ニュース
» 2021年02月04日 20時00分 公開

「拝むレベル」「かっこいい」 ビーズ作品の完成を邪魔されても怒らない夫、その理由にじーんとする(1/2 ページ)

発想を変えると見えてくることもある。

[谷町邦子,ねとらぼ]

  「夫えらいなあって思った話」を描いた漫画がTwitterに投稿され、注目が集まっています。漫画の作者はこたきさえ@kokokotaki913)さん。

 こたきさんの夫と長女は、ビーズを並べて水を吹きかけて作るアクアビーズで遊んでいました。何度も完成しそうになるのですが、そのたびに別の遊びをしていた次女が夫の背中にぶつかって崩れてしまいます。


夫えらいなあって思った話 完成を間近だったのに、悔しくならないのでしょうか

 子どもに悪気はないとわかっていても、ついイライラしそうな場面。それでも穏やかな態度の夫に、こたきさんは「前から思っていたけど娘たちに全然イライラしないよね」と声をかけます。すると、夫はアクアビーズはあくまでも「娘と一緒にいるためのツールの一つ」で、その完成は目的ではないと答えます。だから、何回崩れても腹が立たないということなのでしょう。


夫えらいなあって思った話 完成じゃなくて、あくまで一緒にいることを重視

 普段いかに子どもたちと過ごしずつ家事と仕事を進めるかを考えていたこたきさん。夫の発想に、目から鱗ならぬ、目からコンタクトレンズが落ちるほど驚くことになりました。


夫えらいなあって思った話 育児、家事、仕事……同時進行になりがちのようです。その中で気持ちの余裕も失われていたのでしょうか

 漫画には、子育て中の人から「拝むレベルじゃん」「かっこいい!」といった、こたきさんの夫の考えに関心するコメントや、「終わってほしくない時間ってあるよね」と子どもと過ごす時間の大切さについて語る声が寄せられていました。

 また、一方で「子と家で遊んでる時って『どのタイミングで放置できるか?つぎにやらねばならぬ家事は?』などの考えを巡らせまくってる」と、育児だけでなく家事を担うことが多い母親の立場に共感するコメントも。子どもと過ごすことをゆったりと楽しむには、気持ちや時間など、さまざまな「ゆとり」が必要なようです。

 長女、次女、ふたりの娘さんを育てながら漫画やイラストを描くこたきさん。やさしい色づかいとキュートなタッチで、日々の出来事をTwitterで公開しています。

画像提供:こたきさえ(@kokokotaki913)さん

(谷町邦子 FacebookTwitter

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「竜とそばかすの姫」レビュー 危険すぎるメッセージと脚本の致命的な欠陥
  2. 笠井アナ、日比谷公園で「信じられないことが…」 サンドイッチを狙う集団に「何? えーっ! まさか、それはないでしょ!」
  3. 62歳の宮崎美子、マクドナルドCMで初々しい中学生少女を見事に演じる 「暖かい目でぜひ見てください」
  4. 瀕死のスズメのヒナを助けたのに…… 「助けたヒナたちに完全にナメられた」動画がほほえましくて面白い
  5. ハート打ち抜かれました! コロンビアのアーチェリー女子選手が「かわいい」「エルフ」と注目の的に
  6. 散歩中のラブラドール、助けを求める子猫を発見→保護 親子のような仲むつまじいふたりに涙が出る
  7. 宮迫博之、美容整形から2週間のビフォーアフター公開 手術直後の腫れ&炎症だらけな顔に「暴漢に遭ったんかって」
  8. 上野樹里、“娘”の誕生日に愛情たっぷり手作りオムライス公開 「がんばろうね ママより」と祝福メッセージ
  9. 出勤時、妻にいつになく強く抱きしめられた夫→妻が家に帰ってくると…… 何気ない日常を描いた漫画にツッコミつつもジーンとする
  10. 「本人にしか見えない」「めっちゃ似てる」 霜降り明星せいや、オリンピック開会式に“ガチのそっくりさん”を発見する