ニュース
» 2021年02月10日 19時00分 公開

「東京で雪? んで、何十センチ積もったって?」 北海道民が描く「道民のマウント」漫画に共感(1/2 ページ)

「積雪」とか「寒い」とかの基準が違いすぎる。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 東京では多少の降雪もニュースになりますが、北国の人からすれば奇妙に映るはず。そんな“あるある”を、北海道稚内市在住の「最北オタクの高木さん(@takagi5600/「高」は本来はしご高)」が自嘲的に漫画化して共感を呼んでいます。



厄介道民1 全ての北国の人がそうではないけれど、そこそこよくあるマウンティング

 作者がTwitterで展開している「しろまる最北日記」シリーズの主人公「白丸あすか」を、「厄介(やっかい)道民」として描く1コマ漫画。例えば、「東京で雪? そうかそうかー、んで、何十センチ積もったって?」といった調子です。東京の雪なんて「何が大変なの?」って感じでしょうしね。


厄介道民2

厄介道民3

 ほかにも、「運転してたら野生動物が飛び出してきた? 狐? 鹿? あ、もしかして熊?」「寒い? ……マイナス15度とか?」などと、雄大で過酷な自然を背景にしたネタが続々。暑い寒いの基準がよそと違いすぎる。


厄介道民4

 最後は、近所にイオンくらいしかないという人に、「ちなみにうちは最寄りのイオンまで170キロある」と返すネタ。田舎の度合いでまでマウント取らなくたっていいじゃないか……。

 漫画には「この娘とは仲良くなれそう」「雪のマウント取りはマジでやらかしやすい」など、北国の人からの共感が多数。「関東のささいな雪で大騒ぎするニュースが全国放送されると、素直に漫画のような感想を持つ」と、地域間の感覚の乖離(かいり)を示唆するコメントも寄せられています。

作品提供:最北オタクの高木さん(@takagi5600


       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響