ニュース
» 2021年01月13日 07時30分 公開

娘の「どれにしようかな♪」の続きが知っているのと違った! 時代や地域で変わる、子どもの数え歌 (1/2)

どれにしようかな、神様の言う通り……。

[林美由紀,ねとらぼ]

 娘が保育園で覚えてきた「どれにしようかな」の歌の続きが思っているのとちょっと違っていた話を描いた漫画がほっこりします。作者はかたくりこ / katakrico(@katakrico)さん。


どれにしようかな01 娘さんが歌った「どれにしようかな」の歌が思っていたのと違っていた話

 ある日、娘さんが保育園で覚えてきた「どれにしようかな」の歌を歌っているのを聞いていたかたくりこさん。


どれにしようかな02


どれにしようかな03

 娘さんの「ど・れ・に・し・よ・う・か・な か・み・さ・ま・の・い・う・と・お・り」との歌い出しを聞いて、ハッとします。この後って「鉄砲撃ってバン・バン・バン」という物騒な歌詞だったのでは……。ドキドキするかたくりこさんでしたが……。


どれにしようかな04

 娘さんが続けて歌った歌詞は「ぷっぷく・ぷーの ぷっぷっぷっ」。……な、何らかの配慮がなされている! と、なんだか拍子抜けしてしまったかたくりこさんだったのでした。

 数え歌や童話、言葉遊びなどは、意外と大人がハラハラしてしまう言葉が含まれていることがありますが、時代に沿って言葉が変わったりしていることもあるのかもしれません。「おべんとうばこのうた」も歌詞の一部が変わっていたり、サンドイッチバージョンができていたりしますよね。地方によっても歌詞が変わるのは興味深いです!

 この漫画の読者からは「地元だと“もひとつおまけにバンバンバン みかんの皮がむけたかな 赤白黄色”」「“あべべのべのべ ひよこの赤ちゃん生まれたよ”でした」「“太鼓を持って笛持ってピーヒャラピーヒャランドドンドン123”でした」「“神様のいうとおり ドッテンバッタン決めた 消しゴム田んぼにおちた”でした」など、地域による「どれにしようかな」後半部分の違いが寄せられていました。

 かたくりこさんはブログ「かたくりこblog」で4歳と2歳の娘さんの育児漫画を公開しています。

画像提供:かたくりこ / katakrico(@katakrico)さん

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 嫌がらせ急ブレーキで追突 トラクターの進路を妨害した「あおり運転」ベンツ、ぶつけられたと運転手がブチギレ
  3. 猫「雪なんてへっちゃらニャー!」 雪の中を豪快に突き進む猫ちゃんに「ラッセル車みたい」「ワイルドかわいい」の声
  4. 「Lチキひとつ」 → 買った物をよくみると? コンビニで犯したありがちな間違いを描いた4コマに「あるある」「逆もある」
  5. 柴犬「きゃほほーーい!!」 初めての雪に“喜びが限界突破した”ワンコの駆け回る姿がかわいい
  6. 「ホント太るのって簡単!」「あっという間に70キロ」 内山信二の妻、夫に生活リズムを合わせた“ふとっちょ時代”公開
  7. ルーフから赤色灯がひょっこり 埼玉県警、スバル「WRX S4」覆面パトカー3台を追加導入!? Twitterにアップされた目撃情報が話題に
  8. 益若つばさ、YouTubeで12歳息子と共演 礼儀正しい振る舞いに「教育がちゃんとされてる」
  9. トップの座を奪われ……美大生が天才の編入生を刺し“殺す”漫画に「泣きそう」「同じ経験した」の声
  10. タイからバズーカ砲をかかかえたようなミニバイク「GUNNER50」が日本上陸 思わずキュンと来ちゃうやばいデザイン