ニュース
» 2021年02月06日 20時00分 公開

推しから供給があるほど強くなる! アイドル沼に突き落とされた男の漫画が共感を呼ぶ(1/4 ページ)

恋人の付き添いで行ったライブがきっかけで大ハマリ。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 恋人に“沼”へ突き落とされて、男性アイドルの魅力にどっぷり。推しの言動1つに一喜一憂するまでになった男性を描く漫画、「推しのいる暮らし」がアイドルファンから広く共感を得ています。


アイキャッチ1 沼に突き落としてくれた恋人とともにガチで応援

 「たっちゃん」こと秋吉竜也は31歳の高校数学教師。6歳年下の恋人「えっちゃん(小南えみり)」に誘われて、インディーズの男性アイドルグループ「ravishing STRIKE」――通称「ラビスト」にドハマりしています。


アイキャッチ2

 そんな彼の推しは、クールで寡黙、メンバー唯一の塩対応だというDAIKI(ダイキ)くん。SNSでの発言はほとんど告知のみ、握手会でも会話が弾まず、推しのことをもっと深く知りたいたっちゃんをいつもやきもきさせています。


アイキャッチ3

 握手会でもっと発信してほしいと頼めば? とえっちゃんに言われても、遠慮して諦めてしまうたっちゃん。そんなある日、せめて「今日も最高だった」と伝えようと、ライブ後の握手会に臨みます。


アイキャッチ4

 「最近スーツじゃないですね」「お仕事早めに終わるんですか……?」――意外にも、先に声をかけたのはダイキくんでした。まさか覚えてもらえていたとは思いもよらず、混乱したたっちゃんの手は汗でベトベト。それでも声を振り絞って「ダイキくんがツイートしてくれたらもっと仕事がんばれますっ」と、ようやく願いを伝えます。

 ダイキくんも顔には出してはいませんが、とてもうれしかったようで、その夜にはファンへ感謝のツイートを投稿。放心していたたっちゃんの心をうるおし、彼の暮らしを充実させるのでした。ラストの「供給の数だけ強くなる男たっちゃん」は至言。

 「推しがいるってすばらしい」「身に覚えがありすぎる」「登場人物がみんなかわいい」などと好評のこの漫画は、桐炭保ゆとり(@y_kiritanpo)さんが手がけるシリーズ。ダイキがライブを病欠してしまう続編や、たっちゃんが沼にはまったきっかけを描く前日譚など、ラビストにまつわるさまざまな人間模様が展開されています。


作品提供:桐炭保ゆとり(@y_kiritanpo)さん


       1|2|3|4 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響