ニュース
» 2021年01月23日 16時00分 公開

ヤマハ「SR400」3月に最終モデルを発売、生産終了へ ファンから「43年間ありがとう」別れを惜しむ声(1/3 ページ)

43年の歴史に幕を閉じます。

[松本健多朗,ねとらぼ]

 ヤマハ発動機は2021年1月21日、同社の人気バイク「SR400」のファイナルエディションを3月15日に発売すると発表。あわせてSR400の国内生産が終了することも明らかにしました。

ヤマハ発動機「SR400 Final Edition Limited」(写真:ヤマハ発動機、以下同) ヤマハ発動機「SR400 Final Edition Limited」(写真:ヤマハ発動機、以下同)

 1978年にデビューしたSR400は、399ccの空冷単気筒エンジンを搭載したネイキッドバイク。ヤマハを代表するロングセラーシリーズの1つとして知られ、初登場時から大きく変わらない昔ながらのデザインを踏襲しています。

SR400 Final Editionはダークグレーとブルーの2色展開 SR400 Final Editionはダークグレーとブルーの2色展開

 発表されたファイナルエディションは、かつてのSRを思わせるグラフィックを採用した「ダークグレー」とシンプルな「ブルー」の2色をラインアップ。各色あわせて5000台の生産を予定しており、価格は60万5000円(税込、以下同)からとなっています。

国内生産終了に併せて限定モデル「SR400 Final Edition Limited」が登場 国内生産終了に併せて限定モデル「SR400 Final Edition Limited」が登場

 ファイナルエディションの限定モデル「SR400 Final Edition Limited」も発表されており、ぼかし塗装の「サンバースト塗装」を施したタンクに加え、シリアルナンバー入りの電鋳エンブレムや本革調シート、アルマイトのホイールリムなどを装備。約43年に渡るSR400の歴史を締めくくるのにふさわしいモデルとして仕上げられています。生産台数は1000台で、価格は74万8000円からとなっています。

 ヤマハのベストセラーオフロードバイク「セロー」に続いて国内生産が終了することになったSR400。ネット上では「Final Editionの文字見るだけで泣きそうになる」「43年間ありがとう」と別れを惜しむ声が寄せられていました。

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響