ニュース
» 2021年01月27日 21時00分 公開

花魁の裏の顔はバンパイアハンター―― 18世紀長崎を美麗に描くファンタジー漫画に引き込まれる(1/3 ページ)

長崎弁や「おくんち」の描写は、長崎県民にも好評。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 異文化交流で栄える長崎の町で、美しき花魁(おいらん)がバンパイアハンターとして異形を討つ――。架空の江戸時代が舞台の、華やかなファンタジー漫画が読者をぐいぐい引き込んでいます。作者は漫画家の町田とし子(@matidatosiko)さん。


アイキャッチ1 美しさの陰に冷酷さが漂う、花魁の「雛菊」が魅力的



 時は18世紀、「おくんち」の祭でにぎわう長崎の江戸町で、異様な死体が発見。それは異国の商品が妙薬と称して出島にもたらす、「ミルラ(ミイラ)」のように乾き切っていました。


アイキャッチ2

アイキャッチ3

 捜査にあたった長崎奉行所の与力、相模壮次郎は少々とぼけた人物。死体見分を早々に打ち切り、着任したばかりの部下、田村弥七郎を連れて「山」へ繰り出します。いざ着いてみて、「山」が「丸山遊郭」の隠語と知って真面目な田村はあきれますが、それはれっきとした捜査の一環でした。


アイキャッチ4

アイキャッチ5

 廓で待ち受けていたのは、獣の耳を持つ不思議な少女と、浮世離れなまでに美しい紅毛人(江戸時代に用いられたオランダ人の呼称)の花魁「雛菊」。異国だけでなく「異形」ともつながっている“この長崎”の事情に明るい彼女らは、陰ながら奉行所に協力しているのです。


アイキャッチ6

アイキャッチ7

 例の死体と関係があるだろうかと、相模が持ち込んだ「指のようなもの」を見て、何かを察する雛菊。ボディガードにと田村を連れ歩く夜の町で、事件の真相と対面します。闇から2人に襲いかかった怪異の正体とは――? 結末はぜひ、漫画全編でお確かめください。


アイキャッチ8

 読者から「最後まで目が離せない」「読み切りと言わずシリーズ化してほしい」と称賛されたこの漫画。ていねいに描かれた長崎の風物も魅力的で、長崎県民からも「地元民としてはあちこちの描写にニヤニヤしてしまう」「長崎弁がナチュラルで実家のような安心感」と好評です。

作品提供:町田とし子(@matidatosiko)さん




       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2109/28/news108.jpg MAX74.8キロの霜降りせいや、半年の過酷トレーニングで約9キロ減 別人ばりの痩せ姿に「惚れました」
  2. /nl/articles/2109/27/news084.jpg 星野さんどこ……? 「どん兵衛」、鬼気迫るどんぎつねさんが“眼鏡”を放り捨てる意味深CMがもう「リアルごちゃ混ぜ」
  3. /nl/articles/2109/26/news053.jpg 娘がダイソーで買ったニワトリ風船がなんかおかしい…… ナナメ上のビジュアルに「吹いた」「おなか痛いw」
  4. /nl/articles/1904/02/news128.jpg もはや別人じゃん! ガリガリガリクソン、47キロ減で劇的ビフォーアフター「俺は平成の終わりにデブを捨てた」
  5. /nl/articles/2109/28/news069.jpg 「母さんごめん。26歳になってもまだ使ってる」 家庭科で作った“ドラゴンナップザック”を社会人になっても使い続ける猛者が強い
  6. /nl/articles/2109/28/news028.jpg 美術館への侵入を試みる黒猫と、警備員の攻防戦 4年続く仲良しなやりとりに「どちらもうれしそう」「ほっこり」の声
  7. /nl/articles/2109/27/news068.jpg 母から借りたキャリーバッグの中から見つかった不気味なものとは…… 謎が謎を呼ぶ思い出を描いた漫画がゾッとする
  8. /nl/articles/2109/29/news001.jpg 【なんて読む?】今日の難読漢字「笏」
  9. /nl/articles/2109/27/news043.jpg シンクでじっとお水を待つ猫、しかし…… 出てこない水に悲し気な姿に「悲壮感ハンパない」「けなげでかわいい」の声
  10. /nl/articles/2109/27/news061.jpg 子どもが怖い人とぶつかってしまった、と思ったら? 頑張るママを癒やしてくれる顔面ヤクザなお兄さんの漫画が優しい世界

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」