ニュース
» 2021年01月23日 16時00分 公開

ヤマハ「SR400」3月に最終モデルを発売、生産終了へ ファンから「43年間ありがとう」別れを惜しむ声(1/3 ページ)

43年の歴史に幕を閉じます。

[松本健多朗,ねとらぼ]

 ヤマハ発動機は2021年1月21日、同社の人気バイク「SR400」のファイナルエディションを3月15日に発売すると発表。あわせてSR400の国内生産が終了することも明らかにしました。

ヤマハ発動機「SR400 Final Edition Limited」(写真:ヤマハ発動機、以下同) ヤマハ発動機「SR400 Final Edition Limited」(写真:ヤマハ発動機、以下同)

 1978年にデビューしたSR400は、399ccの空冷単気筒エンジンを搭載したネイキッドバイク。ヤマハを代表するロングセラーシリーズの1つとして知られ、初登場時から大きく変わらない昔ながらのデザインを踏襲しています。

SR400 Final Editionはダークグレーとブルーの2色展開 SR400 Final Editionはダークグレーとブルーの2色展開

 発表されたファイナルエディションは、かつてのSRを思わせるグラフィックを採用した「ダークグレー」とシンプルな「ブルー」の2色をラインアップ。各色あわせて5000台の生産を予定しており、価格は60万5000円(税込、以下同)からとなっています。

国内生産終了に併せて限定モデル「SR400 Final Edition Limited」が登場 国内生産終了に併せて限定モデル「SR400 Final Edition Limited」が登場

 ファイナルエディションの限定モデル「SR400 Final Edition Limited」も発表されており、ぼかし塗装の「サンバースト塗装」を施したタンクに加え、シリアルナンバー入りの電鋳エンブレムや本革調シート、アルマイトのホイールリムなどを装備。約43年に渡るSR400の歴史を締めくくるのにふさわしいモデルとして仕上げられています。生産台数は1000台で、価格は74万8000円からとなっています。

 ヤマハのベストセラーオフロードバイク「セロー」に続いて国内生産が終了することになったSR400。ネット上では「Final Editionの文字見るだけで泣きそうになる」「43年間ありがとう」と別れを惜しむ声が寄せられていました。

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」