ニュース
» 2021年01月17日 12時00分 公開

脳こうそくで倒れた体験談漫画で分かる恐ろしさ 「良くなってきた」「大丈夫かな」と油断せず救急車を(1/2 ページ)

躊躇せず(救急車を)呼びましょう。

[谷町邦子,ねとらぼ]

 漫画家の史都玲沙(@eisa_shito)さんが、脳こうそくになった体験談漫画をTwitterに投稿し、大きな反響を呼んでいます。

本能で「ヤバイ」

 2017年の6月6日深夜、激しい頭痛を感じた史都さん。鎮痛剤を飲んだ瞬間、自分の体にとてつもない異変が起こったことを本能で察します。


脳こうそく 本能的に普通の頭痛ではないことに気が付いた史都さん

 史都さんは、ほぼ無意識のうちに転倒を防ぐため座り込み、119番で救急車を呼んでいました。脳裏にあったのは、10年前にアシスタント先の漫画家さんが脳こうそくで倒れたことだったそうです。前兆も何もなく、やばいと思ったときには床に倒れて起き上がれなかった……という話を聞いたことを思い出します。


脳こうそく 突然降りかかった危険にも、過去のエピソードを思い出し対応。救急につながり、おもわずガッツポーズ?

 病院に運ばれ、点滴で脳こうそくの血栓を溶かす処置を受けた史都さん。後日、点滴で血栓を溶かす処置に効果がある時間は限られていることを知ります。教えてくれた薬剤師さんは、その時間を過ぎてしまうと「あまり良くない事になる」と目をそらしながら言葉を濁しました。


脳こうそく 4コマのタイトルにあるように、2012年から血栓を溶かす点滴が有効なのは「4.5時間」までとされています(参照

 史都さんは本能的に「ヤバイ」頭痛であることを察知し、知人の話を思い出すことで、すぐに119番できましたが、それでも少し症状が和らぐと「救急車を呼ぶ程のことはなかったかな」と思ってしまったそうです。油断しているうちに手遅れになってしまうこともあるため「脳こうそくはマジで怖いですよ!!」と強調し、ためらわず救急車を呼ぶようにと呼びかけています。


脳こうそく 油断を含めた病気の恐ろしさ

 漫画には「健康のための戒めとしている」「わかりやすくてためになる」と高く評価する声のほか、同じように脳こうそくになってしまった人からは実感のこもったコメントが寄せられていました。

 この漫画は同人誌「非日常のあなた 脳こうそくで倒れました 2017冬の号」の一部を抜粋したもの。リハビリの様子がメインで描かれる続編「非日常のあなた 脳こうそくで倒れました 2018夏の号」も販売されています。

画像提供:史都玲沙(@reisa_shito)さん

(谷町邦子 FacebookTwitter


       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響