ニュース
» 2021年01月14日 08時00分 公開

飲食店を応援するプログラム、クラウドファンディング「READYFOR」が実施 手数料なしで支援募集可能

ALL-IN形式、サービス手数料無料のクラウドファンディングで飲食店をバックアップ。

[谷町邦子,ねとらぼ]

 クラウドファンディングサービスの「READYFOR」が、新型コロナウイルスと緊急事態宣言の影響を受ける飲食店を応援する「新型コロナウイルスによる飲食店応援プログラム」を開始しました。


新型コロナウイルスによる飲食店応援プログラム 少ない負担で飲食店が運用費用を受け取れるプログラム(画像はREADYFORより)

 「新型コロナウイルスによる飲食店応援プログラム」では、飲食店が運営費用(人件費・各種経費など)を集めることが可能。目標金額に到達しなくても資金を受け取れるALL-IN形式が適用され、サービス手数料が無料の(5%の決済手数料だけ必要)特別なプログラムです。

 当初1都3県を対象に始まりましたが、緊急事態宣言の拡大、全国各地の飲食店からの要望によって対象は全国に拡大。申し込み期間は2月7日まで、3月31日までのプロジェクト公開開始など期限が設けられています。ただし、どちらも今後の感染状況により延長の可能があるそうです。

 対象は2021年1月12日の時点で開業済の飲食店で開業済の飲食店であること(要件を満たしていても、審査の結果、適応から外れる場合もあり)。既にREADYFORで公開中のプログラムや、提携機関・パートナーからの紹介フォームでの申請している案件は対象外です。


新型コロナウイルスによる飲食店応援プログラム 時短営業や外食の自粛により、運営が困難になる飲食店も(イメージ)

 申込から3営業日以内にプログラムの適用有無の通知があり、プロジェクトの公開は掲載準備や審査を経て2〜3週間程度。支援金が振り込まれるのはプロジェクト終了日から翌々月の10日とのことですが、早期入金オプション(有償)も用意されています。

 READYFORは以前から「READYFOR×日本商工会議所 みらい飯」「READYFOR×トレタ 飲食店応援プログラム」などで、新型コロナウィルスの影響に苦しむ飲食業界を支援。これからも、飲食・食品業界をサポートする取り組みを展開していくと述べています。

(谷町邦子 FacebookTwitter

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 嫌がらせ急ブレーキで追突 トラクターの進路を妨害した「あおり運転」ベンツ、ぶつけられたと運転手がブチギレ
  3. 猫「雪なんてへっちゃらニャー!」 雪の中を豪快に突き進む猫ちゃんに「ラッセル車みたい」「ワイルドかわいい」の声
  4. 「Lチキひとつ」 → 買った物をよくみると? コンビニで犯したありがちな間違いを描いた4コマに「あるある」「逆もある」
  5. 柴犬「きゃほほーーい!!」 初めての雪に“喜びが限界突破した”ワンコの駆け回る姿がかわいい
  6. 「ホント太るのって簡単!」「あっという間に70キロ」 内山信二の妻、夫に生活リズムを合わせた“ふとっちょ時代”公開
  7. ルーフから赤色灯がひょっこり 埼玉県警、スバル「WRX S4」覆面パトカー3台を追加導入!? Twitterにアップされた目撃情報が話題に
  8. 益若つばさ、YouTubeで12歳息子と共演 礼儀正しい振る舞いに「教育がちゃんとされてる」
  9. トップの座を奪われ……美大生が天才の編入生を刺し“殺す”漫画に「泣きそう」「同じ経験した」の声
  10. タイからバズーカ砲をかかかえたようなミニバイク「GUNNER50」が日本上陸 思わずキュンと来ちゃうやばいデザイン