ニュース
» 2021年01月15日 18時37分 公開

「白木屋」「魚民」など居酒屋チェーン運営のモンテローザ、都内61店舗を閉店

「20時までの営業では事実上、店舗の運営は困難」。

[ねとらぼ]

 白木屋や魚民などの居酒屋チェーンを運営するモンテローザは1月15日、東京都内の337店舗のうち61店舗を順次閉店すると発表しました

 同社では1月7日に発出された緊急事態宣言に伴って営業時間を短縮しているものの、居酒屋にとって「20時までの営業では事実上、店舗の運営は困難」と同社。ランチを含めて極力外食を控えるようにと政府の方針が示されたこと、東京都から大手飲食店への支援は行わないとの見解が示されていることを受け、事業の継続に支障が出かねないと説明しています。

 こういった事情から、賃料負担などの固定費を圧縮し、「少しでも身軽になってこの厳しい局面を乗り越えるため」61店舗の閉店を決定したとしています。店舗詳細については公式サイトで告知するとのこと。

 同社は「大手外食企業の皆様、私たちは多くの従業員の雇用を守り微力ながら経済に貢献していることに誇りをもって、この苦難に耐え抜いてまいりましょう」と発表文を結んでいます。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10