ニュース
» 2021年02月06日 11時45分 公開

【実物レビュー】mini3月号のふろくは「ミッキーマウス オトナの優秀ミニ財布」 小さめバッグに収まるキュートで実用的な財布です

キャッシュレス派にぴったりのサイズ感。

[ちゃすこ,ねとらぼ]

 雑誌「mini(ミニ)」3月号(1190円、税込)の特別ふろくは、「SHIPS any特製ミッキーマウス オトナの優秀ミニ財布」。流行が続くミニバッグにもすっぽり収まる手のひらサイズのかわいいお財布を、実際に使用してレビューします!

mini 付録レビュー 3月号の表紙はSixTONESの松村北斗さん

 シンプルでボーイッシュなストリートファッションを提案する、宝島社の女性ファッション誌「mini」。発売中の2021年3月号では、「あざと可愛く恋に勝つ」をテーマに、バレンタインデーやホワイトデーに向けて挑戦したいデートスタイルやメイクがたくさん掲載されています。

 ふろくは、2020年1月のデビューから1周年を迎えたブランド「SHIPS any(シップス エニィ)」が手掛けた、三つ折りタイプのミニ財布。落ち着いたダークグレーのレザー調素材に、レトロなミッキーフェイスを総柄でデザインした、大人な印象のアイテムです。

mini 付録レビュー 3キャラクターグッズながら年代を問わずに手に取りやすいデザインがうれしい。グレー地にミッキーの赤い蝶ネクタイよく映えます

 軽く、手のひらに収まるほどのコンパクトサイズながら、1万円札も余裕をもって入れられる札入れ、大きく開く二層式の小銭入れ、カードポケット3つと、財布としての必要最低限の機能はしっかりそろっています。

 かわいいミッキーマウスのイラストの他に特に魅力を感じたのが、小銭入れのファスナー部分。引手のつまみが大きくて持ちやすく、金具の滑りもなめらかで、開閉時のストレスを感じません。

 また、札入れにお札を折らずに入れられる点も高ポイント。普及が進むセルフレジや自動精算機では折り筋のついたお札は弾かれてしまいがちですが、この財布を使っていればスムーズにお会計ができそうです。

mini 付録レビュー 小銭入れはジャバラ式でガバッと開き、奥のコインが見分けやすい

 少し残念だったのは、内側のカードポケットのサイズです。キャッシュカードを1枚入れただけでもギチギチな大きさで、頻繁に出し入れするカードを入れるのには不向きと感じました。使い込むうちに少しずつなじみ、広がることに期待したいと思います。

mini 付録レビュー 札入れはゆったりとしたつくり。2枚分のカードポケットは小さめで、重ねて入れると破れてしまいそう

 3枚以上カードを持ち歩きたい方や、キャッシュレス決済が中心で小銭をあまり使わない方は、小銭入れの片側にカードを入れるのがおすすめ。こちらは大きさにかなり余裕があり、厚手のカードを5枚以上入れても問題なく開け閉めできました。

mini 付録レビュー キャッシュレス派は大容量カードケースとして使っても◎
mini 付録レビュー フロントポケットには頻繁にチャージするICカードや買い物メモなどを入れると便利

 財布全体の歪みや縫製に多少気になる部分はあるものの、雑誌のふろくと考えればクオリティは十分。ツヤのある素材、ブランドロゴの織りネーム、かわいいミッキーのイラストで高見えするミニ財布は、小さなバッグでのおでかけ時に大活躍してくれそうです。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「竜とそばかすの姫」レビュー 危険すぎるメッセージと脚本の致命的な欠陥
  2. 笠井アナ、日比谷公園で「信じられないことが…」 サンドイッチを狙う集団に「何? えーっ! まさか、それはないでしょ!」
  3. 62歳の宮崎美子、マクドナルドCMで初々しい中学生少女を見事に演じる 「暖かい目でぜひ見てください」
  4. 瀕死のスズメのヒナを助けたのに…… 「助けたヒナたちに完全にナメられた」動画がほほえましくて面白い
  5. ハート打ち抜かれました! コロンビアのアーチェリー女子選手が「かわいい」「エルフ」と注目の的に
  6. 散歩中のラブラドール、助けを求める子猫を発見→保護 親子のような仲むつまじいふたりに涙が出る
  7. 宮迫博之、美容整形から2週間のビフォーアフター公開 手術直後の腫れ&炎症だらけな顔に「暴漢に遭ったんかって」
  8. 上野樹里、“娘”の誕生日に愛情たっぷり手作りオムライス公開 「がんばろうね ママより」と祝福メッセージ
  9. 出勤時、妻にいつになく強く抱きしめられた夫→妻が家に帰ってくると…… 何気ない日常を描いた漫画にツッコミつつもジーンとする
  10. 「本人にしか見えない」「めっちゃ似てる」 霜降り明星せいや、オリンピック開会式に“ガチのそっくりさん”を発見する