ニュース
» 2021年02月06日 18時43分 公開

インフルエンサーの化粧品PR投稿、加工フィルターで誇張はダメ 英広告当局(1/2 ページ)

美容商品の広告において、効果を誇張する可能性が高い場合はフィルターを使わないようにと英国広告基準局(ASA)がメーカーとインフルエンサーに言い渡しています。

[ねとらぼ]

 InstagramのPR投稿において、化粧品の効果を誇張するフィルターを使用してはいけないとする裁定を英国広告基準局(ASA)が下しました。

ASAの裁定

 問題とされたのは、インフルエンサーが投稿した、肌を日焼けした色にする化粧品を紹介するためのInstagramストーリー。Instagramのフィルターによって商品の効果が誇張されており、誤解を招くとの申し立てが2種の化粧品に対してASAに寄せられました。

 いずれのケースも、メーカーとインフルエンサーは、フィルターによって誤解させる意図はなかったと説明。同局は、当該の広告は誤解を招く誇張があり、広告慣行委員会の規則に反するとの結論を下しました。美容商品の広告において、効果を誇張する可能性が高い場合はフィルターを使わないように言い渡しています。

申し立てを起こされた商品の1つ、SKINNY TAN

 「広告でフィルターを使うこと自体に問題があるわけではないが、広告主は誇張したり、消費者に誤解させたりすることのないよう配慮する必要がある」(同局)

 なお同局はこの裁定とあわせて、化粧品の広告における加工に関するガイドラインを公開。ソーシャルメディアのフィルターについて、商品やサービスの効果を誤解させる可能性の高いフィルターを利用しないようにと規定しています。

 この裁定の背景には、SNSのフィルターで外見を加工するのをやめようと呼びかけるキャンペーンがありました。モデルのSasha Pallariさんが、「#FILTERDROP(フィルターをやめよう)」というハッシュタグで展開していたもの。Pallariさんは特に、利益を得るためにフィルターをかけたコンテンツを使うべきではないと、広告写真でのフィルター利用に苦言を呈していました。

 PallariさんはASAにフィルターの危険性を訴え、より厳しいガイドラインを求めていたといい、ASAの裁定を受けて、自身のInstagramにこのようにコメントしています。「これからは誰かがスキンケアや美容商品を宣伝するときに、本当の肌や本当の鼻の形、さまざまな大きさの唇、本当の商品の色を見られる可能性が高くなります。フィルターなしでは実現できない広告と、自分を比べる人は減るでしょう。やりました。誇らしく思います」

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響