ニュース
» 2021年02月20日 11時30分 公開

【大人だけど子ども向けアニメファンインタビュー】20年以上「クレヨンしんちゃん」を見続けて感じた“しんのすけのカッコよさ”

「他人への接し方のメリハリがあって、人付き合いがうまい子」と思うように。

[今藤祐馬,ねとらぼ]


 「あの作品はいいぞ」と語られるアニメは数あれど、意外と注目されないのが子ども向けアニメ。どれだけメジャーな作品でも、ほとんどの人たちが成長過程で“卒業”してしまうからかもしれません。そこで本記事は「10年以上、子ども向けアニメを見続けている人」に作品の魅力などを伺う読者募集企画。

 今回は「クレヨンしんちゃん」を約20年間見続けている方にお話を聞きました。

大人だけど“むしろアニメ版が好き”なクレしんファン

 当方27歳女(取材時点)で、おそらく22年くらい「クレヨンしんちゃん」を見続けています。わりとポピュラーな気もしますが、同年代のなかでは「しんちゃん」に詳しい部類に入ると思います。

※編集部注:ちなみに放送開始は1992年。30年ちかく放送されている長寿アニメの3分の2くらいを見てきたことになる

 気付いたときには「毎週金曜日19時半は『クレヨンしんちゃん』」というルーティンができていて、実家では今でも毎週録画しています(笑)。

 一話完結で、見やすいのが大きいかもしれません。20歳を超えてからも、化粧したりご飯を食べたりしながら視聴し続けています。

ーー 子どものころと現在で、印象が変わったところは?

 小さいころは「しんちゃん=今で言う『あたおか』の部類で笑わせてくれる面白い子」という印象だったのですが、集団生活の中で人間関係を学んでからは、「他人への接し方のメリハリがあって、人付き合いがうまい子」と思うようになりました。

 例えば、普段は風間くんとかに嫌われてもおかしくないようなことをしていますけど、彼がピンチのときには助けにいくようなところがあるんです。

 私も「普段はおちゃらけているけど、困っている人がいたら助けてあげられるカッコいい人になりたい!」と思いました。しんちゃんはあまり勉強になるような行動はしませんが、そこは良い意味でギャップですね。

―― 大人の中には「映画のクレしんはいいぞ」と言う方もいますが、テレビ版と劇場版、どちらが好きですか?

 断然テレビ版です! 映画1本をちゃんと見る時間がなかなか確保できないというのもありますが、映画版は全体的に暗い内容が多くて。

 ただ「嵐を呼ぶ モーレツ!オトナ帝国の逆襲」は「人生で2回見てほしい映画」ナンバーワンです!! 私は大人になって「あのころは楽しかったなあ」と懐かしむ気持ちが理解できるようになってから見直したら、大きく印象が変わりました。

※編集部注:21世紀が始まった2001年に劇場公開された『オトナ帝国の逆襲』は「過去の思い出にしがみつき21世紀を破壊するオトナ帝国が、未来を信じ21世紀を求める子どもたちを襲う」というストーリー。ある程度成長しないと「オトナ帝国」側の気持ちは分からないかも

 あと、「爆睡!ユメミーワールド大突撃」(2016年劇場公開)はぜひ反抗期の方に見ておいてもらいたい作品です(笑)。みさえの母親としてのカッコよさがにじみ出ている作品で、大人になってから「母親がどれほど子どもを思っているのか」が分かるようになると思います。

―― なかなか時間が取れないと言いつつもけっこう見てるみたいですね、劇場版。

 取りあえずクレヨンしんちゃん最高です!!!

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「竜とそばかすの姫」レビュー 危険すぎるメッセージと脚本の致命的な欠陥
  2. 笠井アナ、日比谷公園で「信じられないことが…」 サンドイッチを狙う集団に「何? えーっ! まさか、それはないでしょ!」
  3. 62歳の宮崎美子、マクドナルドCMで初々しい中学生少女を見事に演じる 「暖かい目でぜひ見てください」
  4. 瀕死のスズメのヒナを助けたのに…… 「助けたヒナたちに完全にナメられた」動画がほほえましくて面白い
  5. ハート打ち抜かれました! コロンビアのアーチェリー女子選手が「かわいい」「エルフ」と注目の的に
  6. 散歩中のラブラドール、助けを求める子猫を発見→保護 親子のような仲むつまじいふたりに涙が出る
  7. 宮迫博之、美容整形から2週間のビフォーアフター公開 手術直後の腫れ&炎症だらけな顔に「暴漢に遭ったんかって」
  8. 上野樹里、“娘”の誕生日に愛情たっぷり手作りオムライス公開 「がんばろうね ママより」と祝福メッセージ
  9. 出勤時、妻にいつになく強く抱きしめられた夫→妻が家に帰ってくると…… 何気ない日常を描いた漫画にツッコミつつもジーンとする
  10. 「本人にしか見えない」「めっちゃ似てる」 霜降り明星せいや、オリンピック開会式に“ガチのそっくりさん”を発見する