ニュース
» 2021年02月04日 21時30分 公開

オタ活を6年間封印した2児の母が、再会した「推し」に救われた話 積み重なるストレスをはねのける漫画が元気をくれる(1/2 ページ)

わかりみ。

[福田瑠千代,ねとらぼ]

 日常の中で小さなストレスが積み重なり、心がポッキリ折れてしまいそうになることってありますよね。そんなぎりぎりのところで支えになってくれた、とある楽曲について描いたエッセイ漫画が共感を呼んでいます。


 「家事」「コロナ」「引っ越し」「子どもの転園」……一つ一つは小さなことでも、これらが積み重なったことで「消えてなくなりたい」ほどに心労がピークに達してしまったという副(@fukusayoudesu)さん。しかし副さんには、全てを投げ出す前に絶対に聴くと決めていた、とっておきの曲がありました。


 その曲とは、過去に“引くほどハマっていた”という、「うたの☆プリンスさまっ♪(以下、うたプリ)」の一ノ瀬トキヤ(CV 宮野真守)が歌う名曲。……だったのですが、副さんは肝心のその曲名すら思い出せなくなっていたことに気付きます。


 実は副さんは2児の母として、この6年間「一ノ瀬トキヤ」の名前すら一度も耳にしない、濃密なママ友ライフを送るようになっていたのです。しかし記憶が薄れてしまったとはいえ、歌詞などは断片的に思い出せるもの。そうして歌詞の一節を検索してみると……。



 PCから流れてきたのは、全く色褪せない、あの頃のままのメロディー。感動の再会に、副さんはたちまち「これから50年くらい 余裕で生きられる。」と、思わず椅子から立ち上がるほどに元気いっぱいになったのでした。よかった……!

 副さんが探していた曲は「CRYSTAL TIME」。この、推しとの再会に一気に回復した様子にTwitterでは、「私もまさにうたプリが青春です」「何年か経って『久しぶりに……』とCRYSTAL TIMEを聴いたらもう感情がダムになりました」と、多くの共感を呼びました。


よく考えればいつだって青春

 実はこの漫画、一部からは批判意見も上がっていました。当初Twitterに投稿された漫画には「うたプリはまさに私の青春(笑)である」「青春(笑)の曲は、人を生かすね。」という表現があり、この「(笑)」という部分に、 「現在も作品を楽しんでいる人をばかにしているのではないか」と違和感を覚えた人もいたようです(※記事に掲載している漫画は、副さんが批判を受けて修正したバージョン)。

 ねとらぼ編集部がこの点について副さんに質問したところ、次のコメントをいただきました。

 もちろん、ばかにする意図は全くありませんでした。そう感じてしまったのなら私の至らなかった点ですので、申し訳ないです。

 「(笑)」という表現は一種の気恥ずかしさから付けてしまいました。個人的にはそこまで深く考えていなかったので、むしろみなさん細部までよく読んでくださってびっくりです。「青春」という言葉は学生時代を指すと思っていました。実際に、私がハマっていたのは社会人なってからでしたので、そのような気恥ずかしさもあったかと思います。しかし、よく考えればいつだって青春ですから、私の固定観念だったなと反省しています。


 生活の中で距離が離れてしまう時期があったとしても、一度夢中になった作品や楽曲は、触れればたちまち青春を呼び戻してくれるすてきなもの。しんどさが積み重なったときには、自分にとってそんな存在がなかったか、今一度探してみると、副さんのように50年分の元気が充填できるかもしれません。

作品提供:副さん(@fukusayoudesu

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 上野樹里、“娘”の誕生日に愛情たっぷり手作りオムライス公開 「がんばろうね ママより」と祝福メッセージ
  2. 石橋貴明&鈴木保奈美が離婚報告 今後は“事務所社長と所属俳優”として「新たなパートナーシップ」構築
  3. 元ブルゾンちえみ・藤原史織、最新ショットに反響 「更に痩せた?? 可愛すぎる」「素敵です!! 足細いですね」
  4. 「美容師人生の集大成を見せる」 タンザニアハーフ女子を縮毛矯正したら「美容師ナメてた」「人生変わるレベル」と360万再生
  5. 出勤時、妻にいつになく強く抱きしめられた夫→妻が家に帰ってくると…… 何気ない日常を描いた漫画にツッコミつつもジーンとする
  6. 怒られたシェパード、柴犬の後ろに隠れたけど…… でっかくて丸見えなしょんぼりワンコが応援したくなる
  7. 塚本高史、中2長女&小6長男の背の高さに驚き 「なんじゃこいつらの成長の早さは!」「俺身長抜かれるんか?」
  8. 「声出して笑った」「狂人度高くて好き」 自転車泥棒を防ごうと不吉そうな箱を自作→まさかの結末迎える漫画が話題に
  9. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  10. 基地で生まれ育った子猫、兵士が足踏みすると…… まねをして一緒に行進する姿がかわいい

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」