TENGA、ついに宇宙へ―― ホリエモンらと共同で「TENGAロケット」計画発表、2021年夏の打ち上げ目指す

すごく大がかりな発射実験。

» 2021年01月26日 19時55分 公開
[たちこぎライダーねとらぼ]

 あのTENGAが、堀江貴文さんがファウンダーを務めるインターステラテクノロジズと協同で、ロケットを打ち上げる計画を発表しました。打ち上げは2021年夏ごろを予定。国内の民間プロジェクトとしては初となる、「宇宙空間へのペイロード(荷物)放出と回収」にも挑みます。1月26日、都内で記者発表会がありました。


TENGAロケット TENGAデザインのロケットが宇宙へ!

 打ち上げ計画は「TENGAロケットプロジェクト」と名付けられたもので、TENGAとインターステラテクノロジズの協同プロジェクトとして実施されます。発表会にはTENGAの松本光一社長、インターステラテクノロジズの稲川貴大社長、そして同ファウンダーの堀江貴文さんが出席しました。


TENGAロケット 左からTENGAロボ、TENGA松本社長、堀江貴文さん、インターステラテクノロジズ稲川社長

 また記者席には、松本社長と堀江さんが共演し、プロジェクトを進めるきっかけとなったTV番組に出演していたお笑い芸人ロンドンブーツ1号2号の田村淳さんの姿もありました。


TENGAロケット マスク姿で登壇したホリエモンこと堀江貴文さん

 「TENGAロケット」は、北海道大樹町に本社を置くインターステラテクノロジズが開発した観測ロケット「MOMO(モモ)」に、新装備を施したもの。本体には「愛と自由とTENGA」というメッセージがデザインされます。インターステラテクノロジズは、国内の民間企業としては、初めて宇宙空間に到達した実績を持つ会社です。


TENGAロケット TENGA松本社長は宇宙への熱い思いを語った

 「TENGAロケット」には、3つのミッションが課せられます。1つは、1000人が想いや願いを書いた寄せ書きを入れたメッセージPODを、宇宙区間で「射出」するというもの。2つめは、TENGAの公式キャラ「TENGAロボ」を宇宙空間から地球に帰還させること。そして3つめが、宇宙空間でのTENGAの状態を計測し、宇宙でも使える「スペースTENGA」の開発に役立てようというものです。

 このうち2つめの「TENGAロボ」の宇宙空間からの帰還が実現すれば、国内の民間会社では初めて「宇宙空間へのペイロード(荷物)放出と海上での回収」を達成したことになります。

 堀江さんによると、「(TENGAロボは)プラスチック製なので、重いものに比べれば衝撃も小さく、安全に回収できると思う」とし、「TENGAロケットを宇宙に打ち上げ、みんなの想いを『放出』したい」と語りました。


TENGAロケット 記者席に現れたロンブー淳さん

 質疑応答の時間では、自身のYouTube番組の記者として来ていたロンドンブーツ1号2号の田村さんが挙手。「2人が共演した番組では、意見の相違があったように記憶しているが、その2人がなぜ、手を取り合って宇宙に行こうと思ったのでしょうか」と質問しました。

 堀江さんは意見の相違について「おぼえていない」とのことでしたが、松本社長によると「打ち合わせのときにぐいぐい来たから、逆にぐいぐいいったら雰囲気が悪くなった」とのこと。


TENGAロケット 2人がテレビ番組で共演したことでプロジェクトが動きだした

 しかし松本社長は「番組のあとで(堀江さんと)ロケットの話を始めたらものすごくアツくて、物づくりに対するこだわりや熱があるとわかった」とし、「一緒にロケットを打ち上げたいと思うようになりました」とプロジェクト始動のきっかけを振り返りました。

 また堀江さんは「TENGAさんも真摯に物づくりをしている会社。それは製品を見ればわかる。そういうところがうち(インターステラテクノロジズ)に合っているし、社員たちもモチベーション高く、このプロジェクトに取り組んでいます」といいます。

 すると松本社長は、さらに「初めてのことでも、わからなくても、手探りでも『やってみよう』という、堀江さんの常識にとらわれないやり方に共感しました」と語っていました。


TENGAロケット インターステラテクノロジズの稲川社長

 稲川貴大社長によると、TENGAロケットは2021年夏の打ち上げを目指すとのことです。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2406/18/news026.jpg 赤ちゃんがベッドから落ちた!?→あわてて行ったママが見たものは…… “うそだろ?”な衝撃寝相に「面白過ぎるやめてww」
  2. /nl/articles/2406/18/news167.jpg 人気グラドル、合成なしでヨルさんキックを完璧再現 「エナコ・フォージャー良き」「そこまで脚が上がるのがすごい」
  3. /nl/articles/2406/17/news153.jpg 数学科が切った“大小バラバラ”なピザ→わかる人にはわかる「有名定理」の再現に反響 「全然わからん!!」「声出して笑ったw」
  4. /nl/articles/2406/16/news013.jpg 【今日の計算】「8−8÷8+8」を計算せよ
  5. /nl/articles/2406/17/news029.jpg 超ロングくせ毛の小学5年生が、人生初ヘアカットをしたら…… “まるで女優さん”な激変に「めっちゃかわいい」「ストレートもウェーブもできるなんて」
  6. /nl/articles/2406/18/news009.jpg イギリスから来た両親が、初めて孫と対面して…… 感動と幸せいっぱいのリアクションに「泣いちゃいました」「最高の言葉ばかり」
  7. /nl/articles/2406/18/news108.jpg 人生正直諦めた……竹原慎二、「死を覚悟の大病」から10年で“2000万円の高級外車”を購入 10台以上乗り換えも「1番気に入ってるね」
  8. /nl/articles/2406/18/news012.jpg ママとまだ遊んでいたい赤ちゃん→必死で眠気と戦うが…… 眠りに落ちていく姿に「ママの手の魔法にはかなわない」
  9. /nl/articles/2406/18/news145.jpg 「気になるw」 大谷翔平、新ユニフォーム披露も…… “まさかの箇所”に注目集まる「全然気付かなかった」
  10. /nl/articles/2406/18/news052.jpg 「くそっ。こんなので」「ゲラゲラ笑ってる」 風情がなさすぎる“カスの枕草子”が目撃され話題に
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「最初から最後まで全ての瞬間がアウト」 Mrs. GREEN APPLE、コカ・コーラとのタイアップ曲に物議 「誰かこれを止める人いなかったのか」
  2. 「値段を三度見くらいした」 ハードオフに38万5000円で売っていた“予想外の商品”に思わず目を疑う
  3. 「え?」 “ごみだらけの道”を掃除したら…… あらわになった“まさかの正体”に世界中が驚き 「信じられない」【海外】
  4. 185センチ木村沙織、生放送で櫻坂46メンバーの横に立つと……朝8時51分に驚きの光景 「あれ? 子供が混じってる?」「親子すぎる」
  5. 「この家おかしい」と投稿された“家の図面”が111万表示 本当ならばおそろしい“状態”に「パッと見だと気付けない」「なにこれ……」
  6. 【今日の計算】「8−8÷8+8」を計算せよ
  7. フジ「アンメット」、池脇千鶴のサプライス姿が激変しすぎて“最も衝撃” イメージ覆す“肉づきたるみ顔”に「わからんかった」「びっくりして夜中に声出た」
  8. 「これどうやって使うの?」→「考えた人マジ天才」 セリア新商品の便利な使い方に「これ100円でいいんですか!?」
  9. 「この子はきっと豆柴サイズ」と言われた子柴犬、4年たつと…… 衝撃のビフォーアフターに「愛情詰まりすぎてw」「爆笑しました」の声
  10. 飼い主のことが好きすぎる超大型犬、最後は勢い余って…… 直視できないレベルの一撃に「何回見ても笑っちゃう」「襲われてる人がいます!!」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「今までなんで使わなかったのか」 ワークマンの「アルミ帽子」が暑さ対策に最強だった 「めっちゃ涼しー」
  2. 「現場を知らなすぎ」 政府広報が投稿「令和の給食」写真に批判続出…… 識者が指摘した“学校給食の問題点”
  3. 市役所で手続き中、急に笑い出した職員→何かと思って横を見たら…… 同情せざるを得ない衝撃の光景に「私でも笑ってしまう」「こんなん見たら仕事できない」
  4. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「二度と酒飲まん」 酔った勢いで通販で購入 → 後日届いた“予想外”の商品に「これ売ってるんだwww」
  7. 幼稚園の「名札」を社会人が大量購入→その理由は…… 斜め上のキュートな活用術に「超ナイスアイデア」「こういうの大好きだ!」
  8. 釣れたキジハタを1年飼ってみると…… 飼い主も驚きの姿に「もはや、魚じゃない」「もう家族やね」と反響
  9. JR東のネット銀行「JRE BANK」、申し込み殺到でメール遅延、初日分の申込受付を終了
  10. サーティワンが“よくばりフェス”の「カップの品切れ」謝罪…… 連日大人気で「予想を大幅に上回る販売」