ニュース
» 2021年01月12日 13時51分 公開

「どう森」きぬよさんが56センチの特大サイズで現実世界に! 作者に制作のこだわりを聞いた

元気な関西弁で話しかけてくれそう。

[だいごろう,ねとらぼ]

 特大スケールになった「エイブルシスターズ」の三女・きぬよさんが広場でお店を出していると「どうぶつの森」ファンを沸かせています。島の中でも外でも仕立て屋さんができる!?


きぬよさん

 きぬよさんは、「どうぶつの森」シリーズの仕立て屋「エイブルシスターズ」を切り盛りするハリネズミのキャラクター。Twitterに投稿されたきぬよさんは、身長約56センチほどの手作りの模型ですが、後頭部の青いトゲやオレンジ色のホッペ、絶妙なグラデーションによるアイボリーの手足、緑のチェックのエプロンなど、色味と質感を完全に再現しています。「CGかと思った」とリプライが寄せられるほど高いクオリティーで、今にも「おおきに、またどーぞ!」と声をかけてくれそうな存在感です。


きぬよさん

きぬよさん

 製作期間約5カ月の力作、特大きぬよさんを制作したのはイノイエシンさん(@ShinShin_ino)。こだわった点や大変だった点を伺うと、きぬよさんの特徴であるトゲの再現にこだわっており、大きいサイズで作ったため、自立する強度を保つのが大変だったといいます。 

 材料は本体部分の石粉粘土、トゲのフェルトのほか、発砲スチロールなども使用しているとのこと。初めに、金属製のボルトで骨組みを作り、発砲スチロールで大まかに成形したところに、石粉粘土をつけていきながら形にしたそうです。ゲームからそのまま飛び出してきたかのような質感は、表面がスベスベになるまでヤスリがけをし、色がちゃんと出るようにムラなく塗装の重ね塗りをして表現しています。


きぬよさん

 最期に、きぬよさんを選んだ理由を尋ねると、「一番好きなキャラクターだからです」と答えていました。撮影された写真からもきぬよさんへの愛がこもっているのが感じ取れます。

※画像提供:イノイエシンさん(@ShinShin_ino



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 嫌がらせ急ブレーキで追突 トラクターの進路を妨害した「あおり運転」ベンツ、ぶつけられたと運転手がブチギレ
  3. 猫「雪なんてへっちゃらニャー!」 雪の中を豪快に突き進む猫ちゃんに「ラッセル車みたい」「ワイルドかわいい」の声
  4. 「Lチキひとつ」 → 買った物をよくみると? コンビニで犯したありがちな間違いを描いた4コマに「あるある」「逆もある」
  5. 柴犬「きゃほほーーい!!」 初めての雪に“喜びが限界突破した”ワンコの駆け回る姿がかわいい
  6. 「ホント太るのって簡単!」「あっという間に70キロ」 内山信二の妻、夫に生活リズムを合わせた“ふとっちょ時代”公開
  7. ルーフから赤色灯がひょっこり 埼玉県警、スバル「WRX S4」覆面パトカー3台を追加導入!? Twitterにアップされた目撃情報が話題に
  8. 益若つばさ、YouTubeで12歳息子と共演 礼儀正しい振る舞いに「教育がちゃんとされてる」
  9. トップの座を奪われ……美大生が天才の編入生を刺し“殺す”漫画に「泣きそう」「同じ経験した」の声
  10. タイからバズーカ砲をかかかえたようなミニバイク「GUNNER50」が日本上陸 思わずキュンと来ちゃうやばいデザイン