ニュース
» 2021年02月05日 12時00分 公開

「お湯でスープ作るんだ……!!」 北海道民のソウルフード「やきそば弁当」を初めて食べたレポ漫画に反響(1/2 ページ)

[だいごろう,ねとらぼ]

 北海道限定のカップ焼きそば「やきそば弁当」を初めて食べた人のレポ漫画が反響を呼んでいます。普通のカップ焼きそばにはないあるものが付いているのだとか。


コマ1

 漫画を描いたのは、イラストレーターの中村一般さん(@nakamuraippan)。中村さんが「やきそば弁当」を知ったのは、北海道出身の人とカップ焼きそばについて話していたときでした。都内に住んでいる中村さんは「ペヤング」しか知らなかったそうですが、このとき北海道限定のカップ焼きそば「やきそば弁当」の存在を知ります。


コマ2

 それから数年後、有楽町に行った際に偶然通りがかった「北海道物産の店」へ入ってみると、そこには本物の「やきそば弁当」が。


コマ3

 実食するといっても、蓋を開けてかやくを入れたらお湯を注いで3分待つのは、通常のカップ焼きそばと同じ。しかし、「やきそば弁当」にはスープの粉が付いており、湯切ったお湯で粉を溶かすと即席の中華スープになるのです。最後は残りのお湯を捨てソースと麺を絡めたら完成。


コマ4

 出来立ての「やきそば弁当」を頬張りながら、見た目は「ペヤング」とあまり変わらない、味もほぼ一緒と思う中村さん。ただ、2つの違いを強いていうなら、「ペヤング」の肉はドッグフードのような形で、「やきそば弁当」の肉はサイコロ状とのこと。ちなみに、初めて飲んだ焼きそば湯切りスープはおいしかったそうです。

 Twitterで公開した漫画には、「道民のソウルフード」「スープに麺を付けるとおいしい」といったリプライのほか、「ペヤングとやきそば弁当の味は全然違うよ」という人もおり、中村さんは今度改めて食べ比べをしてみて後日談を描きたいとツイートしています

作品提供:中村一般さん(@nakamuraippan


       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  2. 「モンストのせいで彼氏と別れました」→ 運営からの回答が“神対応”と反響 思いやりに満ちた言葉に「強く生きようと思う」と前向きに
  3. 「この抜き型、何ですか……?」 家で見つけた“謎のディズニーグッズ”にさまざまな推察、そして意外な正体が判明
  4. 人間に助けを求めてきた母犬、外を探すと…… びしょ濡れになったうまれたての子犬たちを保護
  5. 幼なじみと5年ぶりに再会したら…… 陸上選手から人間ではない何かに変わっていく姿を見てしまう漫画が切ない
  6. ブルボンの“公式擬人化”ついにラスト「ホワイトロリータ」公開 イメージ通り過ぎて満点のデザイン
  7. 「幸せな風景すぎて涙出ました」 じいちゃんの台車に乗って散歩するワンコのほのぼのとした関係に癒やされる
  8. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  9. 猫「飼い主、大丈夫か……?」 毎日の“お風呂の見守り”を欠かさない3匹の猫ちゃんたちがかわいい
  10. 天才科学者2人が最強最高のロボを作成するが…… 高性能過ぎて2人の秘密がバラされちゃう漫画に頬が緩む