ニュース
» 2021年02月01日 21時15分 公開

「シュレーディンガーの猫」みたいな言葉を自動生成するサイト「エポニムの標題」が永遠に遊べそう

エポニム(人名や地名に由来する言葉)を学術用語等から引用し、「○○の××」の形で生成するサービス。物語のタイトルなど、発想のヒントになるかも。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 「シュレーディンガーの猫」や「カノッサの屈辱」のような言葉を自動生成するサイト、「エポニムの標題」が近ごろ注目を集めています。ワンクリックで「オルフェウスの提灯」やら「ケリュネイアのカーペット」やら、アカデミックな響きが生まれて永遠に遊べそう。


エポニムの標題 「タイトルを作る」を押すだけで、魅力的な言葉がランダムに生成。図らずも恐ろしい言葉が出てきてしまった

 「○○の××」の形になっているエポニム(人名や地名に由来する言葉)を学術用語等から2つピックアップし、新しい言葉へミックスする仕組み。例えば、「ブロッケンの妖怪」と「ケーララの赤い雨」を合わせて、「ブロッケンの赤い雨」といった具合です。


エポニムの標題 過去の履歴はTwitterでシェアできます。合成元の意味も表示されるので、雑学も身につく

 生成と同時に元ネタの解説が表示される親切さもあって、サービスは「ずっとやってられる」「無限にクリックしたくなる」と好評。「ギャルの角笛+オルレアンの噂で『ギャルの噂』に」「『イカの誘惑』なんてのができたが居酒屋のメニューみたいだ」など、ユーモラスな結果報告も上がっています。

 作者は「クリスマス終了のお知らせカレンダー」や「特殊文字コードを探せる検索エンジン『とっけん』」(関連記事12)でも話題を呼んだ、Webデザイナーのたけ(@take_it02)さん。「どこか神秘的で、知的好奇心や、厨二心をくすぐるものがある」と、エポニムの魅力を語りました。

 サイトで引用されるエポニムは、数学、歴史、医学、天文学などさまざまな分野から選ばれた約200語。これらをランダムに組み合わせることで生じる新しい着想が、「小説や詞、絵など、何かのタイトル決めに困っているかたのヒントになれば幸いです」とのことです。

 たけさんはランダムに生成したエポニムを3時間ごとにツイートするbot(@eponym20)も作成。フォローしておけば、タイムラインを眺めているだけでアイデアが降ってくるかもしれません。


協力:たけ(@take_it02)さん


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2105/13/news131.jpg 「なんて品の無い番組だろう」 光浦靖子、手作りした作品を笑い飛ばした番組演出にファンから怒りの声
  2. /nl/articles/1607/05/news111.jpg TBS、「行き過ぎた編集」で謝罪 バラエティー番組で出演者の姿を意図的に消すなどしていた問題
  3. /nl/articles/2105/13/news008.jpg 「子猫とは思えない」「前世はゴルゴかな?」 飼い主を起こしに来た子猫の表情が“必殺仕事人”の貫禄
  4. /nl/articles/2105/13/news014.jpg サーバーに魔よけのお札を!? 神頼みのIT企業描くギャグ漫画に「案外ウソでもない」と業界から証言
  5. /nl/articles/2105/12/news162.jpg 「USB 3.0機器はゆっくり差すと2.0、素早く差すと3.0として認識される」って本当? →メーカー「本当です」
  6. /nl/articles/2105/13/news011.jpg 夜にキッチンの窓から見た人影 振り返ってみると恐ろしかった出来事を描いた漫画がゾクッとする
  7. /nl/articles/2104/30/news103.jpg TBS「クレイジージャーニー」“ヤラセ発覚”から1年半ぶりに復活 「めっちゃ嬉しい!」「レギュラー復活を」と喜びの声あがる
  8. /nl/articles/2105/13/news105.jpg 【ぞっとする実話】泥酔したとき友だち面したおじさんに連れていかれそうになるも、介抱してくれた人が放った一言で見事に追い払った
  9. /nl/articles/2105/13/news015.jpg なぜ猫は何年たってもかわいいのか?→“猫に記憶を消されている説” 飽きない理由を描いた漫画に「すげえ納得した」の声
  10. /nl/articles/2105/10/news103.jpg エレベーターで小学生姉弟がハグ→理由を聞くと…… マスクを忘れた子どもの対処法を描いた漫画に胸がぎゅっとなる

先週の総合アクセスTOP10