ニュース
» 2021年02月15日 08時15分 公開

「ふぁあああ」 ランニング後の“ひとっ風呂”を描く、女子大生×銭湯漫画『ふろラン』第1巻が発売に(1/2 ページ)

銭湯×女子大生×ランニング。

[たちこぎライダー,ねとらぼ]

 ランニングをしたあと、ひとっ風呂を浴びる女子大生2人を描いたマンガ『ふろラン』。「ハルタ」で連載中のこの作品の単行本1巻が、2月15日に発売されました。作者は石田裕揮(@gagaimo_man)さん。ここでは第1話をまるっと特別掲載します。


ふろラン 思いっきり走ったあとのお風呂タイム


 女子大生の古川が、銭湯に入ろうとしたところ友だちのゆいに「走るよ」と誘われるところからこの物語はスタートします。「私についてきたら気持ちいいことが待っているよ」というゆいの言葉に引かれて、古川も走り出します。


ふろラン 「古川」(右)はついていくので精一杯

 しかし、ゆいはランニング上級者らしく、古川はついていくのに精いっぱい。それでもなんとか完走し、銭湯の前まで戻ってきます。「今日のお風呂はいつもと違うと思うよ」と言うゆいにいざなわれるように、中に入っていきます。

 身体を洗っていざ湯舟に入ると古川は「ふぁあああ」と思わず声を出してしまいます。「疲れがふっとんだ」と古川。ゆいも、これまではいつもひとりで走ってきたから、「古川と走れて楽しかった」と告げます。お風呂での裸の付き合いには、本音を言ってしまう力があるのかも知れません。


ふろラン 「聖地巡礼」したくなるお風呂

 そんなラン&風呂の日々を描いた『ふろラン』。1巻に登場する銭湯や温泉はいずれも実在する施設がモデルとなっており、風情ある大浴場の様子が、緻密に描かれています。

 単行本第1巻では、ランニング初心者で、当初はついていくだけで必死だった古川も、少しずつ成長していくさまを見せます。一方、ランニングではガチ勢で、しっかり者タイプのゆいが、実は学校ではいわゆる「コミュ障」で、コーヒー店に入ることさえ躊躇してしまうという意外な一面もかいま見えます。

 ランニング×風呂という新境地を切り開いた『ふろラン』。性格も得意なこともまったく違うゆいと古川が、お互いに知らなかった一面を少しずつ知り、友情を育んでいく様子に、青春していたころを思い出す人も多いのではないでしょうか。

 今回はこの『ふろラン』単行本1巻の発売を記念し、第1話をそのまま掲載いたします。



       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響