ニュース
» 2021年02月04日 19時23分 公開

しまいやすい、注ぎやすい、入れやすい “四角いフライパン”が目からうろこな発想で自炊勢から注目を集める

丸か四角か、ご家庭の事情に合わせてどうぞ。

[コンタケ,ねとらぼ]

 ドウシシャから2月中旬に発売されるフライパン「sutto」が便利そうと自炊をする人たちの注目を集めています。このフライパンの最大の特徴は、四角いこと。四角いことでどんなメリットが……と思ったら、「側面で自立するので収納しやすい」とのこと。なるほど……。




ドウシシャ sutto フライパン 四角 ひと目で便利さが分かる画像(以下、画像はsutto公式サイトから)

 また、四角いことでスープなどが注ぎやすい、レトルトパックや冷凍うどんが入れやすいなどのメリットがあるとのこと。思った以上に四角いことで得られるメリットは多そうです。


ドウシシャ sutto フライパン 四角

ドウシシャ sutto フライパン 四角

ドウシシャ sutto フライパン 四角

 「sutto」は、「重ね置きしたフライパンを取り出すのが面倒」「フライパンをしまうスペースが少ない」といったキッチンの悩みが多いことから開発されたもの。自立することで、洗い物をする際にも場所を取らないなどさまざまなメリットが得られたとのことです。

 サイズは3種類あり、価格はオープンプライス(会員ページでは小サイズが2179円、中サイズが2728円、大サイズが3278円、全て税込)。シリコーンリング付きガラスふたが付属します。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10