ニュース
» 2021年01月13日 12時00分 公開

【漫画】初めてのテレパシー仲間ともしもリアルで会うことになったら…… ネットのオフ会みたいな展開に「かわいい」「続きが読みたい」の声 (1/2)

異能者同士の「初めてのオフ会」。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 “心”を通して語り合えるテレパシー能力者(テレパス)たちが直接会って話す瞬間は、ある意味「オフ会」。そんなシチュエーションを描く漫画「テレパシーした相手と会ってみた話」が、Twitterで好評です。


アイキャッチ 語調から相手の姿を想像して、いざ会ってみた結果は……?


 主人公のテレパス男子は、初めて同じ能力者を学校で見つけてウキウキ。持て余していた能力を駆使し、授業中に相手と雑談して楽しんでいます。


1P

 ある日の話題は好きな漫画。「バトルシーンが最高でよぉ!」と相手が激しめの作品を挙げれば、主人公は「それ人が死ぬやつだぁ」と、おとなしめに反応。2人はおすすめし合ううちに、漫画本を貸し借りする約束をしました。

 テレパシーで仲良く話しているとはいえ、直接会うのは初めて。相手の語調からアニキ肌の男性が来ると想像して、主人公が待っていると……。


2P

3P

4P 色で惑わされそうになりますが、フキダシの向きはピンクのほうが主人公、青いほうが相手を指しています

 待ち合わせ場所に現れたのは、小柄な女の子なのでした。ネットのオフ会でもたまにある、性別の誤認に初めて気付くやつ〜!!

 ネットに通ずるところがあって、「能力」を身近に感じるこの漫画は、「フォロワーさんとリアルで会ったときに起こる現象」「最後まで女の子がテレパシーで話してるのが好き」などとさまざまな反応を呼びました。「そうか、テレパシーが相手の声として聞こえるとは限らないのか」と、感心する声もみられます。



 作者の小城徹也(@kojotetuya)さんは、ももいろクローバーZ公式漫画『ももプロZ』を手がける漫画家。Twitterでは「アイドルにガチ恋した40歳の話」「推しが娘になる話」など、アイドルファンを軸にした作品を展開しています。



作品提供:小城徹也(@kojotetuya)さん



       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 嫌がらせ急ブレーキで追突 トラクターの進路を妨害した「あおり運転」ベンツ、ぶつけられたと運転手がブチギレ
  3. 猫「雪なんてへっちゃらニャー!」 雪の中を豪快に突き進む猫ちゃんに「ラッセル車みたい」「ワイルドかわいい」の声
  4. 「Lチキひとつ」 → 買った物をよくみると? コンビニで犯したありがちな間違いを描いた4コマに「あるある」「逆もある」
  5. 柴犬「きゃほほーーい!!」 初めての雪に“喜びが限界突破した”ワンコの駆け回る姿がかわいい
  6. 「ホント太るのって簡単!」「あっという間に70キロ」 内山信二の妻、夫に生活リズムを合わせた“ふとっちょ時代”公開
  7. ルーフから赤色灯がひょっこり 埼玉県警、スバル「WRX S4」覆面パトカー3台を追加導入!? Twitterにアップされた目撃情報が話題に
  8. 益若つばさ、YouTubeで12歳息子と共演 礼儀正しい振る舞いに「教育がちゃんとされてる」
  9. トップの座を奪われ……美大生が天才の編入生を刺し“殺す”漫画に「泣きそう」「同じ経験した」の声
  10. タイからバズーカ砲をかかかえたようなミニバイク「GUNNER50」が日本上陸 思わずキュンと来ちゃうやばいデザイン