ニュース
» 2021年02月01日 20時10分 公開

三菱鉛筆、アニメ業界定番の「硬質色鉛筆」を生産終了 6月末までに

2015年にも生産終了が発表されていましたが、その際は関係者の働きかけで一旦生産継続となっていました。

[福田瑠千代,ねとらぼ]

 三菱鉛筆は2月1日、硬質色鉛筆「7700」シリーズの「橙色/黄緑/水色」の生産を6月末までに終了すると発表しました。生産終了の理由は「原材料調達の問題から」としています。なお「赤色」は販売継続するとのこと。

生産終了が発表された「7700 4 橙色」「7700 5 黄緑」「7700 8 水色」(画像はAmazon.co.jpより)

 これらの色鉛筆は、アニメ制作の現場で長年重宝されてきたもの。三菱鉛筆は2015年にも同シリーズの生産終了を発表していましたが、アニメ関係者から悲鳴が上がり、業界団体などとの協議を経て、当面の販売継続を取り決めていました。

 硬質の色鉛筆は、ぬり絵などに使う軟質の色鉛筆に比べ、細いくっきりとした線が引きやすく、消しゴムで消しやすいことなどが特徴。アニメ制作においてはアニメーターが彩色担当者に色分けの指示を出す際などに用います。

 日本アニメーター・演出協会(JAniCA)では2015年時点でアニメ業界関係者向けに行った、硬質色鉛筆の代用方法のアンケート結果を公開中。また、仕上(彩色)分野で国内大手のアニメ会社・Wish協力の元、代替製品を含む各社の色鉛筆等のテストデータをアニメ制作会社・スタジオ向けに提供中です。

「通常、生産を終了する弊社製品につきましてはプレスリリースを配信いたしませんが、長らく特定の業種の方々にご愛顧いただいておりましたことを考慮し、生産終了のお知らせをご案内申し上げます。これまで日々の作業の必需品としてご利用いただいていたお客様には、大変なご不便をおかけすることとなり、誠に申し訳ございません。長年にわたるご愛顧に心より感謝申し上げます」(三菱鉛筆)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」