ニュース
» 2021年01月30日 16時00分 公開

「駅長に怒られるまで」「阪神・巨人のようなもの」 神戸・新開地駅のエスカレーターに設置されているPOPが2度見不可避すぎる 設置のワケは?

普通の会話に見えますが……?

[大泉勝彦,ねとらぼ]

 関西のとある駅のエスカレーターに設置されていたPOP(ポップ)が、ネットで「センスある」「思わず笑ってしまう」と話題になっています。

 設置されているPOPは、エスカレーターに関連する「素朴な疑問」について、母と娘が会話するようなシチュエーションで描かれています。

 その内容は「エスカレーターで立つ位置が関東と関西で違うのはなぜ?」というもの。東西の利用方法の違いについて「ねぇ、お母さん!」と問いかける娘に、母は「関東への対抗意識があったんじゃない!」と、プロ野球における阪神・巨人の戦いで垣間見える対抗意識ようなものよと娘に教えています。

 最後にしれっと「知らんけど…。」と添えるあたり、関西らしさが溢れていますね。

新開地駅 エスカレーター 地域によってエスカレーターで立ち止まる位置が違う理由とは……?(写真提供:アズサネさん)
新開地駅 エスカレーター 「知らんけど」来た!(写真提供:アズサネさん)

 「知らんけど」というのは、関西弁あるあるの1つ。とりあえず最後に「知らんけど」と言っておけば、なにか間違っていても「いや、知らんけどって言ったやん?」で罪から逃れられる最強の言葉として知られています。知らんけど。

 その後、親子のやりとりは「いつまでこのアイキャッチ続けるの?」「みんながエスカレーターで立ち止まるか、このアイキャッチの担当者が、新開地駅長から怒られるまでよ」と続きます。

新開地駅 エスカレーター 「いつまでこのアイキャッチ続けるの?」(写真提供:アズサネさん)
新開地駅 エスカレーター 「みんながエスカレーターで立ち止まるか、このアイキャッチの担当者が、新開地駅長から怒られるまでよ」(写真提供:アズサネさん)

 Twitterでは、このゆるい雰囲気で繰り広げられる世界観に癒やされた人から、内容に共感したという反応やシンプルに面白いとウケている様子。しかし、そもそもなぜこんなPOPが設置されていたのでしょうか?

 このPOPは、エスカレーターで利用者に立ち止まってもらうために設置しているもので、直接「エスカレーターでは立ち止まって」と言わずに、遊びごころを取り入れた手法に対して、ネットでは「頭がいい」「どうか新開地駅長さんは怒らないであげて」という意見が多く見られました。

 阪神電気鉄道の広報担当者に話を聞いてみると、新開地駅に設置されているPOPは3代目。駅長の下で、新開地駅の管区(西元町〜高速長田駅)の駅業務を管理する立場にある助役が設置したものだそうです。

新開地駅 エスカレーター Twitterで拡散された4枚の前後にも、実はまだ設置されている(写真提供:阪神電鉄)
新開地駅 エスカレーター 娘からの質問第1問は「どうしてエスカレーターは歩くのダメなの?」というものだった(写真提供:阪神電鉄)
新開地駅 エスカレーター その答えは「安全装置が動作して急停止するかもしれないの!」と、その後の展開とは全く逆の真面目な内容(写真提供:阪神電鉄)

 新開地駅は1日の乗降客数が約2万3000人。また、約3万人が大阪方面(阪神方面、阪急方面)のほか、明石・姫路方面(山陽電鉄方面)から神戸電鉄に乗り換えていて、神戸市内にある駅の中でも特に混雑する駅の1つです。

新開地駅 エスカレーター POPは新開地駅のエスカレーター2基に設置されている(写真提供:匿名希望の方より)

 エスカレーターは阪神・阪急から神戸電鉄への乗り換えルートにあり、発車間際などはどうしても急いでいる利用者が目立ちます。エスカレーターで転倒する事故や荷物がぶつかるトラブルもあり、自動放送やポスターによる啓発を行ってきましたが、見逃されがちでした。

 多くの人が利用する新開地駅で、「利用者の目に止まり、エスカレーターで立ち止まってもらえるものはないか」という思いから、このPOPが生まれたといいます。

 最初のPOPは「エスカレーターは立ち止まってご利用ください」といった真面目な文面でしたが、より利用者の目に止まるよう、さらに進化。以前に設置されていたもの(2代目)は歌舞伎役者スタイルで、「あと少しの我慢〜っ!そのままぁ〜、そのままでぇーっ!」と書かれていたそうです。

 「ネットでここまで話題になるのは想定外でしたが、これを機にエスカレーターの安全な乗り方(歩かずに立ち止まる、手すりをもつ)についてご理解いただけますと幸いです」と広報担当者は締めくくりました。

新開地駅 エスカレーター エスカレーターを上りきったとこに設置(写真提供:阪神電鉄)

大泉勝彦

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  2. 「モンストのせいで彼氏と別れました」→ 運営からの回答が“神対応”と反響 思いやりに満ちた言葉に「強く生きようと思う」と前向きに
  3. 「この抜き型、何ですか……?」 家で見つけた“謎のディズニーグッズ”にさまざまな推察、そして意外な正体が判明
  4. 人間に助けを求めてきた母犬、外を探すと…… びしょ濡れになったうまれたての子犬たちを保護
  5. 幼なじみと5年ぶりに再会したら…… 陸上選手から人間ではない何かに変わっていく姿を見てしまう漫画が切ない
  6. ブルボンの“公式擬人化”ついにラスト「ホワイトロリータ」公開 イメージ通り過ぎて満点のデザイン
  7. 「幸せな風景すぎて涙出ました」 じいちゃんの台車に乗って散歩するワンコのほのぼのとした関係に癒やされる
  8. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  9. 猫「飼い主、大丈夫か……?」 毎日の“お風呂の見守り”を欠かさない3匹の猫ちゃんたちがかわいい
  10. 天才科学者2人が最強最高のロボを作成するが…… 高性能過ぎて2人の秘密がバラされちゃう漫画に頬が緩む

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響