ニュース
» 2021年02月11日 12時00分 公開

死ぬことのできない男が“みんな”と共に故郷へ帰る 美しくも切ない漫画に感動の声(1/2 ページ)

みんな、ずっと一緒だったんだね……。

[十津川あきら,ねとらぼ]

 死ぬことのできない男が、さまざまな人たちと出会い、別れを経験しながら故郷へ向かう――。そんな漫画がTwitterに投稿され、切なくも美しい物語に胸を打たれます。


NEUROVENTURE

 あるところに、脳を防腐加工され、身体が腐っても生き残れるように改造された男がいました。男の名はクレイ。死体のパーツを自分の身体に継ぎ接ぎしながら生きてきましたが、そんな生活に限界を感じつつありました。そんなときに彼が出会ったのは、輝くような瞳が美しい少女・リブ。彼女はクレイに対して、死んだ相手の名前を覚えて「いろんな場所に連れていってあげて。それが彼らへの恩返しだから」と語ります。


NEUROVENTURE

NEUROVENTURE

NEUROVENTURE

 場面は変わり、あてのない旅に出たクレイは、おてんば娘のダリアや、引きこもりの青年・ディラノと出会います。彼女らとの出会いを通して、クレイは「故郷に帰る」のを目的に、旅を続けることにしました。


NEUROVENTURE

NEUROVENTURE

NEUROVENTURE

NEUROVENTURE

 長い旅を経て、クレイがある場所にたどり着いたとき、この星は「終わり」を迎えようとしていました。隕石が降り注ぐ中、見知らぬ老人と出会ったクレイは「この景色を見るために生きてきたんじゃないかと思うよ」とつぶやきます。そして老人に「きれいな目をしているな」と言われると、「…だろ?」と応じました。


NEUROVENTURE

NEUROVENTURE

NEUROVENTURE

NEUROVENTURE

NEUROVENTURE

 クレイは、ひび割れた大地に向けて「海辺に住んでたはずだったんだけどな、ただいま」と呼びかけます。「皆、覚えて帰ってきたよ」と言って、彼は自分の身体を見つめました。

 自らのほっそりとした腕を眺めて「ダリア、とんだおてんば娘だった。この傷、俺が作ったんじゃないぜ」と言い、たくましい足を踏みしめて「ディラノ、引きこもりだったのに立派な男になりやがって。この足には助けられたよ」と感謝します。そして目の前の光景を見て、「リブ、キラキラした目で俺を見つけた。見えるだろ、この景色。ありがとう、旅に出て良かったよ」と語り掛けます。そう言う彼の瞳は、キラキラと輝いていました。亡くなった仲間たちの身体をもらって、彼らの思いと共に旅を続けたクレイは、ついに故郷へとたどり着いたのでした。

 この漫画にネット上では、「言葉に言い尽くせない美しさがある…」「出会いと別れ、そして継承のお話だろうか。確かにきれいだ」といった声が寄せられました。

 この漫画「Neuroventure」を公開したのは、TwitterユーザーのNoniさん(@fullmoon_Noni)。こちらはまじかるさん(@turumazi)とのネーム交換漫画で、Noniさんは作画担当でした。ちなみに、このときNoniさんがネーム提供した漫画は「ブリッジ・カフェ」で、こちらはまじかるさんが作画を担当しています。

画像提供:Noniさん(@fullmoon_Noni)


       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「竜とそばかすの姫」レビュー 危険すぎるメッセージと脚本の致命的な欠陥
  2. 笠井アナ、日比谷公園で「信じられないことが…」 サンドイッチを狙う集団に「何? えーっ! まさか、それはないでしょ!」
  3. 62歳の宮崎美子、マクドナルドCMで初々しい中学生少女を見事に演じる 「暖かい目でぜひ見てください」
  4. 瀕死のスズメのヒナを助けたのに…… 「助けたヒナたちに完全にナメられた」動画がほほえましくて面白い
  5. ハート打ち抜かれました! コロンビアのアーチェリー女子選手が「かわいい」「エルフ」と注目の的に
  6. 散歩中のラブラドール、助けを求める子猫を発見→保護 親子のような仲むつまじいふたりに涙が出る
  7. 宮迫博之、美容整形から2週間のビフォーアフター公開 手術直後の腫れ&炎症だらけな顔に「暴漢に遭ったんかって」
  8. 上野樹里、“娘”の誕生日に愛情たっぷり手作りオムライス公開 「がんばろうね ママより」と祝福メッセージ
  9. 出勤時、妻にいつになく強く抱きしめられた夫→妻が家に帰ってくると…… 何気ない日常を描いた漫画にツッコミつつもジーンとする
  10. 「本人にしか見えない」「めっちゃ似てる」 霜降り明星せいや、オリンピック開会式に“ガチのそっくりさん”を発見する