ニュース
» 2021年01月15日 19時00分 公開

大人な男女の「夜の大乱闘」を描いた漫画がまさかのオチ 手フェチの行きつく「終点」がこれか……(1/2 ページ)

ぶっ飛んでる。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 人目を避けて夜の町を歩く男と女――。大人の逢瀬をしっとりと描く漫画が、いつの間にか読者を異様な世界へ引き込んできます。


アイキャッチ パートナーの手にひかれるって人も世の中には多いだろうなあと思って読み進めると……?


1P

 「ショウ君の手が好き……長い指、浮き出た血管、ごつごつした大きな手が好き」とうっとりしながら歩く女性。何の仕事をしているのか? 薬指の指輪の意味は? そんな疑問が気にならないくらい、彼の手にほれこんでいるようです。


2P

3P

 彼の手にほれこんでいるというか、ショウ君は「手」そのものでした。

 「手をつないだ感触だけで十分、それが私たちの全て……」とロマンスに酔っていますが、本当に全てなんだから至極当然です。「2人に言葉はいらない」……って、そもそも会話にならんだろ!


4P

 そしてホテルで一夜を過ごす奇妙なカップル。最後の最後で明かされたタイトル「ショウ君はマスターハンド」が、あっけにとられた読者に追い討ちをかけて、物語は幕を閉じるのでした。これスマブラの話だったの?


マスターハンド スマブラのラスボスとしておなじみのでっかい手(画像は「大乱闘スマッシュブラザーズX」公式サイト「スマブラ拳!!」より)

 ちなみに作者も後から気付いて補足していますが、ショウ君は左手なので正確にはクレイジーハンドだったりします。どちらにせよ、あの手袋の中身は手フェチ受けしそうなイケメンだったんですね(?)。


 「予想の裏切り方がすごい」「アップや切り取りなどの漫画表現を逆手にとったどんでん返しが良い」と好評を博したこの漫画。作者の泥水真水(@doromamizu)さんは新人漫画家で、デビュー作「君のあだ名は」がコミックDAYSにて公開されています。


漫画提供:泥水真水(@doromamizu)さん
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  2. 「モンストのせいで彼氏と別れました」→ 運営からの回答が“神対応”と反響 思いやりに満ちた言葉に「強く生きようと思う」と前向きに
  3. 「この抜き型、何ですか……?」 家で見つけた“謎のディズニーグッズ”にさまざまな推察、そして意外な正体が判明
  4. 人間に助けを求めてきた母犬、外を探すと…… びしょ濡れになったうまれたての子犬たちを保護
  5. 幼なじみと5年ぶりに再会したら…… 陸上選手から人間ではない何かに変わっていく姿を見てしまう漫画が切ない
  6. ブルボンの“公式擬人化”ついにラスト「ホワイトロリータ」公開 イメージ通り過ぎて満点のデザイン
  7. 「幸せな風景すぎて涙出ました」 じいちゃんの台車に乗って散歩するワンコのほのぼのとした関係に癒やされる
  8. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  9. 猫「飼い主、大丈夫か……?」 毎日の“お風呂の見守り”を欠かさない3匹の猫ちゃんたちがかわいい
  10. 天才科学者2人が最強最高のロボを作成するが…… 高性能過ぎて2人の秘密がバラされちゃう漫画に頬が緩む