ニュース
» 2021年01月22日 20時00分 公開

すぐ正体がバレる化け猫家政夫の漫画 自信のない小説家が彼を雇った理由とは(1/7 ページ)

妖怪には妖怪の、小説家には小説家の悩みがあるんです。

[たけしな竜美,ねとらぼ]

 まったくの他人であるにも関わらず、いつもそこにいる。家庭における家事の補助や代行を務める家政婦・お手伝いさんは、そう考えると少々異質な存在です。そのためでしょう、数々の創作作品において家政婦は「ある家庭の状況を客観的に見る役割」を持ち登場しています。

 今回ご紹介する作品にも同じく、変わった家政夫さんが登場するのですが……そのおかしさは相当なもの。それを知っても動じない雇い主と、少し不思議な家政夫さんの、心温かい異文化交流を描いた物語となっています。


先生の家政夫 漫画



 小説家の曽根さんに雇われた、家政夫の三津くん。この三津くん、一見すると普通の男性なのですが……。実は「人間が大好きで憧れまで抱き一緒に暮らしたいと願う、家事の得意な化け猫」で、かつ「正体がすぐにバレてしまうため、向かった家々にて次々と解雇され続けている」という、複雑な事情を持つ家政夫さんなのでした。


先生の家政夫 漫画

 三津くんはこの日もまた、すぐに正体を晒してしまいます。それを目の当たりにした曽根さんでしたが、どういう訳か動じる素振りも見せません。曽根さんは即座に契約を済ませ、家事をお願いして打ち合わせに出かけます。それを受けた三津くんは「曽根さんに気に入られるようがんばれば、ここでずっと働けるかもしれない」と、張り切って家事をこなすのでした。

 妖怪ならではの様々な悩みを抱える三津くんと同様に、曽根さんも小説家ならではの悩みを抱えていました。それは先日の同窓会でも受けた、小説家という職業に対する偏見の数々。特に「世に知られていない作家に、存在する意味はない」という否定の言葉、それが頭から離れない……というものでした。


先生の家政夫 漫画

先生の家政夫 漫画

 何気ない日々を過ごしながら、少しずつ親交を深めていく2人。そんなある日のこと、三津くんは「曽根さんの作品に興味がある、読んでみたいのでペンネームを教えてほしい」と告げるのですが……「否定の言葉」が頭から離れない曽根さんは「読まなくてもいい」と一蹴してしまいます。

 果たして三津くんは曽根さんのペンネームを教えてもらえるのか? そして家政夫としてこれからも雇ってもらえるのか……!? 曽根さんのさらなる隠し事や三津くんとの意外なつながり、作品の結末に関しては、作品を読み進めてお確かめください。


先生の家政夫 漫画

先生の家政夫 漫画

 漫画の作者はちりぬるを(@chirinuruwoo)さん。PixivやTwitterにて精力的に創作活動をしており、多くの作品をPixiv上にも公開しています。

作品提供:ちりぬるを(@chirinuruwoo)さん/ちりぬるをさんのPixivページ

文・たけしな竜美(@t23_tksn

       1|2|3|4|5|6|7 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2206/30/news099.jpg 「ハイヒール」モモコ、27歳・長男と顔出し2ショット 27年前の“お宮参り3ショット”も公開「若かったなー」
  2. /nl/articles/2206/30/news039.jpg パンダ「ヤダヤダ〜」 絶対に部屋に帰りたくないパンダvs.帰って欲しい飼育員のやりとりがコミカルでほほえましい
  3. /nl/articles/2206/30/news025.jpg 柴犬たち、超えてはいけない境界線から飼い主を監視 怒られないギリギリのラインを攻める姿に「一歩出てるのかわいい」
  4. /nl/articles/2206/28/news167.jpg 「こんなに絵が上手いなんて」 中川翔子、1時間で『SPY×FAMILY』アーニャを17体生み出してしまう
  5. /nl/articles/2206/30/news149.jpg 故・神田沙也加さんと交際公表の2.5次元俳優・前山剛久、所属事務所を退所 心身不調で1月から活動休止状態
  6. /nl/articles/2010/08/news157.jpg “イエモン”吉井和哉の息子・吉井添、姉との2ショットに驚きの声 「めちゃくちゃ美形」「イケメン芸能人の遺伝子ってすごい」
  7. /nl/articles/2206/27/news166.jpg 「ラーメン二郎」へ“表敬訪問”したジョージア駐日大使に話を聞いた 「次回は『ニンニク ヤサイ マシマシ、ブタ抜き、アブラ多め』を頼みたい」
  8. /nl/articles/2206/30/news131.jpg アスリート夫婦・増嶋竜也&潮田玲子、ペアコーデでゴルフをエンジョイ ゴルフ仲間の狩野舞子も「オソロ可愛いー」と反応
  9. /nl/articles/2206/24/news167.jpg 耳付きのランチパックが見つかり「得した気分」「運がいい」 “当たり”があるのか山崎製パンに聞いてみた
  10. /nl/articles/2206/28/news102.jpg しまむらに「SPY×FAMILY」グッズがやってきた! アーニャのアクスタからインテリアまで、豊富なラインアップにわくわくっ

先週の総合アクセスTOP10

  1. めちゃくちゃ目立ちそう! 元俳優・成宮寛貴、ほぼ変装なしのディズニーシーに現れた姿がオーラだだ漏れ
  2. 尼崎市が全市民情報流出の会見でUSBのパスワード桁数を言ってしまいネット総ツッコミ 「情報セキュリティの教材か?」「やらかし重ねてるの面白かった」
  3. 1匹の子猫を保護すると……草むらから子猫の群れが! 助けを求める様に寄ってくる姿がいじらしい【米】
  4. 入院中の堀ちえみ、クレーム電話連発する“心ない人物”に苦悩 顔も知らない相手に「人生を阻まれてしまいます」
  5. よそ者には厳しい甲斐犬が、家族と認めた子柴犬を…… 全力で守る姿に「深い愛情に泣ける」「誠実さがかわいい」
  6. パパ、10時間ぶりの帰宅でワンコの感情が…… 大爆発!!→体当たりするゴールデンレトリバーがいとおしい
  7. YOSHIKI、母親の四十九日で生まれ故郷へ 喪服姿で悲しみを吐露「I miss my mother」
  8. 「私はどん底に居ました」 小林麻耶、妹・麻央さんの命日に思い吐露「真実を伝えるしかないと死を考えたことも」
  9. ちょっと窓を閉めただけで、ゴールデンレトリバーの表情が…… この世の終わりのようなお顔が抱きしめたくなる
  10. 柴犬が散歩中、ノラの子猫たちに囲まれて…… 迫力におされて全く進めない姿が応援したくなる

先月の総合アクセスTOP10

  1. 有料スペースに乱入、道具を勝手に持ち出し…… 関電工労組の関係者がキャンプ場でモラルを欠く行為、Twitterでユーザーが被害を投稿
  2. 「皆様のご不満を招く原因だった」栗山千明、“百万石まつり”の撮影禁止騒動を謝罪 観客は「感謝しかありません」
  3. ダルビッシュ有&聖子、14歳息子のピッチングがすでに大物 「球速も相当出てる」「アスリート遺伝子スゴい」
  4. 息子を必死で追いかけてきた子猫を保護→1年後…… 美猫に成長したビフォーアフターに「幸せを運んできましたね」の声
  5. 野口五郎、20歳になったピアニストの娘と乾杯 「娘はカシスソーダ! 僕はハイボール!」
  6. 「めっちゃ恥ずかしい」 平嶋夏海、魅惑の「峰不二子スタイル」で橋本梨菜とお色気ツーリング 「すごいコラボやなぁ」の声
  7. ニコール・キッドマン、ネットで酷評された“54歳の女子高生”スタイルの真相を語る 「何考えてたんだろう?」
  8. 坂口杏里さん、夫の鍛え上げた上腕に抱きつくラブラブ2ショット 「旦那は格闘技もやってるから、ムキムキ」
  9. 大家に「何でもしていい」と言われた結果 → 台所が隠れ家バー風に! DIYでリフォームした部屋の変化に驚きの声
  10. 猫にボールを投げた飼い主さん、“1時間全力謝罪”する事態に!? 顔面直撃した猫の表情に「笑っちゃいました」