ニュース
» 2021年02月20日 18時00分 公開

【限界徹夜の体験談】年末の雑誌づくりで三徹→気絶するように寝落ちし、同僚が奇行に走る修羅場(1/2 ページ)

無事刊行できたのが信じ難いレベル

[今藤祐馬,ねとらぼ]

 「徹夜はやめとけ」「寝たほうが良い」とよく言われますが、なぜなのか。それを考えるために、ねとらぼ読者から「限界まで徹夜でしてアカンことになった体験談」を聞いてみようという連載企画です。今回は「雑誌編集のお仕事をしていたころに経験した修羅場」のお話を伺いました。



カフェインも効かず、眠気もなしにいきなり気絶するように

 過去に雑誌編集をしていたのですが、ある年末、修羅場で締め切りに追われて3日間徹夜したことがあります。

 「眠眠打破」を飲んで徹夜に備えてはいたのですが、2日目以降はほぼ効果を体感できなくなり、最終的に1日5〜6本飲んでいました。

※編集部注:「眠眠打破」にはいくつか種類があるが、Webサイトを見るといずれも「多量の飲用はさけて、1日1本を目安にお飲みください」と記載されている

 また、2日目までは眠気を感じていたのですが、3日目には眠気なしでまるで気絶のように寝落ちするように。原稿を書きながら気絶、お弁当を食べながら気絶、コーヒーを飲みながら気絶、PCのキーを打鍵した途端に気絶して、「F」を打ち続けたエラー音で目を覚ましたこともありました。

 私だけでなく、同僚も椅子の背もたれにもたれるように大きく背伸びした途端に気絶して、そのまま後ろに倒れて寝続けたり。突然叫びながらどこかに走り去っていって、3時間後何事もなかったかのように戻ってきて、作業の続きをはじめたり。

 食べているお弁当に入っているバランを見て、「これ草じゃんwwwしかも偽物www意味わかんないwww」みたいな感じで、1人で笑いが止まらなくなっている人もいました。

―― もはや雑誌づくり以前に心配になるレベルですが……。当時の職場ではこのような徹夜はよくあったのでしょうか?

 お盆、GW、年末の連休前は締切までの期間が通常の半分になるので、いつも修羅場になっていましたね。

 当時(今から10年以上前)働いていた職場では、インターネットを通じたデータ入稿は行っておらず、印刷所の担当さんが直接原稿を取りに来ていて。背後に立たれて、「今日の夕方がリミットですよ……」とプレッシャーを受けながら、雑誌を作るような状況になっていました。

 最終的に、このとき作っていた号は無事刊行できましたが、担当さんからは「今度ここまで押したら落としますからね!」と激怒されましたね。

本企画では取材させていただける読者の方を募集しています

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響