ニュース
» 2021年01月13日 19時30分 公開

【実物レビュー】Sweet2月号増刊のふろくは「ミッキー&ミニー 進化系ドレッサーポーチ」 ミラー付きのポーチはマスクケースにもぴったりです

ブラック×ラベンダーのカラーもかわいい。

[ちゃすこ,ねとらぼ]

 雑誌「Sweet(スウィート)」2月号の特別ふろくは、人気占い師・星ひとみさんが監修したディズニーアイテム。セブン-イレブン、セブンネットショッピング限定発売の増刊号についてくる「ミッキー&ミニー 進化系ドレッサーポーチ」を、実際に使ってレビューします!

ミッキー&ミニー 進化系ドレッサーポーチ Sweet2月号。カバーガールは女優の今田美桜さん

 宝島社が出版する女性向けファッション誌「Sweet」。発売中の2021年2月号は「キレイと幸運を掴みにいこう!」をテーマに、「”持ってる”人に聞く、LUCKYの集め方」や、肌と地球にやさしい美容「クリーンビューティー最前線」などの特集が掲載されています。

 ふろくを監修したのは、TV番組での脅威の的中率が話題となった占い師・星ひとみさん。ミッキー&ミニーと開運モチーフを組み合わせたふろくは本誌と増刊号で異なり、「ハッピーを引き寄せる開運ミニウォレット」がついている本誌は1460円(税別、以下同)、「進化系ドレッサーポーチ」がついている増刊号は1650円で販売しています。

ミッキー&ミニー 進化系ドレッサーポーチ 本誌の「ラベンダー色をまとった ミッキー&ミニーデザイン 開運ウォレット」(公式サイトより)

 増刊号のふろく「ミッキー&ミニー 進化系ドレッサーポーチ」は、2020年7月に発売されたSweet8月号のふろくの改良版。以前はポーチのフタ裏についていたミラーが外付けになり、ぐらつきなく安定して立てられるようになりました。素材はエナメル調から合皮になりましたが、お手入れのしやすさや、たっぷりとコスメを入れられる収納力、クオリティの高さは変わりません。

ミッキー&ミニー 進化系ドレッサーポーチ 外付けになったミラーはしっかり立てられてメイクがしやすい。クリアな写りで大きさも◎

 ポーチには、星さんこだわりの開運要素がふんだんに盛り込まれています。

 例えば、ファスナーの引手に付いたゴールドの星型チャーム。星はチャンスを引き寄せるラッキーモチーフで、たくさん触れることでさらに運気アップが期待できるそうです。

 ミッキーとミニーが身にまとうラベンダーは、2021年のラッキーカラー。ポーチの黒との組み合わせで、「使う人を守る」という意味があるのだとか。

 ミニーがミッキーに寄りかかる多幸感たっぷりなイラストも、2021年の「恋愛成就」をイメージしたモチーフです。ディズニー好きにとっては、このかわいいイラストを見ているだけでもかなり気分が上がります!

ミッキー&ミニー 進化系ドレッサーポーチ 角をとったラウンド型には、運気の循環効果が

 1点だけ残念なのが、内側に仕切りやポケットがないため、小さなコスメが迷子になりがちなこと。メイクをしている時にポーチの中をゴソゴソ探ると、せっかく顔が写るように合わせたミラーの角度が変わってしまうのがストレスに感じました。

 試行錯誤した結果、この問題はミラー側の開け口を外に折り返すことで無事解決。開口部が広がってポーチの中が見やすくなるので、シングルアイシャドウなど小さなコスメをたくさん使う方はぜひ試してみてください。

ミッキー&ミニー 進化系ドレッサーポーチ メイクをする時には手前の開け口を外側に折り返すと小さなコスメも見つけやすい
ミッキー&ミニー 進化系ドレッサーポーチ ウェットシートや除菌ジェルなど、おでかけの必需品をひとまとめにしても。一般的なマスクがぴったり入る大きさです

 大人かわいいディズニーデザインと高い機能性のドレッサーポーチは、ふろくとは思えない出来でコストパフォーマンス抜群。新しい年に期待が膨らむ今こそ手に入れたいアイテムです。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」