ニュース
» 2021年02月19日 18時00分 公開

このポケモンたちが……食べられる!? キャラスイーツを作るYouTuber「WHIP SUGAR」のポケモン愛がステキ10年以上子ども向けアニメを見続けている取材(1/2 ページ)

夫婦で活動しているYouTuber。一家全員ポケモンファンだとか。

[ねとらぼ]

食べるのがもったいないかわいさ(WHIP SUGARさんのお菓子作品)


いや、食べちゃいたいくらい、かわいいかも……

 「あの作品はいいぞ」と語られるアニメは数あれど、意外と注目されないのが子ども向けアニメ。どれだけメジャーな作品でも、ほとんどの人たちが成長過程で“卒業”してしまうからかもしれません。そこで本記事は「10年以上、子ども向けアニメを見続けている人」に作品の魅力などを伺う読者募集企画。

 今回は、ポケモンをはじめとしたキャラクターモチーフのお菓子作りで人気を集める「WHIP SUGAR」さん(ホイップシュガー/@YuicihiroG)。夫婦で活動しているYouTuber(お話を伺ったのは旦那さん)なのですが、家族全員がポケモンファンなのだとか。

10代で見始めたアニメを、今は親子で

 最初にゲーム版の「赤」を買って、『コロコロコミック』限定だった「青」もゲット。以降の続編も必ず発売日に買っているくらい、ポケットモンスターが大好きです(今でも)。

 アニメ版は10代のころに放送されたシリーズ第1弾の第1話(ポケモン!きみにきめた!/1997年4月1日放送)から見続けています。ゲームで体験した世界がアニメの冒険になり、毎週ワクワクドキドキしていました。

このころから見続けているとのこと

―― その後も変わらずに見続けていたんですか?

 はい。小説などよりマンガやゲーム、アニメが好きな子どもで、20歳を過ぎても大好きなままでした。そのあたりは何も変わっていないのかもしれません。

 妻も昔からポケモンのアニメを見ていたのですが、私の“熱”に刺激されて、ポケモンに触れる機会が多くなったそうです。

―― 大人になっても、結婚してもポケモンを見ることは変わらなかった、と。

 ですが、親になって子どもと一緒に見るポケモンの楽しさは、また違いましたね。

 子どもの“好き”って、すっごくよく分かるんですよ。適当に見ているだけのとき、目をキラキラさせて騒ぎながら興奮しているとき、バトルシーンに夢中になって一切しゃべらないとき……そういった子どもたちの様子を見ているのも面白いです(笑)。

 それから、好きなポケモンの話を聞いたり、「一緒に生活するならどんなポケモンがいい?」なんて話をしたり。今は子どもたちの“好き”を感じることも楽しみの1つになっています。

 今はポケモンの放送時間になると、家族みんなでテレビの前に集まり、くっついて見ています。

YouTuberとして活動し始めたら、ファンも「ほとんどポケモンファン」

 また最近は、ポケモンなどのお菓子を作る妻と、撮影・動画編集などを行う私の2人で「WHIP SUGAR」というYouTuberとして活動していて、それも楽しみになっていますね。

 妻は甘いものが好きなのですが、私がそれ以上に甘党で……(笑)。バレンタインやクリスマスになるとそんな私に、キャラクターをモチーフにしたお菓子作品を作ってくれていたのですが、あるとき、娘の誕生日に作った作品がTwitterでバズって。それから、YouTubeにも動画を投稿するようになりました。

 お菓子は“好き”をベースに作っているのですが、家族全員ポケモンファンなので、圧倒的にポケモン作品が多いです。動画を見てくださっている方も、ほとんどポケモンファンですね。

さまざまなキャラクターのお菓子を作っているのですが……
多いのはポケモン
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響