ニュース
» 2021年01月26日 16時50分 公開

“龍が巻き付いた剣のキーホルダー”はなぜどの観光地でも売られている? 製作会社に話を聞いてみた

めちゃくちゃにかっこいいネーミングです。

[コンタケ,ねとらぼ]

 ドラゴンと剣といえば男子の、時には女子の心をいつまでもつかんで離さない魅惑のツートップですが、そんな2つを見事に融合させたアイテムが多くの観光地で売られているのを見たことのある方は多いでしょう。そう、剣に龍が巻き付いた、クラスに1人は所持者がいたキーホルダーです。


魔界のドラゴン夜光剣キーホルダー ポプテピピック マジックアイテム 中二病 よく見るあれ(以下、画像は商品公式サイトから)


 「中二病」的シンボルとして話題に上がったり、テレビアニメ「ポプテピピック」に登場したりと隠れた人気を持つこのアイテムの正式名称は、「魔界のドラゴン夜光剣キーホルダー」。装備するだけで全ステータスが上昇したり暗黒属性の魔物に強くなれそう感が満ちあふれています。

 しかし、一度は見たことがあっても、いつから販売しているのか、なぜ縁もゆかりもなさそうな観光地でも販売されているのかなど商品の詳細はあまり知られていません。製作しているコヤマのサイト見てみると、「魔界のドラゴン手裏剣キーホルダー」や「御神龍刀」など超絶強そうなバリエーションも存在しているもよう。


魔界のドラゴン夜光剣キーホルダー ポプテピピック マジックアイテム 中二病 魔界のドラゴン手裏剣キーホルダー

魔界のドラゴン夜光剣キーホルダー ポプテピピック マジックアイテム 中二病 御神龍刀キーホルダー

 そこで今回は、魔界のドラゴン夜光剣キーホルダーを製作しているコヤマに話を聞いてみました。伝説の剣の創造主の言葉、ご覧ください。

―― 魔界のドラゴン夜光剣キーホルダーはいつから販売されていますか。

コヤマ: 正確なことは不明ですが、20年〜25年前(1995年〜2000年)ごろから販売を開始したと思います。

―― 年間どの程度売れていますか。

コヤマ: 長期にわたりずっと販売しているので、現在は年間3000個程度じゃないでしょうか。

―― どのような経緯で開発されたものなのでしょうか。

コヤマ: 企画製作当時、弊社でドラゴンのキーホルダーが売れているという情報をキャッチしました(ドラゴンクエストの影響だと思います)。それにより、契約のデザイナーに弊社オリジナルのドラゴンキーホルダーのデザインを打ち合わせし依頼、金型製作・製造販売が始まりました。

 どの商売も一緒ですが、いち早くトレンドをキャッチして、消費者の欲しいものを作り販売していくことがメーカーの強みであります。これは今も同様ですが。われわれキーホルダーなど製造メーカーは、特に観光地において最新トレンド情報をつかむことに、相当に努力してきたと考えています。

―― 商品名の由来はどのようなものでしょうか。

コヤマ: 前述の通り、主に観光地ではドラゴンのキーホルダーが多く出始めていたため、差別化とオリジナリティーを考えて、「魔界の」と命名しました。魔界のドラゴン夜光剣キーホルダー、魔界のドラゴン手裏剣キーホルダー、魔界のドラゴン鎖ガマキーホルダーなども販売しております。

―― 観光地で売られていることが多いのはなぜでしょうか。

コヤマ: 流通の仕組みによると考えます。

 メーカーは数量が多く出る業界に販売(卸し)します。売り上げを上げる方法で、一般的に行われています。30〜40年くらい前、観光地のお土産売り場で、キーホルダーや根付、バッジなどが良く売れていました。

 メーカーは販売力のある、観光地の物産問屋に営業をかけ販売していくことになります。観光物産問屋は日本全国にあり、そこに納めると観光地のお土産売り場に商品が並びます。当時非常によく売れていたドラゴンキーホルダーが、全国の観光物産問屋を通して日本中に流通したわけです。

―― 手裏剣や刀などバリエーションがありますが、一番人気はどれでしょうか。

コヤマ: やはり剣のシリーズじゃないでしょうか。「魔界のドラゴン夜光剣」は、ロングランヒットしてます。

―― ネット上などでいわゆる「中二病」の象徴アイテムとして語られる場合がありますが、把握されていましたか。

コヤマ: 知りませんでした。




 その原点は、ドラゴンクエスト発売にまでさかのぼるちょっとした歴史のある商品でした。しかしそういわれてみると、納得のデザインでもあります。日本全国広い観光地で人々の心を長年つかみ続けるキーホルダー、今後も末永く年代を問わぬ話題のアイテムとして存在し続けてほしいものです。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  2. 「モンストのせいで彼氏と別れました」→ 運営からの回答が“神対応”と反響 思いやりに満ちた言葉に「強く生きようと思う」と前向きに
  3. 「この抜き型、何ですか……?」 家で見つけた“謎のディズニーグッズ”にさまざまな推察、そして意外な正体が判明
  4. 人間に助けを求めてきた母犬、外を探すと…… びしょ濡れになったうまれたての子犬たちを保護
  5. 幼なじみと5年ぶりに再会したら…… 陸上選手から人間ではない何かに変わっていく姿を見てしまう漫画が切ない
  6. ブルボンの“公式擬人化”ついにラスト「ホワイトロリータ」公開 イメージ通り過ぎて満点のデザイン
  7. 「幸せな風景すぎて涙出ました」 じいちゃんの台車に乗って散歩するワンコのほのぼのとした関係に癒やされる
  8. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  9. 猫「飼い主、大丈夫か……?」 毎日の“お風呂の見守り”を欠かさない3匹の猫ちゃんたちがかわいい
  10. 天才科学者2人が最強最高のロボを作成するが…… 高性能過ぎて2人の秘密がバラされちゃう漫画に頬が緩む