ニュース
» 2021年02月05日 19時00分 公開

地味な僕に優しすぎるギャル 「存在自体がファンタジー」な同級生を描く漫画がファンタジーすぎる(1/2 ページ)

人間関係には意外な接点がある。

[植木 鉢,ねとらぼ]

 陰キャオーラ漂わせる男子とギャルギャルしい女子。接点のなさそうな2人が意外な理由で惹きつけられる話が最高にファンタジーだと、Twitterで喝采を浴びています。描いたのは漫画家の八木戸マトさん


こんなのファンタジーでしょ 『こんなのファンタジーでしょ』

 学校で雑用を押し付けられがちなコータロー。地味な雰囲気の少年ではありますが、そんな彼に最近なぜか急に優しくしてくれるガングロでミニスカ、ルーズソックスのいかにもなギャルがいます。


こんなのファンタジーでしょ

こんなのファンタジーでしょ

 2人の接点は同じクラスということだけ。優しすぎる彼女に対して胸の内が読めずにいろいろと疑い、予想できない行動に「存在自体がファンタジーである」と結論付けました。


こんなのファンタジーでしょ

こんなのファンタジーでしょ

 そんなことを思う彼とは裏腹に、ギャルの独白により、彼女の優しさの理由が判明。それはコータローの華奢な瞳に陰があって、よく見るとイケメンという自分好みのラノベ主人公のような存在だったから。実は彼女もまた、彼を「ファンタジーな存在」と思いながら、ひっそりと推していたのでした。

 Twitterでは「お互いが心の中でマッチしてるの好き」「じゅようときょうきゅう!」と、ファンタジーなペアに絶賛コメントが寄せられていました。

 こちらの作品は以前執筆したものを再投稿したところ、大きな話題に。作品は八木さんの過去作をまとめた電子書籍『告白シリーズ総集編 第一集』にも集録されていて、こちらはKindle版が無料配信中です。

画像提供:八木戸マトさん(@yakitomahawk



       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2105/13/news131.jpg 「なんて品の無い番組だろう」 光浦靖子、手作りした作品を笑い飛ばした番組演出にファンから怒りの声
  2. /nl/articles/1607/05/news111.jpg TBS、「行き過ぎた編集」で謝罪 バラエティー番組で出演者の姿を意図的に消すなどしていた問題
  3. /nl/articles/2105/13/news008.jpg 「子猫とは思えない」「前世はゴルゴかな?」 飼い主を起こしに来た子猫の表情が“必殺仕事人”の貫禄
  4. /nl/articles/2105/13/news014.jpg サーバーに魔よけのお札を!? 神頼みのIT企業描くギャグ漫画に「案外ウソでもない」と業界から証言
  5. /nl/articles/2105/12/news162.jpg 「USB 3.0機器はゆっくり差すと2.0、素早く差すと3.0として認識される」って本当? →メーカー「本当です」
  6. /nl/articles/2105/13/news011.jpg 夜にキッチンの窓から見た人影 振り返ってみると恐ろしかった出来事を描いた漫画がゾクッとする
  7. /nl/articles/2104/30/news103.jpg TBS「クレイジージャーニー」“ヤラセ発覚”から1年半ぶりに復活 「めっちゃ嬉しい!」「レギュラー復活を」と喜びの声あがる
  8. /nl/articles/2105/13/news105.jpg 【ぞっとする実話】泥酔したとき友だち面したおじさんに連れていかれそうになるも、介抱してくれた人が放った一言で見事に追い払った
  9. /nl/articles/2105/13/news015.jpg なぜ猫は何年たってもかわいいのか?→“猫に記憶を消されている説” 飽きない理由を描いた漫画に「すげえ納得した」の声
  10. /nl/articles/2105/12/news019.jpg トイレから戻ったら「猫がオンライン会議してた」 真剣な表情で参加するエリート猫ちゃんがかわいい

先週の総合アクセスTOP10