ニュース
» 2021年02月10日 19時49分 公開

「ヘブンズ・ドアーッ、我が子を本にしろッ!」 手作りお面で“岸辺露伴ごっこ”を楽しむ親子に「再現度高い」「マネしたい」(1/2 ページ)

「これより先は読んではいけない」って書いてある……。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 ドラマ版「岸辺露伴は動かない」を見て以来、露伴ごっこがはやっている家族がほほえましいと話題です。ノートを切って「ヘブンズ・ドアーお面ーッ」!


ヘブンズ・ドアー ヘブンズ・ドアーお面で娘さんを本に。チャームポイントや苦手なものなどが書き込まれていてかわいい

ヘブンズ・ドアー 息子さんの本には、「これより先は読んではいけない」と警告が!

 岸辺露伴の「ヘブンズ・ドアー」は、人の顔を本人の記憶が詰まった本に変える能力。相手の秘密を読み取ったり、命令や法則を書き込んで操ったりできる、万能な力です。投稿主の枕井仗二(@Dad_McFly)さんは、ノートを子どもの顔に合わせて切り抜き、「攻撃を受けているッ!」状態をお面で再現しました。

 本の中身は本人が記入。娘さんが「じぶんのかおですきなところはほっぺ」などと、チャームポイントをかわいらしく書いている一方で、息子さんの本には「ここから先は読んではいけない」と警告が書き込まれていて、急にシリアスです。川尻早人かな?

 ツイートは「再現度高い」「マネしてみたい」「こんな家庭を作りたい」「バイツァ・ダスト発動しそうで草」と好評。枕井さんはほかにも『ジョジョ』第3部のディオを模して1メートルの腕を作り、「半径1メートルの我が世界には何人たりとも入門させぬ!」と言って遊びながら、子どもにソーシャルディスタンスの感覚を教えているそうです。


画像提供:枕井仗二(@Dad_McFly)さん
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響