ニュース
» 2021年01月20日 21時43分 公開

あさりよしとおの名作学習漫画『まんがサイエンス』、フランスでアニメ化 「日本でも見たい」と期待の声(1/2 ページ)

ずいぶんグローバルな雰囲気になったけど、これはこれでかわいい。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 あさりよしとおさんの科学学習漫画『まんがサイエンス』が、フランスでアニメ化されるとの発表がファンを沸かせています。公開時期等は未定で、新タイトル「Wonder Wai(原題)」として制作中。


まんがサイエンス 公式ページの「voir le teaser」ボタンからティーザームービーが見られます

こちらは監督が公開したコンセプトムービー

 『まんがサイエンス』は1987年以来、学研の『科学』や『大人の科学マガジン』で展開。「伝染病に明るい『伝染マン』」や「火星人の『火星太郎』」など、毎回のテーマにぴったりの専門家(怪人)が突然登場し、子どもたちの疑問に分かりやすく答えるユニークな構成で親しまれています。


 フランスでは「Pika」という出版社から翻訳・出版されており、今回は同国のスタジオ「Ellipsanime」によるアニメ化が決定。日本アニメ「ひるね姫」にも参加したフランスのアニメーター、アナイス・シュヴィヤール(Anais Chevillard)さんが監督を務めます。

 「Wonder Wai」は『まんがサイエンス』を原作に、いろいろなルーツを持つ子どもたちが登場するグローバルな装いに。「専門家」の役割は、「DOC」という博士キャラが1人で担うようです。ただ、ティーザームービーには昆虫の解説時に顔が虫に変わるシーンもありますし、あらゆる専門家を兼ねる合体怪人のような存在なのかもしれません。

 このフランス版『まんがサイエンス』のニュースは、フランスのアニメ情報サイトCatsukaがきっかけで広く拡散。「フランスでアニメ化とは感慨深い」「海外に先を越された」「デザインは全然違うけど、原作のテイストは健在」「これぞEテレに求められるもの」「Netflixとかで日本でも見られたらいいな」など、さまざまな声が上がっています。


       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  2. 「モンストのせいで彼氏と別れました」→ 運営からの回答が“神対応”と反響 思いやりに満ちた言葉に「強く生きようと思う」と前向きに
  3. 「この抜き型、何ですか……?」 家で見つけた“謎のディズニーグッズ”にさまざまな推察、そして意外な正体が判明
  4. 人間に助けを求めてきた母犬、外を探すと…… びしょ濡れになったうまれたての子犬たちを保護
  5. 幼なじみと5年ぶりに再会したら…… 陸上選手から人間ではない何かに変わっていく姿を見てしまう漫画が切ない
  6. ブルボンの“公式擬人化”ついにラスト「ホワイトロリータ」公開 イメージ通り過ぎて満点のデザイン
  7. 「幸せな風景すぎて涙出ました」 じいちゃんの台車に乗って散歩するワンコのほのぼのとした関係に癒やされる
  8. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  9. 猫「飼い主、大丈夫か……?」 毎日の“お風呂の見守り”を欠かさない3匹の猫ちゃんたちがかわいい
  10. 天才科学者2人が最強最高のロボを作成するが…… 高性能過ぎて2人の秘密がバラされちゃう漫画に頬が緩む