ニュース
» 2021年02月08日 19時00分 公開

自分の字を嫌っていた作者が「万年筆の沼」にハマるまで 万年筆オタク漫画の布教力が高すぎる

きっとあなたも万年筆が欲しくなる。

[宮原れい,ねとらぼ]

 学生時代に「字が汚い」と言われコンプレックスになった作者が、万年筆の“沼”にハマるまでを描いた漫画がすてきです。投稿したのは、いくたはな(@suitondiary)さん。

 きっかけは2年ほど前、パッケージに「きっと書くのが楽しくなる」と書かれた万年筆に出会ったことでした。


字 下手 汚い コンプレックス 万年筆 沼 ハマる エッセイ 漫画 沼のきっかけはお店でのふとした出会いから


 万年筆のイメージは“字の上手な人が使う道具”。パッケージの「きっと書くのが楽しくなる」という言葉に惹かれつつ、自分が買っていいものかと葛藤します。

 なぜなら、いくたさんは学生の頃に教師から言われた「字汚いよ」の言葉にショックを受け、ずっと自分の字が嫌いだったからです。


字 下手 汚い コンプレックス 万年筆 沼 ハマる エッセイ 漫画

字 下手 汚い コンプレックス 万年筆 沼 ハマる エッセイ 漫画

字 下手 汚い コンプレックス 万年筆 沼 ハマる エッセイ 漫画 恥ずかしさでドキドキしながら万年筆を買った結果……?

 それでも勇気を出して購入……! 早速インクカートリッジをセットし、紙に書き始めると――「字を書くっていうか生まれてる…!?」「字が生きてる気すらする…!!」――と、その書き心地に心をつかまれます。


字 下手 汚い コンプレックス 万年筆 沼 ハマる エッセイ 漫画

字 下手 汚い コンプレックス 万年筆 沼 ハマる エッセイ 漫画 すぐにその書き味に魅了されることに!

 自分の字は嫌いでも、文章を書くことは好きだったいくたさん。彼女が深い深い“沼”に沈むまでは一瞬でした。万年筆・インク・ガラスペン――漫画の後半では、好きなものを幸せそうに早口で語るいくたさんの姿が描かれます。

 そして最後には、同じようなコンプレックスを持つ人に向けて、ペンやインク次第で自分の字に愛着がもてるようになる可能性があることを伝えるのでした。「自分の字のコンプレックスが…化けますよ」。


字 下手 汚い コンプレックス 万年筆 沼 ハマる エッセイ 漫画

字 下手 汚い コンプレックス 万年筆 沼 ハマる エッセイ 漫画

字 下手 汚い コンプレックス 万年筆 沼 ハマる エッセイ 漫画 なんて深くて楽しそうな沼なんだ……!

 Twitterでは「とっても素敵な沼ですね!」「めっちゃ万年筆欲しくなった」の声が寄せられており、ペンのコレクションを見てみたいといった声も上がっています。楽しそうに好きなものを話している人を見ると、こちらもワクワクしてきますよね!

 いくたさんは他にもInstagram(@iktaa222)ブログ「いくたの前向記後向記」にて、主に家族との暮らしを漫画にしています。

画像提供:いくたはな(@suitondiary)さん



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  2. 「モンストのせいで彼氏と別れました」→ 運営からの回答が“神対応”と反響 思いやりに満ちた言葉に「強く生きようと思う」と前向きに
  3. 「この抜き型、何ですか……?」 家で見つけた“謎のディズニーグッズ”にさまざまな推察、そして意外な正体が判明
  4. 人間に助けを求めてきた母犬、外を探すと…… びしょ濡れになったうまれたての子犬たちを保護
  5. 幼なじみと5年ぶりに再会したら…… 陸上選手から人間ではない何かに変わっていく姿を見てしまう漫画が切ない
  6. ブルボンの“公式擬人化”ついにラスト「ホワイトロリータ」公開 イメージ通り過ぎて満点のデザイン
  7. 「幸せな風景すぎて涙出ました」 じいちゃんの台車に乗って散歩するワンコのほのぼのとした関係に癒やされる
  8. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  9. 猫「飼い主、大丈夫か……?」 毎日の“お風呂の見守り”を欠かさない3匹の猫ちゃんたちがかわいい
  10. 天才科学者2人が最強最高のロボを作成するが…… 高性能過ぎて2人の秘密がバラされちゃう漫画に頬が緩む