ニュース
» 2021年01月26日 16時50分 公開

“龍が巻き付いた剣のキーホルダー”はなぜどの観光地でも売られている? 製作会社に話を聞いてみた

めちゃくちゃにかっこいいネーミングです。

[コンタケ,ねとらぼ]

 ドラゴンと剣といえば男子の、時には女子の心をいつまでもつかんで離さない魅惑のツートップですが、そんな2つを見事に融合させたアイテムが多くの観光地で売られているのを見たことのある方は多いでしょう。そう、剣に龍が巻き付いた、クラスに1人は所持者がいたキーホルダーです。


魔界のドラゴン夜光剣キーホルダー ポプテピピック マジックアイテム 中二病 よく見るあれ(以下、画像は商品公式サイトから)


 「中二病」的シンボルとして話題に上がったり、テレビアニメ「ポプテピピック」に登場したりと隠れた人気を持つこのアイテムの正式名称は、「魔界のドラゴン夜光剣キーホルダー」。装備するだけで全ステータスが上昇したり暗黒属性の魔物に強くなれそう感が満ちあふれています。

 しかし、一度は見たことがあっても、いつから販売しているのか、なぜ縁もゆかりもなさそうな観光地でも販売されているのかなど商品の詳細はあまり知られていません。製作しているコヤマのサイト見てみると、「魔界のドラゴン手裏剣キーホルダー」や「御神龍刀」など超絶強そうなバリエーションも存在しているもよう。


魔界のドラゴン夜光剣キーホルダー ポプテピピック マジックアイテム 中二病 魔界のドラゴン手裏剣キーホルダー

魔界のドラゴン夜光剣キーホルダー ポプテピピック マジックアイテム 中二病 御神龍刀キーホルダー

 そこで今回は、魔界のドラゴン夜光剣キーホルダーを製作しているコヤマに話を聞いてみました。伝説の剣の創造主の言葉、ご覧ください。

―― 魔界のドラゴン夜光剣キーホルダーはいつから販売されていますか。

コヤマ: 正確なことは不明ですが、20年〜25年前(1995年〜2000年)ごろから販売を開始したと思います。

―― 年間どの程度売れていますか。

コヤマ: 長期にわたりずっと販売しているので、現在は年間3000個程度じゃないでしょうか。

―― どのような経緯で開発されたものなのでしょうか。

コヤマ: 企画製作当時、弊社でドラゴンのキーホルダーが売れているという情報をキャッチしました(ドラゴンクエストの影響だと思います)。それにより、契約のデザイナーに弊社オリジナルのドラゴンキーホルダーのデザインを打ち合わせし依頼、金型製作・製造販売が始まりました。

 どの商売も一緒ですが、いち早くトレンドをキャッチして、消費者の欲しいものを作り販売していくことがメーカーの強みであります。これは今も同様ですが。われわれキーホルダーなど製造メーカーは、特に観光地において最新トレンド情報をつかむことに、相当に努力してきたと考えています。

―― 商品名の由来はどのようなものでしょうか。

コヤマ: 前述の通り、主に観光地ではドラゴンのキーホルダーが多く出始めていたため、差別化とオリジナリティーを考えて、「魔界の」と命名しました。魔界のドラゴン夜光剣キーホルダー、魔界のドラゴン手裏剣キーホルダー、魔界のドラゴン鎖ガマキーホルダーなども販売しております。

―― 観光地で売られていることが多いのはなぜでしょうか。

コヤマ: 流通の仕組みによると考えます。

 メーカーは数量が多く出る業界に販売(卸し)します。売り上げを上げる方法で、一般的に行われています。30〜40年くらい前、観光地のお土産売り場で、キーホルダーや根付、バッジなどが良く売れていました。

 メーカーは販売力のある、観光地の物産問屋に営業をかけ販売していくことになります。観光物産問屋は日本全国にあり、そこに納めると観光地のお土産売り場に商品が並びます。当時非常によく売れていたドラゴンキーホルダーが、全国の観光物産問屋を通して日本中に流通したわけです。

―― 手裏剣や刀などバリエーションがありますが、一番人気はどれでしょうか。

コヤマ: やはり剣のシリーズじゃないでしょうか。「魔界のドラゴン夜光剣」は、ロングランヒットしてます。

―― ネット上などでいわゆる「中二病」の象徴アイテムとして語られる場合がありますが、把握されていましたか。

コヤマ: 知りませんでした。




 その原点は、ドラゴンクエスト発売にまでさかのぼるちょっとした歴史のある商品でした。しかしそういわれてみると、納得のデザインでもあります。日本全国広い観光地で人々の心を長年つかみ続けるキーホルダー、今後も末永く年代を問わぬ話題のアイテムとして存在し続けてほしいものです。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2112/03/news106.jpg 45キロ減のゆりやんレトリィバァ、劇的変化の“割れたおなか”に驚きの声 「努力の賜物」「昔を思い出せない」
  2. /nl/articles/2112/03/news085.jpg 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  3. /nl/articles/2112/03/news088.jpg ダレノガレ明美、“痩せすぎ”指摘する声に「体絞っていました」 現在は4キロの増量 「ご安心ください」
  4. /nl/articles/2112/02/news159.jpg 骨折で入院のLiLiCo、小田井涼平との密着夫婦ショットで退院報告 「大きな男が迎えに来てくれた」
  5. /nl/articles/2112/03/news006.jpg 「楽しくないでしょひとりじゃ」→「楽しいですが」 バイト先のおひとりさま女子を描いた漫画に共感の嵐
  6. /nl/articles/2112/02/news156.jpg お台場のガンダムが撮影ミスでめちゃくちゃ発光 奇跡のショットが「自爆寸前」「トランザム付いてたっけ?」と話題
  7. /nl/articles/2112/02/news121.jpg 「俺、死ぬな」 はじめしゃちょー、5日続いた39度の熱で救急病院へ 4キロ減した“意外な原因”に「みなさんも気をつけて!」
  8. /nl/articles/2110/12/news157.jpg 「身長もすっかり抜かれてしまった」 新山千春、15歳娘との長身2ショットで成長をひしひしと実感する
  9. /nl/articles/2112/02/news133.jpg 岡田義徳、家族4人での初集合ショットが「愛あふれる写真!」と反響 妻・田畑智子は約8カ月ぶりのインスタ登場
  10. /nl/articles/2103/19/news141.jpg 鈴木光、美しい和服ショットで東大卒業を報告「先生と友人に感謝です!」 お別れ近づき“涙の祝福”メッセージ殺到

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」