ニュース
» 2021年01月19日 21時00分 公開

人から注目されないと“死” 過酷な世界で消滅しそうな少女を救おうとする少年の漫画が心に刺さる(1/2 ページ)

認知度が下がると存在できなくなる、奇妙で過酷な世界が舞台のお話。

[Tomo,ねとらぼ]

 注目されていないと存在が消えてしまう、認知度が全ての世界を舞台にした漫画「末期認知病」が、「名作」「最高」と好評を博しています。作者はWebで漫画を公開しているラブ(@kantyo4545)さん。

消滅しそうな未羽を助けようとするケンですが……

 舞台は「人に知られることだけが掟」で、認知度が下がると存在が消滅してしまう世界。人々が目立つために過激な行為に走る中で、15歳の少女、未羽は「目立ちたくない」と注目を拒み、存在を確立できなくなりつつありました。

「目立ちたくない」未羽は消滅の危機に

 未羽の友達のケンは、どうにかして彼女の認知度を高めようと、あの手この手で自分のネット配信に出演させようとします。ロボット研究家を父に持つケンは、小学生のころ、ロボットが起こした事件のとばっちりでいじめられていました。未羽に自作ロボットをほめられたことで救われた彼は、未羽をどうしても助けたいと思っています。

小学生のころ、いじめられていたケンを救ったのは未羽だった

 しかし、目立つために露出狂になるよう親に強いられていた未羽は、注目されることを受け入れられません。ケンの配信に強引に出演させられることも嫌がり、自分で自分の存在さえ拒んでしまいます。

 このままではあと1カ月も持たないという未羽。医師は彼女の存在をなくさないために、“バカになる薬”を投与しようとします。それを知った未羽は、「こんな世界で生き殺しにされるなんて絶対にいやだ」と死を決意しますが……。


 どうしても未羽を救いたいケンと、たとえ消えてもケンの記憶に残ればいいという未羽。過酷な世界で傷ついた2人の絆にグッときます。ケンがいじめられる原因となり、また未羽と引き合わせるきっかけになったロボットが彼女を救う決め手になるのも熱い……! 読者からも「世界観とか未羽ちゃんとケンの関係性、彼らを取り巻く環境など全てが最高で…」「マジで面白いから困る」「続きが見たい」と好評です。

 ラブさんはTwitterやジャンプルーキーニコニコ静画で創作漫画を公開。2020年12月にはジャンプ+連載争奪ランキングで上位に入り、連載権を獲得しています。

画像提供:ラブ(@kantyo4545)さん

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  2. 「モンストのせいで彼氏と別れました」→ 運営からの回答が“神対応”と反響 思いやりに満ちた言葉に「強く生きようと思う」と前向きに
  3. 「この抜き型、何ですか……?」 家で見つけた“謎のディズニーグッズ”にさまざまな推察、そして意外な正体が判明
  4. 人間に助けを求めてきた母犬、外を探すと…… びしょ濡れになったうまれたての子犬たちを保護
  5. 幼なじみと5年ぶりに再会したら…… 陸上選手から人間ではない何かに変わっていく姿を見てしまう漫画が切ない
  6. ブルボンの“公式擬人化”ついにラスト「ホワイトロリータ」公開 イメージ通り過ぎて満点のデザイン
  7. 「幸せな風景すぎて涙出ました」 じいちゃんの台車に乗って散歩するワンコのほのぼのとした関係に癒やされる
  8. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  9. 猫「飼い主、大丈夫か……?」 毎日の“お風呂の見守り”を欠かさない3匹の猫ちゃんたちがかわいい
  10. 天才科学者2人が最強最高のロボを作成するが…… 高性能過ぎて2人の秘密がバラされちゃう漫画に頬が緩む