ニュース
» 2021年01月27日 21時00分 公開

花魁の裏の顔はバンパイアハンター―― 18世紀長崎を美麗に描くファンタジー漫画に引き込まれる(1/3 ページ)

長崎弁や「おくんち」の描写は、長崎県民にも好評。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 異文化交流で栄える長崎の町で、美しき花魁(おいらん)がバンパイアハンターとして異形を討つ――。架空の江戸時代が舞台の、華やかなファンタジー漫画が読者をぐいぐい引き込んでいます。作者は漫画家の町田とし子(@matidatosiko)さん。


アイキャッチ1 美しさの陰に冷酷さが漂う、花魁の「雛菊」が魅力的



 時は18世紀、「おくんち」の祭でにぎわう長崎の江戸町で、異様な死体が発見。それは異国の商品が妙薬と称して出島にもたらす、「ミルラ(ミイラ)」のように乾き切っていました。


アイキャッチ2

アイキャッチ3

 捜査にあたった長崎奉行所の与力、相模壮次郎は少々とぼけた人物。死体見分を早々に打ち切り、着任したばかりの部下、田村弥七郎を連れて「山」へ繰り出します。いざ着いてみて、「山」が「丸山遊郭」の隠語と知って真面目な田村はあきれますが、それはれっきとした捜査の一環でした。


アイキャッチ4

アイキャッチ5

 廓で待ち受けていたのは、獣の耳を持つ不思議な少女と、浮世離れなまでに美しい紅毛人(江戸時代に用いられたオランダ人の呼称)の花魁「雛菊」。異国だけでなく「異形」ともつながっている“この長崎”の事情に明るい彼女らは、陰ながら奉行所に協力しているのです。


アイキャッチ6

アイキャッチ7

 例の死体と関係があるだろうかと、相模が持ち込んだ「指のようなもの」を見て、何かを察する雛菊。ボディガードにと田村を連れ歩く夜の町で、事件の真相と対面します。闇から2人に襲いかかった怪異の正体とは――? 結末はぜひ、漫画全編でお確かめください。


アイキャッチ8

 読者から「最後まで目が離せない」「読み切りと言わずシリーズ化してほしい」と称賛されたこの漫画。ていねいに描かれた長崎の風物も魅力的で、長崎県民からも「地元民としてはあちこちの描写にニヤニヤしてしまう」「長崎弁がナチュラルで実家のような安心感」と好評です。

作品提供:町田とし子(@matidatosiko)さん




       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  2. 「モンストのせいで彼氏と別れました」→ 運営からの回答が“神対応”と反響 思いやりに満ちた言葉に「強く生きようと思う」と前向きに
  3. 「この抜き型、何ですか……?」 家で見つけた“謎のディズニーグッズ”にさまざまな推察、そして意外な正体が判明
  4. 人間に助けを求めてきた母犬、外を探すと…… びしょ濡れになったうまれたての子犬たちを保護
  5. 幼なじみと5年ぶりに再会したら…… 陸上選手から人間ではない何かに変わっていく姿を見てしまう漫画が切ない
  6. ブルボンの“公式擬人化”ついにラスト「ホワイトロリータ」公開 イメージ通り過ぎて満点のデザイン
  7. 「幸せな風景すぎて涙出ました」 じいちゃんの台車に乗って散歩するワンコのほのぼのとした関係に癒やされる
  8. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  9. 猫「飼い主、大丈夫か……?」 毎日の“お風呂の見守り”を欠かさない3匹の猫ちゃんたちがかわいい
  10. 天才科学者2人が最強最高のロボを作成するが…… 高性能過ぎて2人の秘密がバラされちゃう漫画に頬が緩む