または死ねる」な逸話をたくさん聞くことができる。例を挙げるのであれば、「マトリックス リローデッド」で「バイクの後ろに人を乗せて最高で145キロ出したり、実際にトラックから飛び降りた」とか、「トータル・リコール」(1990)でアーノルド・シュワルツェネッガーに投げ飛ばされた揚げ句に監督に「激しく投げられていると顔が違うのは分からないんだ」と解説されるとか、「インディー・ジョーンズ/魔宮の伝説」での「ゴムボートで12メートルも滑って川に落ちたが救命胴衣のおかげで助かった」などなど、1つ1つがとにかく強烈だ。

「スタントウーマン」本編映像 「トータル・リコール」撮影秘話

 スタントウーマンたちが放つ言葉もまた、1つ1つが名言の域に達している。「車に当たる脚に体重をかけてなければ、簡単に体が浮く」「格闘はダンスみたいなものよ、夢中になって引き込まれる」「ムチ打ちや脳震とうはいつものこと。氷が最良の友よ」などなど、知られざる彼女たちのプロとしての矜持、そして才能と努力がここまでのアクションを作り上げたのだと、感銘を受けられまくるだろう。

 個人的に特に衝撃的だったのは、実際の本編で事故のシーンが使われているという「バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2」のエピソードだった。これはもう、実際に見てほしいとだけ言っておく。

 とにかく、「スタントウーマン ハリウッドの知られざるヒーローたち」は、「あの有名アクション映画の撮影裏のヤバいエピソードを知れる」というだけでも面白い内容だ。他にも、「キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー」や「キル・ビルVol.1」や「スピード」におけるスタントウーマンたちのエピソードもものすごいので、これらの作品ファンにもぜひ見ていただきたい。

「火だるまは得意」「キアヌを投げ飛ばしたわ」などパワーワード連発なドキュメンタリー映画「スタントウーマン」の魅力 画像はYouTube公式予告編より/(C)STUNTWOMEN THE DOCUMENTARY LLC 2020

2:女性スタントの歴史で分かってくること

 次々にスタントウーマンたちの「武勇伝」が語られる本作だが、ハリウッドの黎明期から続く、女性スタントの歴史、その雇用の問題も言及されている。

 例えば、1970年台には災害パニック映画が人気で、女性スタントの需要を増やしたりもしたのだが、安全策もないまま危険な役をやっていたり、女性の役を男性スタントが務めることも多かったのだという。

 実際に、スタントパフォーマーたちの世界には”Wigging”という言葉があるそうだ。これは、女性の役のスタントをカツラ(ウィッグ)をつけた男性スタントが務める事を指している。これまでもベテランの女性スタントからは“Wigging”がは女性の雇用機会を奪うものであると声が上がり、その結果として映画産業におけるスタントウーマンという地位を作り上げてきたという歴史があるという。

「火だるまは得意」「キアヌを投げ飛ばしたわ」などパワーワード連発なドキュメンタリー映画「スタントウーマン」の魅力 画像はYouTube公式予告編より/(C)STUNTWOMEN THE DOCUMENTARY LLC 2020

 劇中では「男性スタントが女装する時に力不足を感じる。だからトレーニングに力が入る」「誤解や偏見をなくしたい」などといった、スタントウーマンたちからの、自らの地位向上や、女性だからこその働き方について語る場面もある。そして、この映画もまた、彼女たちの技術や努力に裏打ちされた、スタントウーマンの認知そのものを、世間に訴えかけている。

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2105/07/news100.jpg スタバやドトールの「コーヒー1杯の値段に対する気持ち」を表した図に共感の声 味にこだわらない人はこう思ってる?
  2. /nl/articles/1705/18/news140.jpg 「秋頃に母になる予定です」 元競泳選手・田中雅美、再婚&妊娠を報告
  3. /nl/articles/1911/28/news078.jpg 「10代には見えない」「オーラが違います!」 アンミカ、約30年前の“バブリーショット”が圧倒的な大人っぽさ
  4. /nl/articles/2105/08/news035.jpg 「良い味出してる」「すんごい欲しい」 目を離したら「うわぁっ!」っとなるカップ麺の蓋ストッパーが話題に
  5. /nl/articles/2105/08/news004.jpg 猫がお風呂で熱心に湯もみをするワケは…… お湯をペロッとする姿に「楽しそう」「かわいすぎる」の声
  6. /nl/articles/2105/08/news007.jpg 「好きです」「彼女に立候補します」アピールし続けて2年 押しが強い女の子がかわいい漫画にキュンとなる
  7. /nl/articles/2105/07/news106.jpg ジョージ・クルーニーの行き過ぎブラピ愛「食べているだけで最高なんだ」 チャリティー寸劇が「笑い死ぬ」「映画を作って」と反響
  8. /nl/articles/2011/13/news037.jpg 【漫画】「アレクサ!! ゲゲゲのチョク(曲)かけてっ」 子どものリクエストにアレクサが応えた結果が予想外
  9. /nl/articles/2105/07/news093.jpg 千原ジュニア、所ジョージの贈り物に感激「こんな素敵な歳の貰い方したい」 粋な心遣いに「全てがカッコいい」と称賛の声も
  10. /nl/articles/2105/03/news021.jpg 賀来賢人、写真週刊誌による“子どもの盗撮”に警告 「私は本当に怒ります」「もうやめてくれませんか?」