ニュース
» 2021年01月15日 19時30分 公開

「このままお別れなんて」患者に会いたい家族の願い、どうする? コロナ病棟の看護師の葛藤を描いた漫画に考えさせられる(1/2 ページ)

できるだけ早く日常が戻ってきてほしい。

[だいごろう,ねとらぼ]

 コロナ病棟の看護師および入院患者とその家族の葛藤を描いた漫画が、医療現場の大変さを考えるきっかけになると注目を浴びています。作者は『Ns’あおい』『はなうた』などで知られるこしのりょうさん(@koshinoryou)です。


「コロナ病棟、葛藤の先に・・・」コマ1

 主人公の内藤さんは家族のいるS県からT県へ単身赴任し、コロナ病棟で勤務する看護師。離れて暮らす家族とはビデオ通話で顔を合わせます。通話中、奥さんが義父の入院を心配するも、F県に住む両親とは話すことすらかないません。


「コロナ病棟、葛藤の先に・・・」コマ2

 コロナ防御対策は、医療者でも神経をすり減らし、時間もかかるうえ資材不足も深刻でお見舞いの人まで回らないのが現実。しかし、内藤さんの一番の懸念は、入院患者のストレスでした。患者は家族と面会できず、隔離されていくうちに「バイ菌みたいな扱い」と感じるまで自尊心を傷つけられています。


「コロナ病棟、葛藤の先に・・・」コマ3

 そんな中、コロナ陽性の疑いで搬送されてきたお年寄り、吉原さんの容体が急変。吉原さんの奥さんを呼び出し「今日1日がヤマ場だと思います」と伝えます。すると、奥さんは「主人に会わせてもらえませんでしょうか…」と一言。吉原さん夫婦には子どもはおらず、親はもちろん兄弟にも先立たれていました。奥さんはたった1人の家族にどうしても会いたいと懇願します。


「コロナ病棟、葛藤の先に・・・」コマ4

 内藤さんは、涙をにじませる吉原さんの奥さんを前にして、患者や家族の尊厳を奪っていいのかと悩みます。そして、希望通りにはいかないけれど、吉原さん夫婦を会わせるある方法を思いつくのでした。

 こしのさんは、看護連盟のコミュニティーサイト「アンフィニ」で「HANA♪うた」を連載しており、「緊急事態宣言の日『コロナ病棟、葛藤の先に・・・』」は、1月8日に公開された第13話(内藤隆(コロナ病棟))です。こしのさんによると、今作は英語版の制作も考えているとのこと。より多くの人が医療現場や医療従事者について考え、寄り添える社会になってほしいと願います。

画像提供:こしのりょうさん(@koshinoryou

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  2. 「モンストのせいで彼氏と別れました」→ 運営からの回答が“神対応”と反響 思いやりに満ちた言葉に「強く生きようと思う」と前向きに
  3. 「この抜き型、何ですか……?」 家で見つけた“謎のディズニーグッズ”にさまざまな推察、そして意外な正体が判明
  4. 人間に助けを求めてきた母犬、外を探すと…… びしょ濡れになったうまれたての子犬たちを保護
  5. 幼なじみと5年ぶりに再会したら…… 陸上選手から人間ではない何かに変わっていく姿を見てしまう漫画が切ない
  6. ブルボンの“公式擬人化”ついにラスト「ホワイトロリータ」公開 イメージ通り過ぎて満点のデザイン
  7. 「幸せな風景すぎて涙出ました」 じいちゃんの台車に乗って散歩するワンコのほのぼのとした関係に癒やされる
  8. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  9. 猫「飼い主、大丈夫か……?」 毎日の“お風呂の見守り”を欠かさない3匹の猫ちゃんたちがかわいい
  10. 天才科学者2人が最強最高のロボを作成するが…… 高性能過ぎて2人の秘密がバラされちゃう漫画に頬が緩む