ニュース
» 2021年04月08日 18時00分 公開

【中二病で包帯を巻いていた人インタビュー】中学校に「手首に紋章を描いて、包帯で隠すプチブーム」がやってきた理由(2/2 ページ)

[今藤祐馬,ねとらぼ]
前のページへ 1|2       

【連載一覧】ねとらぼ都市伝説調査班:「中二病」症例報告

【近日公開予定】元「闇冥魔」さんに聞く“大人になってまた巻き始めた理由”



上級者の包帯コーデ:腕に龍を描いて、包帯の下からチラ見せ



「強キャラ感」に憧れて包帯登校デビュー→1カ月でやめちゃった“素朴で大事な理由”



今でもカッコいいと思っているのに、包帯を巻かなくなった理由を聞いてみた



ねとらぼ都市伝説調査班

 あなたの脳内を探ってみてほしい。実際には見たことも聞いたこともないのに、ハッキリ思い浮かべられるイメージが潜んでいないだろうか。夜空に光るUFO、マスクをした口裂け女、気難しいが腕のたつドワーフ、食パンをくわえて走る転校生、子犬をかわいがる不良……。

 それらは本当に、この世界に存在するのだろうか。

 もしもあなたの頭の中にだけ存在するのであれば、何者かに“記憶”を操られている可能性もゼロではないかもしれない。そうでもないかもしれない。知らない。

 だから、そんな風に“まるで都市伝説のようにイメージだけで語られている事柄”の真相を突き止めるべく活動をしているのが「ねとらぼ都市伝説調査班」。編集部員が業務時間内に運営している謎の組織だ。

 自己紹介は以上。エル・プサイ・コングルゥ。

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10