ニュース
» 2021年01月25日 19時00分 公開

式中、家族は思い出した…… 結婚前日に家族が『進撃』を読み地獄を見た面構えで出席してきた話に爆笑(1/2 ページ)

思わぬところにまで影響を及ぼしてしまう『進撃の巨人』。

[きんじょうめぐ,ねとらぼ]

 4月に最終回を迎えることを受けて投稿された『進撃の巨人』にまつわる結婚式の思い出漫画が、作品のすごさを物語っていると人気です。作者はTwitterに育児漫画を投稿しているヒグママ(@chiyuca919)さん。

進撃の巨人 結婚式 面構えが違う

 高校生のころから『進撃の巨人』を愛読していたヒグママ(@chiyuca919)さん。買った漫画を家族も読んでいましたが、ヒグママさんが一人暮らしを始めたため家族は『進撃の巨人』を読めなくなってしまいました。しかし3年前、ヒグママさんの結婚式前日にこの状況が一変します。

 漫画読み放題のホテルに泊まった家族は、結婚式前日にもかかわらず『進撃の巨人』を最新刊まで読破してしまいました。衝撃的な内容のせいで、母と妹2人は「壁の外の世界があんな風になっていたなんて……」「2時まで読んでたから普通に眠い」「『進撃の巨人』マジですげぇ……」と、結婚を祝うどころではなくないテンションです。

進撃の巨人 結婚式 妹ぉ……

 「祝う気ある?」「何しに来たん?」と思わずにいられなかったヒグママさん。家族に結婚式どころではない衝撃を与えた『進撃の巨人』について、「この漫画の凄さはずっと忘れないと思います」と、最後に記しています。

 読者からは「内容に一切触れてないのに“凄さ”が伝わります」「世の中には知らない方が幸せなこともある、という言葉を思い出した」などの声が届いています。また絵柄を原作寄りにして描いたということもあり、「結婚式前日まで最新刊を読んでいた家族だ、面構えが違う」「世界はこんなにも残酷なんだな……」など、『進撃の巨人』のせりふを引用したリプライも届いています。『進撃の巨人』はTPOを選んで読んだ方が良いですね……。

画像提供:ヒグママ(@chiyuca919)さん


       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響